20インチのジュニア・キッズ用マウンテンバイク(MTB)の特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

20インチのジュニア・キッズ用マウンテンバイク(MTB)

20インチサイズのジュニア向けMTB。大人顔負けのフロントサスペンションを装備し高い走破性を誇るモデルも人気。身長の低いお子様でも低いスタンドオーバーハイトで足つき性が良く安心して乗れます。

20インチのジュニア・キッズ用マウンテンバイク(MTB)の特徴

20インチのジュニア・キッズ用マウンテンバイク(MTB)の特徴

  1. 1ハンドル

    ハンドルバーは小柄な骨格に合うように幅が狭めのものが採用されます。また、小さい手でも操作しやすいようにブレーキレバーもハンドルバーに近い位置にセッティングできるように配慮されているものもあります。

  2. 2フレーム

    フレームは体格に合わせてコンパクトに設計されます。サドルの高さはもちろん、サドルからハンドルまでの距離、また操作性を考慮してホイールベースなど各部の寸法がバランスよくダウンサイジングされます。

  3. 3クランク・ギヤ

    クランクは足の長さに合わせた短めのものが採用されます。また、ギア比も無理に重いギヤを使って、膝などの関節の故障を防ぐため、軽めのギヤがお勧めです。極小さいサイズでは構造上フロントの変速は省かれます。

  4. 4タイヤ

    20インチサイズのブロックパターンMTBタイヤはオフロードも走行可能な走破性を備える。

スポーツサイクルは体格に合ったサイズを選ぶことが重要です。正確なハンドリングやペダルングが可能となり、技術・体力の向上がスピードアップします。

20インチのジュニア・キッズ用マウンテンバイク(MTB)のブランド

mongoose(マングース)20インチのジュニア・キッズ用マウンテンバイク(MTB)

mongooseは、BMXの元祖ブランド。1970年台初頭のモーターサイクルの映画を自転車で真似るカリフォルニアの子どもたちに頑丈なホイールを作ったことが始まりで、その遊びをBMXと名付け、競技として確立し、いち早く専用フレームを開発しました。その後はMTBの開発・発展、トップライダーの育成にも力を入れてきましたが、初心である"自転車と遊ぶ"という心を忘れないブランドです。ジュニア用MTB(20インチ)は、自転車の乗り方を覚えたお子様達の一番の移動手段として活躍してくれること間違いなしです。体格に合ったパーツを採用し、扱いやすいものになっています。

KONA(コナ)20インチのジュニア・キッズ用マウンテンバイク(MTB)

KONAは、カナダのMTB総合ブランドです。MTBは、ハードコアライダーにも人気の幅広いラインナップを誇ります。シクロクロスやクロスバイク、コミューターバイク、キッズ用のスポーツ自転車などを展開しています。ジュニア用MTB(20インチ)は、本格的なオフロード走行をするためのバイクをラインナップしています。頑丈で、しっかりとした制動性能、足つき性の良い軽量フレームなど、キッズバイクであっても妥協無く設計されています。

CENTURION(センチュリオン)20インチのジュニア・キッズ用マウンテンバイク(MTB)

CENTURIONは、1970年代後半に生まれたドイツに本拠を置くバイクブランドで、MTBからロード、シティサイクルまでをラインナップする総合バイクブランドです。ジュニア用MTB(20インチ)は、同じ車種でフロントサスペンション搭載モデルとリジッドフォーク搭載モデルがあります。身長が110cm前後のお子様が合わせやすいサイズのものを展開しています。

価格帯

価格帯

用途・特徴

  • ヒルクライム
  • 街乗り
  • フィットネス

※価格帯はあくまでも目安です。各モデルの詳細な価格などご不明点は、こちらよりお気軽にお問い合わせください。

20インチのジュニア・キッズ用マウンテンバイク(MTB)について

20インチのジュニア・キッズ用マウンテンバイク(MTB)の特徴・選び方を詳しく解説。20インチのジュニア・キッズ用マウンテンバイク(MTB)の選び方が分からない、迷ってる方に、20インチのジュニア・キッズ用マウンテンバイク(MTB)のオススメの選び方を紹介します。20インチのジュニア・キッズ用マウンテンバイク(MTB)選びにご参考ください。