マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス非対応)29インチホイールの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス非対応)29インチホイールの特徴

マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス非対応)29インチホイールの特徴

  1. 1リム

    回転体の外周であるリムは軽量化が求められますが、下りも重視するオールマウンテン用はタフさも必要。XC用より幅は広めです。

  2. 2ハブ

    ディスクブレーキ対応のものが主流です。アクスル(車軸)は、フロント15もしくは20mmスルーアクス(貫通軸)が主流です。

  3. 3スポーク

    耐久性に優れるステンレス製や、軽量なアルミ合金製などがあります。

  4. 4使用可能タイヤ

    HE(米国)規格の29インチタイヤです。

マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス非対応)29インチホイールのブランド

KORE(コア)マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス非対応)29インチホイール

MTBライダーに人気のパーツブランドであるKORE(コア)は、90年代前半の軽量シートポストのOEM生産から始まりました。93年には、正式にKOREブランドを設立し、シートポスト以外にも軽量クイックや、ライトシリーズの軽量ステムを発表しました。多くのライダーから支持され、一躍トップブランドの仲間入りを果たすこととなりました。現在でも、主にMTBシーンの各種パーツをラインナップしています。KORE(コア)はMTBパーツの総合メーカーであり、MTB用のホイールのラインナップもあります。その中でもオールマウンテン用ホイールとして、DUROXがラインナップされています。ハブにはシールドベアリングを採用し、回転性能と耐久性を両立しています。また、全体として軽量に仕上がっており、オールマウンテン用ホイールとして使い倒すことができます。また、フロント・リアともにスルーアクスルに対応しており、ホイールのシャフト部分でのねじれも少なく安定した走行が可能です。また、ホイール径に対して29インチだけでなく、27.5インチや26インチにも対応しているので、ユーザーのバイクの規格に合わせてホイールを選ぶことができます。

マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス非対応)29インチホイールについて

マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス非対応)29インチホイールの特徴・選び方を詳しく解説。マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス非対応)29インチホイールの選び方が分からない、迷ってる方に、マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス非対応)29インチホイールのオススメの選び方を紹介します。マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス非対応)29インチホイール選びにご参考ください。