HOME / 

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 / 

第129回★東京都心、ど真ん中でレースがあります。

投稿者:DJ GALAPA

第129回★東京都心、ど真ん中でレースがあります。

Pocket
LINEで送る

みなさんこんにちは!DJがらぱです。

関西シクロクロスが今シリーズ終了し、いよいよ冬の競技からロードシーズンへと新たな年が明けます。

ということで、現在私は東京に来ています。

東京都心ど真ん中。
神宮外苑クリテリウムのためです。

今年で4回目。

レースの主体は学連、大学生の全日本学生自転車競技連盟が主催です。
第1回は、この学連の創立70周年記念行事、ということで開催されましたが、いろいろな方の努力と支援があって、回を重ねています。

競技をやるための方法、というのはいろいろありますが、学生の場合は、高校生ならばクラブを通じて高体連に、大学生ならば学連に、それぞれのレースに出られるように登録をしてレースに参加することになります。
なかなか機材をそろえたり、指導者が不足していたり、ロードの場合、一般公道に練習に出るということで安全対策の問題もあり、中学で部活で自転車部、というのは難しいようですが(高校でも新しく自転車部を創設するのは今のご時世大変なようです・・・)盛んな高校、大学もたくさんあるので、もし、真剣に競技をやってみたいのであれば、学校を選んで自転車部に所属することでたくさんのレース経験をつむことが出来ます。
特にトラック競技はなかなかそういうところに所属していないと練習もままなりません。

もちろん、各競技場で「愛好会」という名前で練習会などを主催されている団体もありますが、何と言っても高体連や学連に所属すると出られるレースがたくさんある、ということが何よりも挙げられます。

そんな学連のレースのひとつとして行われるこの外苑クリテ。
都心のレースということで注目度も高く、とかく知っている人たちだけで行われがちな自転車レースが普通に散歩に来る感覚で見ていただけるということで、選手たちもかなり気合が入っています。

そんな外苑クリテ。

本当にたくさんの方が毎年応援に来てくださいます。
こうやって市街地で、街中でレースがある、そして楽しんでいただけるということは、自転車レースを愛する、そして発展して欲しいと努力されている方にとってみれば、まさに理想。
京都でも2つの公道レースがありますが、やはりその意義は高いです。
(今年も5月と7月に美山とけいはんな学研都市でレースが予定されていますよ)

そんな外苑クリテがいよいよこの記事を書いている今日からすると明日。
熱いレースと熱い応援が楽しみでワクワクします!

ちなみにレースに出てみたい!という方がたには、今はちょうど選手登録の時期。
実業団のレースなどにチャレンジしてみたい!と言う方や、登録レースに出たいという方がたは、お住まいの都道府県の自転車競技連盟に相談してみてくださいね。
私も(選手登録ではありませんが)ちょうど審判登録の更新だったので、先日更新を済ませました。
何かと、1年の始まりの準備のある2月3月。

しっかり準備して、楽しいシーズンを過ごしてくださいね!

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:DJ GALAPA

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読