クロスバイク(タイヤサイズ 26インチ)の特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

クロスバイク(26インチ)

26インチタイヤサイズのクロスバイクはコンパクトな車体で小回りが利き、一般的なクロスバイクに比べ外径が小さいホイールの特性で漕ぎ出しスタートや上り坂での走行でのペダリングが軽いのが魅力です。26インチホイールサイズの特性を活かした、舗装路でのキビキビとした走りが魅力のクロスバイクで、アップダウンやストップ&ゴーの多い街乗りや短距離の走行をメインに使用される方や小柄な方におすすめの車種です。

クロスバイク(26インチ)の特徴

クロスバイク(26インチ)の特徴

  1. 1ハンドル

    街中でも走行しやすいアップライトでリラックスなポジションがとれるようにハンドル位置は高めです。ストレートバーの他にもライザーバーが用いられますが、操作しやすいように幅は600mm程度のものが主流です。

  2. 2フレーム

    普段の街乗りでも扱いやすいように直進安定性を重視し、キャリアや泥除けの取り付けも考慮したフレーム設計です。26インチホイールに対応したコンパクトな設計になります。

  3. 3ギヤチェンジ

    フロントギヤは急な上り坂から、ハイスピード走行まで対応するためにワイドなギヤ比が確保できるトリプルギヤが主流です。リヤは7〜9段でスプロケットもロー側が28〜34Tといった非常に軽いギヤ比が用いられます。

  4. 4タイヤ

    街中での快適な乗り心地と軽快な走行を両立させた26×1.25〜2.0のタイヤが採用されます。エアボリュームが大きいクッション性の良い太いタイヤ幅もあるので、街中でのクッション性・快適性抜群で、のんびりサイクリングにもオススメです。

26インチホイールを採用したクロスバイクは外径の小さい車輪の特性をうまく活かしたモデルがラインナップされます。細いタイヤのモデルはキビキビとしたハンドリングと低い路面抵抗で軽快な走行感が魅力です。、太いタイヤのモデルはエアボリュームによるクッション性がよいので通勤・通学といった街乗りやのんびりとしたポタリングにオススメです。

クロスバイク(26インチ)のブランド

価格帯

価格帯

用途・特徴

  • ヒルクライム
  • 街乗り
  • フィットネス

※価格帯はあくまでも目安です。各モデルの詳細な価格などご不明点は、こちらよりお気軽にお問い合わせください。

クロスバイク(タイヤサイズ 26インチ)について

クロスバイク(タイヤサイズ 26インチ)の特徴・選び方を詳しく解説。クロスバイク(タイヤサイズ 26インチ)の選び方が分からない、迷ってる方に、クロスバイク(タイヤサイズ 26インチ)のオススメの選び方を紹介します。クロスバイク(タイヤサイズ 26インチ)選びにご参考ください。