マウンテンバイク(MTB)用リアディレーラーの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マウンテンバイク(MTB)用リアディレーラー

リアディレーラーは、短ケージ(SS)・中ケージ(GS)・長ケージ(SGS)などの種類があります。使うスプロケットの歯数に応じたリアディレーラーを選択することになります。MTBでは基本的には中ケージ・長ケージのものを仕様します。 ケージが長いもの程、スプロケットの歯数が多いものに対応したモデルとなっています。ご購入の際には必ず仕様出来るかどうかをご確認の上お求め下さい。 マウンテンバイク(MTB)用リアディレーラー

マウンテンバイク(MTB)用リアディレーラーの詳細なカテゴリ

本体

本体

リアディレーラー本体は同じメーカーのものでも少しずつ仕様が違います。動作に対応したものをお選び下さい。

周辺部品

周辺部品

プーリーやディレーラーハンガーに関する商品です。

マウンテンバイク(MTB)用リアディレーラーのおすすめブランド

SHIMANO DEORE(シマノ ディオーレ)

ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップコンポーネントブランドであるShimano(シマノ)。本格MTB(マウンテンバイク)用コンポーネントのエントリーグレードに位置するDEORE(デオーレ)は、ホビーレースはもちろん、街乗りやファンライドまで、お求め易い価格設定と安心の性能で、幅広いレベルのライダーのステップアップを支えるべく、上位コンポーネントから継承された最先端のテクノロジーを盛り込んでいます。DEORE(デオーレ)のリアディレーラーは、シャドーRDとシャドーRD+をラインナップし、GS・SGSのプーリーケージ展開があります。多様なスプロケットに対応します。

SHIMANO XTR(シマノXTR)

ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップコンポーネントブランドであるShimano(シマノ)。MTB(マウンテンバイク)用コンポーネントの最高峰に位置するXTRは、ワールドクラスのクロスカントリーレースや本格トレイルライドをメインにあらゆるライダーのニーズに応えるべく最先端のテクノロジーを余すところ無く盛り込んでいます。XTRのリアディレーラーは、高い剛性と最適化された形状で素早く確実なリアギヤチェンジを支えます。シャドーRDとシャドーRD+をラインナップし、キャパシティー(歯数差)に応じてGS・SGSのプーリーケージ展開があります。薄型デザインで転倒時の損傷リスクを軽減し、正確でスムーズなシフティングを実現します。

SHIMANO ZEE(シマノ ジー)

ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップコンポーネントブランドであるShimano(シマノ)。ZEE(ジー)は、MTB(マウンテンバイク)のフリーライド用コンポーネントです。パワフルで、コントロール性の高いディスクブレーキ、激しいライディングを支える強度と耐久性が特徴的で、ダウンヒルにおいても信頼できるコンポーネントです。ZEE(ジー)のリアディレーラーは、SAINTのリアディレーラーと同じようなタイプで、タフな走行においても安定した変速を実現します。

マウンテンバイク(MTB)用リアディレーラーについて

マウンテンバイク(MTB)用リアディレーラーの特徴・選び方を詳しく解説。マウンテンバイク(MTB)用リアディレーラーの選び方が分からない、迷ってる方に、マウンテンバイク(MTB)用リアディレーラーのオススメの選び方を紹介します。マウンテンバイク(MTB)用リアディレーラー選びにご参考ください。