グラベルロードバイクの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

グラベルロードバイク

グラベルロードバイクとは砂利道などの未舗装路も走れるように設計されたロードバイクの一種です。

グラベルロードバイクの選び方



グラベルロードバイクとは?


日本語で「砂利」を意味する「gravel」という単語が差す通り、グラベルロードバイクとは、主にダート(砂利道)と舗装路両方の走行を視野に入れた、長距離走行向けのロードバイクの事を言います。(以下グラベルロード)近年誕生したカテゴリーで、ダートを走行する事を想定して設計されているため通常のロードバイクよりも径の大きいタイヤや、悪路でも安定した制動力を発揮するディスクブレーキが装着されているのが特徴です。


グラベルロードバイクとは?



シクロクロスとの違い


よくシクロクロスと混同されておりその境界線もメーカーなどによってまちまちですが、主にシクロクロスは競技規定を満たした、700Cホイール、横幅33mm以下のタイヤを装着したドロップハンドルの自転車の事を言います。


シクロクロスとの違い



またシクロクロスが完全に競技への参加を想定した、軽さを売りにした設計やレース中障害物を超える時に自転車を担ぎやすいようトップチューブがより水平に近い設計になっている一方で、グラベルロードはダートや舗装路を含む長距離を快適に走る事が出来るよう、振動吸収性を高くし、悪路でも安定して走行できるよう頑丈に設計されているのが特徴です。

シクロクロスがMTB寄りのレース用自転車だとすれば、グラベルロードはロードバイクよりのコンフォートな自転車だと言えます。


ロードバイクよりのコンフォートな自転車




主な使用シーンと用途


グラベルロードはその性質上短期間のレースよりも長期間のツーリングを重視して設計されています。そのためバイクパッキングのしやすさは勿論の事、晴れた日の舗装路から雨の日の泥道まで、走行する環境に合わせた柔軟な対応が可能になります。サイクルキャリアを取り付け出来るモデルもラインナップされているので、長距離ツーリングを視野に入れてサイドバッグなどを取り付けるのも良いかも知れません。


主な使用シーンと用途


またディスクブレーキという特性上、雨天走行時に砂利や泥などが詰まりにくい他、タイヤ径の大きさによりロードバイクよりも走行中の安定感が増すので、路面が濡れていてもスリップする心配がありません。これからロードバイクを購入しようとしている初心者の方にもお勧めできます。初めてのスポーツ自転車としてグラベルロードを購入して通勤、通学用に使用するほか、週末などに短距離のツーリングに出かける際にはその快適性と走破能力を最大限発揮してくれるでしょう。


快適性と走破能力を最大限発揮


加えてグラベルロードの購入後にロード競技やシクロクロスに興味を持ったとしても、パーツの選び方次第でそのどちら側にも転向出来るといった事も、中性的なカテゴリーを生かしたグラベルロードの強みと言えます。


どちら側にも転向出来る




グラベルロードを選ぶための要素


拡張性の高さ


拡張性の高さ

キャリアをどれだけ取り付けできるかによっても、グラベルロードの用途の幅が増えます。拡張性が高いものはフロントフォークに取り付けできるものもあります。ツーリングやキャンプに行くのに使うのであれば、拡張性が高いモデルがいいでしょう。


タイヤサイズ


タイヤサイズ

装着しているタイヤのサイズによってグラベルロードカテゴリの中でも、オフロードよりのグラベルロードか、ロードバイクよりのグラベルロードに大別することができます。フレームのジオメトリにより、オンロードかオフロードどちらの色が強いかもありますが、簡単に分けると40c前後のタイヤはオフロードより、30C以下はロードよりと言えます。ホイールとタイヤとの互換性に関しては、30C〜40Cまでは700Cであれば互換性があるので、用途や好みに合わせて購入後にはめ変えることができます。

オンロード走行オフロード走行



ブレーキ


ブレーキ

グラベルロードはほとんどがディスクブレーキ仕様ですが、油圧式かワイヤー式かはモデルやグレードによって異なります。油圧式は価格は高くなりますが、軽い力で高い制動力を発揮します。下りのオフロード走行がメインの方は油圧がお勧めです。


ホイール固定方法


ホイール固定方法

クイックリリース式、スルーアクスル式があります。また、下記の様なパターンに分けることができます。前後ともにスルーアクスルがよりハイスペックになります。スルーアクスルにすることで剛性が上がり、高い制動力を発揮します。 ・前後スルーアクスル ・前後クイックリリース式 ・後スルーアクスル、前クイックリリース式



おすすめのグラベルロード


一口にグラベルロードといっても、多くのメーカーから使用シーンやライドのスタイルに合わせた、様々な個性的なグラベルロードが販売されています。目的や機能、使用シーン、自分の好みに合った一台を選んでみてはいかがでしょうか?



