マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス非対応)ホイールの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス非対応)ホイール

オールマウンテン用タイヤは、山の中を楽しく走りたいという方向きのタイヤになります。タイヤもXC用のものより少し太めでブロックも少し高くなっています。少し空気圧を低くするとパンクしにくくなります。チューブレスタイヤと比べると乗り心地や耐パンク性では少し劣りますが、メンテナンスのしやすさやでは圧倒的にチューブタイヤの方が優れています。 マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス非対応)ホイール

マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス非対応)ホイールの詳細なカテゴリ

26インチ

26インチ

基本的な26インチサイズのタイヤの商品になります。

27.5インチ

27.5インチ

近年少しずつ増えてきた、27.5インチサイズのタイヤの商品になります。26インチのものより一回り大きく、29インチのものより操作性が向上しそのどちらも欲しい人にオススメのタイヤになります。

29インチ

29インチ

タイヤの大きさから走行性能のよさが人気の29インチのタイヤの商品になります。

マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス非対応)ホイールのおすすめブランド

HALO(ハロ)

HALO(ハロー)はリムやホイール周辺パーツに特化して、イギリスでのシーンを先導しているブランドです。特にイギリスではここ10年の間にダートジャンプやBSXでのニーズが急激に増加し、HALOはその最前線でライダーのための製品を開発し続け、加えてイギリスでのデザイン、そして非常に高い水準でのパフォーマンスを生み出しています。オールマウンテン用ホイールには、26インチと29インチ用のラインナップがあり、アグレッシブなライディングを支えるHALOの高剛性ホイールがならんでいます。

KORE(コア)

MTBライダーに人気のパーツブランドであるKORE(コア)は、90年代前半の軽量シートポストのOEM生産から始まりました。93年には、正式にKOREブランドを設立し、シートポスト以外にも軽量クイックや、ライトシリーズの軽量ステムを発表しました。多くのライダーから支持され、一躍トップブランドの仲間入りを果たすこととなりました。現在でも、主にMTBシーンの各種パーツをラインナップしています。

MAVIC(マヴィック)

MAVIC(マヴィック/マビック)は高性能なホイール、リムを始めさまざまなバイクシステム、ライダーズエキップメントのハイエンドな製品作りを追求するフランスのメーカーです。1889年にフランスで産声をあげ、百年を超える歴史で、本場の自転車レースと共に活躍するブランドです。確かなテクノロジーで、あらゆる自転車競技のトッププロレーサーをサポートしています。現在では、ホイール、リム、タイヤ、ペダル、ヘルメット、シューズ、アパレル等を展開しています。

マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス非対応)ホイールについて

マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス非対応)ホイールの特徴・選び方を詳しく解説。マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス非対応)ホイールの選び方が分からない、迷ってる方に、マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス非対応)ホイールのオススメの選び方を紹介します。マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス非対応)ホイール選びにご参考ください。