HOME / 

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 / 

弱虫ペダルってすごいなぁとあらためて。

投稿者:DJ GALAPA

弱虫ペダルってすごいなぁとあらためて。

Pocket
LINEで送る

みなさんこんにちは!DJがらぱです。
10月もなんだかんだでバッタバタ。
あっという間に一ヶ月がたってしまいました。

急に冬の足音が早まった感じですが、それでもまだまだサイクリングやイベントのベストシーズンが続いています。
そして、ビッグなイベントもたくさん各地で行われています。

毎週末、私の友人たちも、あっちこっち、まさに東奔西走。
こんなに日本でイベントがあるのか!とびっくりするばかりです。

そんな中、いまだ熱い、さらに熱くなっていると感じる「弱虫ペダル」。
自転車をされる方なら多かれ少なかれそのタイトルを耳にすることもあると思います。

今までにも自転車を扱った漫画はありましたが、この人気は空前のものといってもいい、まさにこれがブームというものか、と感じるものですね。

大会のプログラムにこの弱虫ペダルのキャラクターがあることも珍しくなくなり、ジャパンカップでもポスターにはキャラクターが。
作者の渡辺先生もパレードランに参加したり、作者さんの自転車好きも周知されるところになり、シクロクロスでは「弱虫ペダルシクロクロスチーム」というチームがバリバリその力を見せています。

高校の自転車競技部が舞台だったこともあり、各地で自転車競技部の入部希望者は空前の人数をカウントしているところも多いとか。

何がこんなに盛り上がるきっかけになったのかなぁ?と思い返しても、もはやこの漫画が出る前のことが遠い記憶のようです(笑)

何より、このブーム、「楽しいなぁ」と感じさせてくれる何かがあって、大会のプログラムなんかでキャラクターを発見するとにやっとというか、うふっとというか(笑)そんなふうになって、不思議な魅力があるなぁとつくづく思います。

何より、リアルに作者さんが自転車にドはまりしていらっしゃるという露出も大きいのかな?

イベントで総北のジャージで走られている方も見かけないことがないという感じですし、なんだか自転車競技が身近になったという印象と、やってみたいと思わせてくれるワクワク感をくれるというのは功績、なんじゃないのかなぁ~なんて思う今日このごろです。

私事ですが、うちの娘も弱虫ペダルの大ファン。
自転車はとんと乗りませんが、映画やアニメを見て、「これって実際はどうなん?」とか「レースってこんなんなんやー」とか、親しんでくれているのは嬉しいものです♪

そろそろ全国各地でどっぷりシクロクロスシーズン開幕。
件の弱虫ペダルシクロクロスチームの快進撃を身近にお聞きになる方もいらっしゃるかも。

ちなみに私は今、猪苗代に来ていますが、エリート男子1番シードの前田公平選手も弱虫ペダルシクロクロスチーム所属です。

弱虫ペダル結構好きだなぁという方、冬のシーズンのシクロクロスもぜひチェックしてみてくださいね~(^^♪

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:DJ GALAPA

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読