HOME / 

商品紹介 / 

bianchi(ビアンキ) ニューモデル INTENSO(インテンソ)

投稿者:h_yamada

bianchi(ビアンキ) ニューモデル INTENSO(インテンソ)

Pocket
LINEで送る

こんにちは。

天気も穏やかになってきてサイクリング日和となってきました。

京都は以外?にも厳しい山や峠が沢山あります。

去年からのマイブームは、京都の峠を上ること。

先日もきゅうべえ仲間と共に京都の北の山を登ってきました。

まだ夏の気分で行ったら、まー寒い寒い!

下りでは、手足がかじかむほど。

気が付けば、そういえばもう秋。

皆さんもサイクリングや山に行く際は防寒対策をお忘れなく。

 

今日はそんなヒルクライムにも使えそうな、

ビアンキの2014年モデルから新しくラインナップされたインテンソを紹介します。

こちらはティアグラと105ミックスのモデル。

この他にソラと、105のモデルがあります。

昨年のバーティゴの後継機といったところでしょうか。

ただ、バーティゴよりもコンポのラインナップが3っつに増えたことで、

用途や価格に応じた選択肢が増えました。

フレームは各所とても複雑な形状をしています。

カラーリングや塗装は相変わらずとってもきれいです。

 

シートステーの付け根は板状になっています。

振動吸収が良さそう。

 

チェーンステーはBB付近は縦の板状でボリュームたっぷりで剛性を確保、

エンドに向けて横に扁平になってこちらも振動吸収性アップ。

一番感動したのはリアブレーキの取り回しのよさ!

インナーフレームの場合ブレーキの引きが重たくなることが多々あります。

インテンソはそれが全くなかったです!

ヘッドチューブのかなり前面からブレーキワイヤーが入るように設計されおり、

これがその引きの良さにつながっていると思います。

ブレーキはレオパルトコルサオリジナルのものが付いています。

ここでコストダウンして、

その分シフトレバーは105!

フロントディレイラーはティアグラだけど、

リアディレイラーは105!

大事なところは105を使ってくれています。

 

ホイールはちょっと重たいけど、

ハブはノバテックのもので信頼性もあり、良くまわります。

 

駐車場なので、通る人に変な目で見られつつも

あまりにもかっこいいので、ただのカメラ小僧と化して写真をパシャパシャ。

ペダル無の完成車で重量8キロ。

このままでも十分ルクライムにも挑戦できます。

エンジンに自信が無い方、と言ったら怒られそうですけど、

軽いホイールに変えれば7キロ前半もあっという間!

 

ぜひぜひ、インテンソを引っさげて京都の山に登りにきてください!

(↓きゅうべえ屋上から見える比叡山)

↓購入はこちらからどうぞ↓

 bianchi(ビアンキ) INTENSO(インテンソ)

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:h_yamada

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読