ロードバイク用フロントディレーラー(ワイヤー用)の特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロードバイク用フロントディレーラー(ワイヤー用)の特徴

ロードバイク用フロントディレーラー(ワイヤー用)の特徴

  1. 1変速段数

    フロントダブル(2段)とトリプル(3段)で適合するモデルが異なります。

  2. 2取付

    シートチューブをバンドでクランプするタイプと、専用台座に取り付ける直付けタイプがあります。まれにバンドタイプをアダプターで対応する場合もあります。

  3. 3適合

    基本的にメーカーの混在は不可、同一メーカー内のシリーズ間も十分に互換性の確認が必要です。

ロードバイク用フロントディレーラー(ワイヤー用)のブランド

Campagnolo Centaur(カンパニョーロケンタウル)ロードバイク用フロントディレーラー(ワイヤー用)

Campagnolo(カンパニョーロ)は、トゥーリョ・カンパニョーロが創業したイタリアの高級自転車部品メーカー。ロードバイクなど多くのスポーツバイクで車輪の固定方法として採用されているクイックリリースの発明や、数々のレースでの勝利など、Campagnolo(カンパニョーロ)抜きでスポーツバイクの歴史は語れません。Centaurはカンパニョーロのコンポーネントの中級グレードに位置し、リア10速のグループセットの品質を最も高い性能で発揮します。一般ロードレーサーから多くの支持を得ているクラスで、レースシーンで活躍しています。フロントディレイラーはM−ブレースデザインのディレイラーボディとZ−シェイプのインナーアームを持ち、かつてない剛性と変速の正確さ、スピードを実現しました。

SHIMANO TIAGRA(シマノ ティアグラ)ロードバイク用フロントディレーラー(ワイヤー用)

ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップコンポーネントブランドであるShimano(シマノ)。ロード用コンポーネントのエントリーグレードに位置するTIAGRA(ティアグラ)は、レース用コンポーネントで培われたテクノロジーをファンライダーにも手の届く価格帯に設定することで、ロードバイクをシティライドやサイクリングに使用するエントリーライダーから、週末のロングライドやホビーレースにチャレンジするスポーティーライダーにまで人気のコンポーネントです。TIAGRA(ティアグラ)のフロントディレーラーについては、ダブル用と、トリプル用のラインナップがあります。また、取り付けタイプがバンドタイプと直付があり、バンドタイプには取り付けバンドのサイズがあるので、お選び頂く際はシートチューブ径にあったものをお選び頂く必要があります。

SHIMANO ULTEGRA(シマノ アルテグラ)ロードバイク用フロントディレーラー(ワイヤー用)

ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップコンポーネントブランドであるShimano(シマノ)。最高級コンポーネントであるDURA-ACEのテクノロジーを継承し、DURA-ACEに迫る高い性能をバランスの取れた価格でラインナップすることで、ロードレースにチャレンジする多くのライダーを魅了するモデルがULTEGRA(アルテグラ)です。ULTEGRA(アルテグラ)のフロントディレーラーには、取り付けタイプがバンドタイプと直付があり、バンドタイプには取り付けバンドのサイズがあるので、お選び頂く際はシートチューブ径にあったものをお選び頂く必要があります。

ロードバイク用フロントディレーラー(ワイヤー用)について

ロードバイク用フロントディレーラー(ワイヤー用)の特徴・選び方を詳しく解説。ロードバイク用フロントディレーラー(ワイヤー用)の選び方が分からない、迷ってる方に、ロードバイク用フロントディレーラー(ワイヤー用)のオススメの選び方を紹介します。ロードバイク用フロントディレーラー(ワイヤー用)選びにご参考ください。