Bianchi(ビアンキ) IMPULSO ALLROAD DISC (インプルーソオールロードディスク)105



人気のアルミロードのインプルーソがオールロードモデルになって登場!

コンポーネントにはシマノのグラベル向けコンポーネントのGRX600(油圧ディスクブレーキ)をアッセンブル。フルカーボンフォークを採用でロードバイクのような軽快なハンドリングを実現。油圧ディスクブレーキとより太いタイヤでオンロードだけでなく、グラベルを始めとするオフロードも快適に走れるバイクです。


THE オールロード

ハイグレードのアルミエンデュランスロードIMPULSOをベースにした、ビアンキが考える現代的なオールロード。 3回にわたるハイドロフォーミングを施した高品質アルミフレームにカーボンフォークを搭載し前後スルーアクスルによる優れたコントロール性をもつ。


舗装路からグラベルレース、キャンプツーリングまで対応する拡張性

ダボ穴はフレームにはもちろん、カーボンフォークにも設けられており、キャリアによる積載能力増強や泥除けの取り付けが容易にできる。 タイヤクリアランスは700×40C対応となっているほか、ホイールもチューブレスレディに対応している(TLテープ&バルブ必須)。


GRX搭載

シマノ製の新世代オールロード用コンポーネント『GRX』を採用。




Bianchi(ビアンキ) ORSO(オルソ)GRX600



2019年モデルより登場したBianchiのグラベルロードバイク

2020年モデルはコンポーネントがグレードアップし、グラベルロード向けのコンポーネントGRX600(油圧ディスクブレーキ)をアッセンブル。油圧ディスクブレーキと太いタイヤで環境に左右されずに様々な用途に対応。フレーム各部にダボ穴を備えているため泥除けの装着やキャリアを装着しての荷物の積載も可能。


クロモリ&カーボンフォークオールロード

乗り心地のしなやかなクロモリフレームと軽量なカーボンフォーク採用したオールロードバイクのORSO(オルソ)。タイヤクリアランスは700×40C対応です。


街乗りからキャンプツーリングまで対応する拡張性

ダボ穴はフレームにはもちろん、カーボンフォークにも複数設けられているので、キャリアを取付れば積載能力を増強できます。


GRX搭載

シマノ製の新世代オールロード用コンポーネント『GRX』を採用。




Bianchi(ビアンキ) VIA NIRONE7 ALL ROAD(ヴィアニローネ7オールロード)GRX400



ロングセラーモデルのヴィアニローネにオールロードモデルが登場!

コンポーネントにはシマノのグラベル用コンポーネントGRX400(機械式ディスクブレーキ)をアッセンブル。ディスクブレーキとより太いタイヤで、オンロードだけでなくグラベルを始めとするオフロードも走れるバイクです。


これからの入門用ロードバイクを背負うバイク

油圧DISCブレーキの優れた制動性、エンデュランスロードよりも高い安定性、装着するタイヤにより舗装路〜ダート〜グラベルまで走破可能な汎用性、キャリア取付可能な拡張性と、あらゆる要素を詰め込んだ入門用ロードバイクです。多くのユーザーの要望をかなえる万能性を内包しています。


デファクト・スタンダード・スペック

アルミフレーム&カーボンフォーク、油圧DISCブレーキ、前後スルーアクスル、タイヤクリアランス40mm対応、最新のSPECを余すことなく詰め込んだ標準的なオールロードになっています。


GRX搭載

シマノ製の新世代オールロード用コンポーネント『GRX』を採用。




GT(ジーティー) GRADE CARBON EXPERT(グレードカーボンエキスパート)



アスファルトも石畳もダートさえも

どこまでも走るGTのグレードシリーズはロードバイクのスピードとマウンテンバイクの走破性を併せ持った、新しい時代のグラベルロードです。優れた振動吸収力は都市部・トレイルともに快適な走りを実現。舗装路を軽やかに走り抜け、そのまま林道ツーリングを楽しんだ後にキャンプ、翌日帰路につくような休日を楽しめます。


フルカーボンフレームならではの軽さで荒れた路面も軽快に走破

シマノ105 R7000の俊敏な作動と油圧ブレーキの操作性がライダーと車体の一体感をさらに強化しました。フォークのフリップチップで車軸の位置とオフセットが調整可能に。異なる設定のフォークジオメトリーによって、好みの乗り心地に合わせられます。




FELT(フェルト)  BREED30(ブリード30)



2020年モデルより登場したグラベルレーサー!

