HOME / 

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 / 

夏休み、親子でMTBはいかがですか?

投稿者:DJ GALAPA

夏休み、親子でMTBはいかがですか?

Pocket
LINEで送る

みなさんこんにちは★がらぱです

 

夏休みに入っていろんな計画を立てていらっしゃることと思います。
楽しんでますか?

 

私はこの月末には、毎年恒例となった「シマノバイカーズフェスティバル」に行っておりました。
最近はレースのお仕事もロードが多くなり、MTBのイベントにお邪魔することは少なくなってしまったのですが、MTBレース、イベントはホントに笑顔いっぱいで、お手伝いするのも楽しいです。

 

もちろん、ロードもとても楽しいんですが、MTBの持つ楽しさとはまた違った感じ。

 

今回もお手伝いしながら、なんでこんなにみんな笑顔いっぱいなんだろう、と私もつられて笑顔になりながら考えていました。

 

MTBの持つ楽しさって、「操る楽しさ」だと思いませんか?
私も自分がMTBに乗るの大好きですが、MTBで山などに行くと凸凹の路面や、木の根っ子があるシングルトラックなんかを四苦八苦しながら走るのがとにかく楽しい♪
自分が自転車とおしゃべりしながら地球と遊んでいる感じです。

 

スピードをガンガン出すわけでなく、ゆっくりでもぽこんぽこんとペダルをゆっくりこぎながらいろんな路面を攻略していると、自然と笑顔になってきます。

 

ロードの風を切る楽しさも特別なものですが、なかなか思いっきり走るというのも難しい。
そこへいくと、MTBは、ちょっとした段差をキレイにクリアする、とか、河原のちょっとした登り返しのリップでジャンプしてみる、とか(まわりの安全を確認してくださいね)、ホント、手軽に遊べることがいっぱい。

 

ウィリーしてみたり、ジャックナイフしてみたり、時にはひっくり返ったり。
そんなことをしながら友達や、家族で走るの、楽しそうだと思いませんか?

 

おまけにキャンプしてみたり。

 

ロードとMTBの違いはまずタイヤの太さ。タイヤの形状。
ロードは、スピードを出して走ることができるわけですが、それはタイヤが細く、高気圧をかけます。
なので、取り扱いも繊細。ちょっとした段差を超えたりするときも気をつけなければいけません。

 

そこにいくと、MTBはタイヤが太くブロックパターンで、空気圧も低めでもOK。
段差を突っ込んじゃっても、ある程度は平気だし、砂利道ももちろん平気。
その分走るときは、ロードに比べて重たいですが、スピードを出す、というより、遊ぶ、という感覚でいくと、MTBは気を使わず思いっきり乗れる乗り物、といえます。

 

レースでなくても、いつでもどこでも遊べるのがいいところ。
ロードでロングツーリングの達成感も半端ないですが。
MTBの楽しさにもういっぺん目覚めてみるとまた新たな世界が開けるかもしれません♪

 

休みに親子で何かしたいなぁと思ったら、MTBでちょっとダートに挑戦してみたり、というのも楽しいかも。
お母さんも遠慮せず、どんどん乗って欲しいなぁと思います。

 

そういえば、MTBのレースでは、来週は小中学生の今年1番を決める大切なレースがありますね。
バイカーズに来てるキッズたちもたくさん出場するみたい。
このキッズライダーたち、ずーっと会場でMTBに乗って遊んでました。
階段の段差をひょいって超えたり、おっきな石の転がってるところもひょいひょい走ってたり、ホント楽しそう。
好きなんだなぁってにこにこしてしまいます。

 

みんな1番目指してがんばれ~

 

というわけで、この夏休み。親子でMTB、楽しんでみてはいかがですか?(^^)

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:DJ GALAPA

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読