マウンテンバイク(MTB)用ボトムブラケットBB本体の特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マウンテンバイク(MTB)用ボトムブラケットBB本体の特徴

マウンテンバイク(MTB)用ボトムブラケットBB本体の特徴

  1. 1素材

    ベアリングは強度の高いスチール製が主流です。高級モデルにはセラミックボールを使用し更に軽い回転を実現したモデルもあります。

  2. 2フレーム側の適合

    近年の高剛性化によりフレーム側の規格も多様化してきています。従来のJISやイタリアンといったネジ切りの他に、様々な圧入タイプのBB規格があるので十分に確認が必要です。

  3. 3クランク側の適合

    クランクメーカーにより軸側の適合も多様化してきています。トラディショナルなテーパースクエアの他、「クランク-軸 一体タイプ」でも多様なサイズがあるので十分に確認が必要です。

マウンテンバイク(MTB)用ボトムブラケットBB本体のブランド

KCNC(ケーシーエヌシー)マウンテンバイク(MTB)用ボトムブラケットBB本体

KCNC(ケーシーエヌシー)は、金属加工技術の限界を追求し、世界最高水準のCNC技術を誇る1996年誕生の軽量パーツブランド。スプロケットやプーリーなどのレーシングパーツから、ボトルケージボルトなどの小物まで、あなたのバイクをレベルアップさせる高品質なプロダクトを提案しています。マウンテンバイク用のボトムブラケットは、KCNCのクランク専用のものや、シマノのホローテック兇紡弍するもの、プレスフィットやBB30に対応するものなどがあります。セラミックベアリングを使用した高級モデルもあります。

FSA(エフエスエー)マウンテンバイク(MTB)用ボトムブラケットBB本体

FSA(エフエスエー)は、スピードの為に生まれた、新鋭ブランドです。数多くのプロチームをサポートし、実戦から得られるフィードバックを基にさらなる進化を遂げています。プロライダーの評価を得たクランク、革新的なインテグラルハンドル等のハイエンドモデルから、最新のトレンドを盛り込んだエントリーモデルまで充実のラインナップ。FSA(エフエスエー)では、一般的なベアリングを用いたBBだけでなく、セラミックベアリングを用いて回転性能を高めたBBもラインナップしています。また、FSA(エフエスエー)ではさまざまなBB規格に対応したクランク・BBをラインナップしているため、圧入BB規格を採用しているほとんどのフレームに使用することができます。また、FSA(エフエスエー)がラインナップするカーボンクランクを使用する場合には、FSA(エフエスエー)のBBを選ぶ必要があるので、ユーザーのバイクのBB規格に合わせてお選びください。

TANGE(タンゲ)マウンテンバイク(MTB)用ボトムブラケットBB本体

TANGE(タンゲ)はヘッドパーツメーカーとして高い評価を得ています。元々クロモリのフレームやフォークを製造していましたが、TECHINOGLIDE(テクノグライド)というラインは、他の追随を許さずヘッドパーツメーカーとして確固たる地位を築きました。TANGE(タンゲ)は現在でも多くのライダーから支持を集める、ヘッドパーツで有名なメーカーです。TECHINOGLIDE(テクノグライド)と呼ばれるヘッドパーツのラインナップは、他のメーカーよりも価格が抑えられていながらも、精度が高くおすすめです。カラーバリエーションも豊富であり、クロモリフレームに採用されるスレッドタイプのヘッドパーツでカラーコーディーネートすることもできます。補修パーツであるベアリングやトップキャップなどのラインナップも豊富であり、信頼して使用することができます。

マウンテンバイク(MTB)用ボトムブラケットBB本体について

マウンテンバイク(MTB)用ボトムブラケットBB本体の特徴・選び方を詳しく解説。マウンテンバイク(MTB)用ボトムブラケットBB本体の選び方が分からない、迷ってる方に、マウンテンバイク(MTB)用ボトムブラケットBB本体のオススメの選び方を紹介します。マウンテンバイク(MTB)用ボトムブラケットBB本体選びにご参考ください。