既にラインナップされていたグラベルアドベンチャーバイクBROAMと比べて、よりアグレッシブなポジションで反応性を重視したジオメトリを採用し、文字通り「グラベルレーサー」なバイク。レーサーだがダーティ・カンザのようなハードなグラベルレースにも対応するためダボ穴も多数完備。ホイール、タイヤともチューブレスレディ仕様でバルブとシーラントを用意すればより軽い走りも楽しめます。




FELT(フェルト)  BROAM30(ブローム30)



すべての道を駆ける最新アドベンチャーバイク

通勤、ツーリング、グラベル、タフなライドにも耐える強化フレームを使ったアドベンチャーバイクBROAMシリーズの上位モデル。シリーズ共通のフレームにShimano GRXをアッセンブル。もちろんツーリングに対応できるキャリア、ボトルケージ、フェンダー装着のためのダボ穴も多数装備しています。11スピードフロントダブルのワイドギア仕様に油圧ディスクブレーキ採用であらゆる道に対応できます。




FELT(フェルト)  BROAM40(ブローム40)



BROAMシリーズのミドルグレードモデル

通勤、ツーリング、グラベル、タフなライドにも耐える強化フレームを使ったアドベンチャーバイクBROAMシリーズの上位モデル。シリーズ共通のフコンポーネントはShimano Tiagra 10スピードをアッセンブル。コストを抑えながらもタッチの良いTRPワイヤー油圧ハイブリッドディスクブレーキを採用しています。キャリア、ボトルケージ、フェンダー装着のためのダボ穴も多数装備。ホイールはチューブレスレディ仕様で、より乗り心地の良いチューブレスレディタイヤを使用できます。




FELT(フェルト)  BROAM60(ブローム60)



Shimano Soraをアッセンブルした入門モデル

機械式ながら対抗ピストンで音鳴りがしづらく、メンテナンスもしやすいディスクブレーキ仕様。キャリア、ボトルケージ、フェンダー装着のためのダボ穴も多数装備しており日本一周のようなロングツーリングにも適しています。




FUJI(フジ) JARI2.3(ジャーリ2.3)



振動吸収性と巡航性能を備えた万能グラベルロード

ゼロベースで開発されたプラットフォームに与えたかった要素は、優れた振動吸収性と巡航性能。フルカーボンフォークに独自のシートステー、そして長く取られたホイールベースにより、その両方を実現しました。ジオメトリーは他のFUJIのグラベル系と違って長距離走行に重点を置いたエンデュランスタイプを採用。これにより長時間の走行が難なくこなせると同時に、荷物積載時の安定したバイクコントロールを獲得しました。ワイドブロックタイヤを履けば悪路が続くトレイルも難なく走行可能。ロードタイヤを履いて舗装路での機動性を重視する仕様にも対応できます。


未舗装路での走行性能と実用性を兼ね備えたアドベンチャーバイク

バイクパッキングなどのロングツーリングからアグレッシブな未舗装路の走行を想定したこのモデルには、優れたバイクコントロール性や快適性はもちろんのこと、あったら良いなという便利な機能が満載されています。


レイノルズ520のダブルバテッドチューブを用いたクロモリフレームモデル

クロモリならではの高い耐久性と振動吸収性の高さを生かして、ダート走行のようにラフなシチュエーションでより高い性能を発揮します。




FUJI(フジ) FEATHER CX PLUS(フェザーシーエックスプラス)



あらゆる場所でライドを楽しみたい方におすすめ

シャープなバテッドクロモリ管が美しい名機「FEATHER」フレームをベースに、シマノCLARIS、ディスクブレーキ、ブロックタイヤを標準装備したグラベルロード。シクロクロスはもちろん、シティライドでも対応可能なパーツアッセンブルがされています。ロングツーリングからタウンユースまで幅広く対応し、剛性が高く前後キャリア搭載可能なのでバイクパッキングにもおすすめのバイクです。


