HOME / 

QBEIスタッフ日記 / 

地図

投稿者:morita

地図

Pocket
LINEで送る

はじめまして、QBEIスタッフの森田といいます。

地図を見てるのが好きで、居酒屋などでビール飲みながら地図を見たりします。

国土地理院の5万分の1地形図がいいです。自転車で走ってみたらどんなんだろうなーって考えるのに、ちょうどいい大きさです。

人里はなれたところに、ぽつんとお寺マークがあったり、太い道に並行して旧道っぽい細道があったり、そんなのを見つけると、そこに行ってみたくなります。

特におもしろそうなところだと、2万5千分の1のほうも見たりします。

観光地なんかでなくてもよくて、地図に書かれた土地の実際を見に行く、といった感じです。だから、人を誘って行くより、ひとりで行くことがほとんどです。

「何があるの?」と訊かれても、説明しにくいですからね。

行きたいところが決まったら、あとは、どういうルートでそこに行き、帰ってくるかを決めて終わり。

最近は奈良や三重に行くことが多く、当然輪行になります。

電車の駅を降りて、自転車を組み立てたら、駅前の商店街などをうろうろして、食べ物や飲み物を仕入れます。(商店街などない駅前も多いですが)

そして、うろうろと出発。

全行程、景色見ながら「うろうろモード」で走るので、1日の走行距離は30~50キロまでと決めてます。

100キロも走ったら、よそ見したり昼寝したりできませんからね。

目的の土地に着いたら、「ここかあ」といって、けっこう長居をします。お寺跡にすごい立派な枝垂桜があった時なんか、2時間くらいもそこにじっとしていたこともあります。

途中、地図を見ながら寄り道もします。ゆっくり走っていても、4つ折にしてる地図が2万5千分の1だと、すぐ折り返さなきゃいけないので、そういう意味でも、5万分の1がいいです。

帰りもまた輪行。

家の近所に帰ってきたら、「打ち上げ」という名目で(ひとりですが)、居酒屋でビール飲みながらまた地図を見て、ツーリングの余韻にひたります。

 

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:morita

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読