マウンテンバイク(MTB)用ボトムブラケットBBの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マウンテンバイク(MTB)用ボトムブラケットBB

BB(ボトムブラケット)は自転車の下の部分にあり、ペダルをスムーズに回すためには無くてはならないパーツで軽快な回転と耐久性を求められています。 ボトムブラケットを入れるためのフレームのカップがあります。様々な規格のものがありますのでそれに対応したものをお選び下さい。 マウンテンバイク(MTB)用ボトムブラケットBB

マウンテンバイク(MTB)用ボトムブラケットBBの詳細なカテゴリ

本体

本体

現在ではフレームのBBの規格の種類が非常に多いため、使用するチェーンホイールとの互換性だけでなく、使用するフレームのBBの規格を確認して互換性があるものを選ぶ必要があります。

周辺部品

周辺部品

BBに関するベアリングやワッシャーなどに関する商品です。

マウンテンバイク(MTB)用ボトムブラケットBBのおすすめブランド

RACE FACE(レースフェイス)

カナダ・バンクーバー生まれのRACE FACE(レースフェイス)は、MTB向けコンポーネントやプロテクターなどを20年以上展開しているブランドです。世界40カ国以上で商品を展開し、多くのプロライダーをサポートしています。アグレッシブなフリーライドで高い信頼性を誇っています。ボトムブラケットは、レースフェイスのクランクに適合するものを展開しています。一部、シマノやFSAに対応するものもあり、耐久性の高さが特徴的です。

TANGE(タンゲ)

TANGE(タンゲ)はヘッドパーツメーカーとして高い評価を得ています。元々クロモリのフレームやフォークを製造していましたが、TECHINOGLIDE(テクノグライド)というラインは、他の追随を許さずヘッドパーツメーカーとして確固たる地位を築きました。

TNI(ティーエヌアイ)

元々トライアスロン競技から始まり、現在ではロードバイク用パーツも展開するTNI(ティエヌアイ)。自転車フレームからパーツまで、競技向けのものからお求めやすい価格帯のものまで展開しています。カーボンパーツやベアリング類にも力を入れており、雑誌等のインプレッション記事でも好評を得ています。MTB用ボトムブラケットは、セラミックベアリングを使用した高品質のものも展開しています。フレーム形状やクランクシャフトの規格に応じたものをお選びください。

マウンテンバイク(MTB)用ボトムブラケットBBについて

マウンテンバイク(MTB)用ボトムブラケットBBの特徴・選び方を詳しく解説。マウンテンバイク(MTB)用ボトムブラケットBBの選び方が分からない、迷ってる方に、マウンテンバイク(MTB)用ボトムブラケットBBのオススメの選び方を紹介します。マウンテンバイク(MTB)用ボトムブラケットBB選びにご参考ください。