ジュニア・キッズ用マウンテンバイク(MTB)の特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

ジュニア・キッズ用マウンテンバイク(MTB)

小柄なキッズ・ジュニアでもオフロード走行を楽しめるように、上級モデルでは大人用バイクに負けないサスペンションフォークや子供の小さい手でも扱えるグリップシフト装備するモデルも有ります。また軽くて頑丈なアルミフレームでMTBデビューのお子様でも大変扱いやすいく設計されています。

ジュニア・キッズ用マウンテンバイク(MTB)の特徴

ジュニア・キッズ用マウンテンバイク(MTB)の特徴

  1. 1ハンドル

    お子様の手でも扱える小さなシフトレバーに設計されており操作性が最適化されています。

  2. 2ハンドル

    スタンドオーバーハイトが低く設計され足つき性能が良好の為お子様でも乗り降りしやすいモデルです。

  3. 3フレーム

    お子様でも漕ぎやすいクランク長で設計されています。またコンパクトなコンポーネントは脚力の強くないお子様でも扱いやすい設計です。

  4. 4タイヤ

    大人用のMTBと同じく幅の広いタイヤは走破性が高いだけではなく安定性が高いので小さなお子様でも安心して乗ることが出来ます。

ジュニア・キッズ用マウンテンバイク(MTB)の更に詳細なカテゴリ

26インチ

26インチ

26インチサイズのジュニア向けMTB。本格オフロードも走行可能な走破性を備える。大人用と同じ26インチMTBだがジュニア向けMTBはフレームがコンパクトに設計され低いスタンドオーバーハイトで足つき性が良く安心して乗れます。

24インチ

24インチ

車輪が24インチサイズのジュニア向けMTB。大人顔負けのフロントサスペンションを装備し高い走破性を誇るモデルも人気。身長の低いお子様でも低いスタンドオーバーハイトで足つき性が良く安心して乗れます。

22インチ

22インチ

車輪が22インチサイズのジュニア向けMTB。大人顔負けのフロントサスペンションを装備し高い走破性を誇るモデルも人気。身長の低いお子様でも低いスタンドオーバーハイトで足つき性が良く安心して乗れます。

20インチ

20インチ

車輪が20インチサイズのジュニア向けMTB。大人顔負けのフロントサスペンションを装備し高い走破性を誇るモデルも人気。身長の低いお子様でも低いスタンドオーバーハイトで足つき性が良く安心して乗れます。

ジュニア・キッズ用マウンテンバイク(MTB)のブランド

mongoose(マングース)

mongoose(マングース)

mongooseは、BMXの元祖ブランド。1970年台初頭のモーターサイクルの映画を自転車で真似るカリフォルニアの子どもたちに頑丈なホイールを作ったことが始まりで、その遊びをBMXと名付け、競技として確立し、いち早く専用フレームを開発しました。その後はMTBの開発・発展、トップライダーの育成にも力を入れてきましたが、初心である"自転車と遊ぶ"という心を忘れないブランドです。

GT(ジーティー)

GT(ジーティー)

GTは、1973年、ゲーリー・ターナーが自分の息子用のBMXバイクを作ったことに端を発するアメリカのブランド。現在はMTBやBMXはもちろん、ロードレーサーやクルーザー、シティサイクルまでラインナップする一大ブランドです。

KONA(コナ)

KONA(コナ)

KONAは、カナダのMTB総合ブランドです。MTBは、ハードコアライダーにも人気の幅広いラインナップを誇ります。シクロクロスやクロスバイク、コミューターバイク、キッズ用のスポーツ自転車などを展開しています。

ジュニア・キッズ用マウンテンバイク(MTB)の特徴・用途

ジュニア・キッズ用マウンテンバイク(MTB)の特徴・用途

20インチ 22インチ 24インチ

※ カテゴリ名をクリックすると詳細ページへジャンプします。

ジュニア・キッズ用マウンテンバイク(MTB)について

ジュニア・キッズ用マウンテンバイク(MTB)の特徴・選び方を詳しく解説。ジュニア・キッズ用マウンテンバイク(MTB)の選び方が分からない、迷ってる方に、ジュニア・キッズ用マウンテンバイク(MTB)のオススメの選び方を紹介します。ジュニア・キッズ用マウンテンバイク(MTB)選びにご参考ください。