タフな状況にも対応できるスペック

フロントギアは48T/36T、リアカセットは11-32T、タイヤは35cのブロックタイヤと、ツーリングから街乗り、普段使いまで幅広く対応可能。フレーム・フォークはクロモリを採用し、耐久性も十分に備えています。




CENTURION(センチュリオン) CROSSFIRE GRAVEL4000(クロスファイヤーグラベル4000)



様々な路面での走行を楽しめるグラベルロードバイク

旋回性と安定性のバランスを意識したジオメトリのアルミフレームにカーボンフォークの組み合わせ、38Cタイヤを装備。2020年モデルからは、新型のGRX800系の油圧ディスクコンポを採用しています。レースやサイクリングだけでなく、別売りのキャリアを装着すれば、通勤通学のようなアーバンライドやツーリングなどでも活躍します。




CENTURION(センチュリオン) CROSSFIRE GRAVEL3000(クロスファイヤーグラベル3000)



グラベル仕様のクロスファイヤー

4000と同じくアルミフレームにカーボンフォークの組み合わせ。ホイール長が長くなり、ハンガー下がりも大きくなったため低重心で安定し、低速でのライドでもふらつき性が低くなっています。




CENTURION(センチュリオン) CROSSFIRE GRAVEL2000(クロスファイヤーグラベル2000)



低速でも安定しやすいグラベルのエントリーモデル

アルミフレームとアルミフォークの組み合わせで、コンポはティアグラ4700系の油圧ディスクを搭載。荒れた路面への対応も十分に可能です。




MARIN(マリン、マリーン) HEADLANDS-1(ヘッドランド1)



より軽く、より剛性を求めるライダーのために開発されたグラベル

エンド幅は142×12mm、700cと650bのコンパチブル、ナロワイドチェーンリングなど、MTBの要素を十分に盛り込んでいます。11段変速、タイヤは最大で700×45・650b×50cまで装着可能ですので、オフロードや山道でのライドにも充分に対応。現在のMTBとグラベルロードのトレンドを盛り込んだ、最強のオールロードバイクです。




MARIN(マリン、マリーン) FOUR CORNERS(フォーコーナーズ)



MARIN BIKESが33年間に渡って培ってきたMTB開発の要素を結集

オンロード30%とオフロード70%の走りを楽しみたいライダーのために開発されたモデル。ダブルバテッドクロモリフレームと長さが短いクロモリフォークで長距離ライドを可能にし安定感を体感できます。27段変速、タイヤ42cですので、オフロードもよりスムーズに登れます。また、バイクパッキングに必要なフレームとフォークダボ穴を用意。ブリップテープにはジェルを入れているので握り心地も最高です。




MARIN(マリン、マリーン) LOMBARD-1(ロンバード1)



「ロンバート1」は、オンロード40%とオフロード60%の走りを楽しみたいライダーに向けて開発されたモデル。アルミフレームとアルミフォークでフレームのバランスも良く安定した走りを実現できます。オフロードをより楽しみたい方はタイヤクリアランス最大700×45cまで変更可能です。




MARIN(マリン、マリーン) NICASIO(ニカシオ)



「ニカシオ」は、オンロード50%の走りを楽しみたいライダーに向けて開発されたモデル。バテッドクロモリフレームとクロモリフォークが衝撃を吸収し、長距離ライドにも対応。オフロードをより楽しみたい方は650bホイールも装着可能で、タイヤクリアランスを広くとることも可能です。




JAMIS(ジェイミス)  2018年モデル RENEGADE EXILE (レネゲードエグザイル)


1937年創業のアメリカの老舗自転車メーカー、JAMISが販売するグラベルロードです。 先程紹介したVR60が最大35Cタイヤまで対応していたのに対して、こちらは40Cまで対応しています。フェンダーやサイクルキャリアを装着できる台座が設定されているのは勿論の事、タイヤのチューブレス化が出来る事が特徴です。泊まり込みでのツーリングや山に分け入るようなグラベルライドでは、JAMIS特有のMTB譲りの頑丈なアルミフレームで快適かつ安定したライドを楽しめるでしょう。


