メッセンジャーバッグの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メッセンジャーバッグの特徴

メッセンジャーバッグの特徴

  1. 1サイズ

    15〜20リットル程度のサイズが人気です。コンパクトなものから大容量まで様々なサイズがラインナップされています。

  2. 2ショルダーストラップ

    長さの調節が容易に出来て、肩への負担が少ない太めのストラップが採用されます。

  3. 3開口部

    荷物の出し入れがしやすいように色々な工夫がされています。

メッセンジャーバッグのブランド

ORTLIEB(オルトリーブ)メッセンジャーバッグ

ORTLIEB(オルトリーブ)は、1982年に誕生したドイツのメーカーです。創設者のハートムート・オルトリーブは、自転車旅行中に激しい雨に見舞われ、衣料と食料をずぶ濡れにしてしまった経験から、完全防水のサイクル・サイドバックを開発し、生産を開始しました。現在は、彼の開発方針から生まれた自転車に関わるバッグ類を主に展開しています。常に機能性、耐久性に優れたクオリティの高さと信頼性を実証すべく製品テストを繰り返し、"Made in Germany"にこだわっています。メッセンジャーバッグも機能的で使いやすく、自転車とは関係ない普段の生活にもマッチするデザインで大変人気があります。

Timbuk2(ティンバックツー)メッセンジャーバッグ

Timbuk2(ティンバックツー)は、1989年にカリフォルニア州サンフランシスコで誕生したブランドです。一人のメッセンジャーが一台のミシンを用いて最初のティンバックツーを創り、そのバッグはメッセンジャー達の間で実際にハードに使用され、そのタフさは瞬く間に評判となったことがきっかけとなりました。現在では、あらゆるジャンルのバッグを展開し、機能的で丈夫な設計、スタイリッシュなデザイン、高い品質が世界中のユーザーから支持されています。メッセンジャーバッグは、まさにティンバックツーを象徴するアイテムです。iPadやネットブックがすっきり収まるミニショルダータイプのものから、ビジネスシーンやデイリーユースにも最適なデザイン・機能を備えたものまでラインナップがあります。特に、クラシックメッセンジャーは、ド定番のモデルで豊富なカラー展開とサイズ展開で、用途と好みに合わせてお選び頂けます。

Bianchi(ビアンキ)メッセンジャーバッグ

Bianchi(ビアンキ)は、1885年にエドアルド・ビアンキが創業したイタリアの老舗ブランドです。ロードレースや、MTBで数多くのチャンピオンや伝説的なレーサーを輩出したことでも有名です。イタリア語で「青い空」を意味するチェレステカラーは非常に特徴的で、ビアンキのシンボルカラーとなっています。バイクメーカーであるBianchi(ビアンキ)は、自転車だけでなく自転車周りのパーツやアパレルも取り扱っており、自転車総合メーカーとなりつつあります。また、Bianchi(ビアンキ)の最大の特徴であるチュレステカラーによって、バイク全体をカラーコーディネートすることもできます。その中には、ライダーが身に着けるものとして、メッセンジャーバックがあります。一般的なバックにチュレステカラーのものは少ないですが、Bianchi(ビアンキ)からチュレステカラーを採用したバックがラインナップされています。バーテープやサドル、タイヤといった部分でカラーコーディネートしている方におすすめです。

メッセンジャーバッグについて

メッセンジャーバッグの特徴・選び方を詳しく解説。メッセンジャーバッグの選び方が分からない、迷ってる方に、メッセンジャーバッグのオススメの選び方を紹介します。メッセンジャーバッグ選びにご参考ください。