JAMIS(ジェイミス)  2018年モデル RENEGADE EXILE (レネゲードエグザイル)

しかしながら活躍出来るシーンの多さにおいては先程のVRに少し劣る点があるので、既にロードバイクなどを持っている方や、ロードに寄ったジオメトリを生かしつつツーリングやグラベルをスポーティーにこなしたいという方にお勧めの自転車です。



MERIDA(メリダ) 2018年モデル SILEX 200 (サイレックス 200)


1972年創業の大手自転車メーカー、MERIDAが送り出したグラベルロードです。この自転車の最大の特徴は、何といっても装着可能なタイヤの最大サイズ。ここで紹介しているグラベルロードの中では最大の、45Cタイヤまで装着できるというから驚きです。

またタイヤメーカーのMaxxisと共同開発した専用タイヤは、空気圧を上げる事でトレッドの中心部のスリック部分を使い軽快な走りが出来るほか、逆に空気圧を下げる事で左右のグリップ部を使用した安定した走行が出来るので、オンロード、オフロード両方において安定した走行が出来るのもこの自転車の特徴です。

更にグラベルロードの中では珍しいワイヤー内蔵型フレームを始め、ディスクブレーキに放熱フィンを装着している事やフロントフォークの両側にボトルケージの台座が設けられている事など、細部にまでMERIDAのこだわりを見て取る事が出来ます。


MERIDA(メリダ) 2018年モデル SILEX 200 (サイレックス 200)


またヘッド周りの造形をバイクパッキングでフレームバッグを装着する事を想定して設計している事や、重いバイクパックを携行してロングライドをしても疲労の無いようにしつつ、ジオメトリをよりMTBに近い設計にする事で、オフロードでも安定したハンドリングを実現しているなどあらゆる路面状況で使用できるように設計されている事がこの自転車の強みです。


MERIDA(メリダ) 2018年モデル SILEX 200 (サイレックス 200)

一方ジオメトリをMTBに近づけることでオフロード走行時においてシビアなハンドル操作を求められる事もある為、この自転車はオフロードで積極的な走りをしたいという方よりも、ちょっとした街乗りからバイクパックを携行したロングライドまで難なくこなしたいという方にお勧めです。


グラベルロードバイクのブランド

GT(ジーティー) グラベルロードバイク

GTは、1973年、ゲーリー・ターナーが自分の息子用のBMXバイクを作ったことに端を発するアメリカのブランド。現在はMTBやBMXはもちろん、ロードレーサーやクルーザー、シティサイクルまでラインナップする一大ブランドです。MTBのフルサスオールマウンテンは、人気のSENSORシリーズやFORCEシリーズを中心に、独自のリアサスペンションシステムで高い衝撃吸収性と路面追従性を実現しています。

MASI(マジー)グラベルロードバイク

MASIは、1949年に誕生したイタリアの中でも歴史のある老舗ロードブランドです。クロモリフレームを主に扱い、過去、世界最高峰のロードレースで数々の有名チャンピオンを生み出しています。現在は、伝統のクロモリフレームを継承しつつ、時代にあった素材でのバイク作りも心がけています。コンフォートロードは、クロモリフレームを用い、乗り心地の良さとオシャレなデザイン、高い走行性で、通勤やロングライドにおいても、気持ちのいい走りを実感することができます。

MARIN(マリン、マリーン)グラベルロードバイク

カリフォルニア生まれの自転車ブランドMARIN(マリン)。大量生産をしている工場を嫌い、 最高のサービスを提供することをブランドコンセプトに、様々な要求に素早く対応できるサービスを提供することに重点を置いています。シャープでシンプルなデザインは非常に人気が高く、日本においても販売実績を年々増し続け、 メジャーブランドの仲間入りをしている 。

CERVELO(サーベロ)グラベルロードバイク

CERVELOはカナダトロントに本拠を置くロードバイク・トライアスロン用フレームメーカーです。世界トップクラスのロードレースで数多くの勝利を獲得するブランドです。

GIOS(ジオス)グラベルロードバイク

イタリア・トリノ発祥のロードレーサー名門ブランドGIOS。鮮やかなブルーカラーの「ジオスブルー」が特徴で、デザイン美だけでなくクオリティの高さでも有名です。長らくクロモリ製の伝統的なモデルのラインナップが多かったのですが、近年はレースにも対応するフルカーボンロードを充実させてきています。