HOME / 

自転車メンテナンス / 

<自転車メンテナンス>バーテープの巻き方

投稿者:admin

<自転車メンテナンス>バーテープの巻き方

Pocket
LINEで送る

ドロップハンドルのロードレーサーなど、グリップの代わりにバーテープを使用する車種は多くあります
巻き方は人によってまちまちですが、基本的に「走行中に緩まないようにしっかりと巻く」ことは一緒です
バーテープの巻き方1

まずはブラケットのゴムをめくります
バーテープの巻き方2
この際、レバーを固定している金具部分に隠しテープを張っておきましょう
大抵はバーテープに付属していると思いますが、ビニールテープなどでも代用可能です

バーテープを引っ張りながら巻きつけます。
ひと巻きひと巻き、テープが三分の一程度重なるのが標準的と言われていますが、
好みにもよりますので色々と試行錯誤してみてください
バーテープの巻き方3
なお画像からも分かる通り、進行方向に見て反時計回りになるように巻いています
これはハンドルの右側ですので、左側を巻く際は逆になります

レバー付近の折り返しポイントです
バーテープの巻き方4
最初の隠しテープ(水色で示した部分です)と合わせ、隙間無く巻きましょう
この辺りは握る=力がかかる機会が多い場所なので、少し厚めに巻いておくとベターです
ひと巻きごとにテープの二分の一が重なる具合でしょうか

テープの先端をカットします
バーテープの巻き方5
逆の方向にカットする人もいます。お好みでどうぞ

バーテープをしっかりと固定します
バーテープの巻き方6
ここも専用テープが無い場合、ビニールテープで代用できます

エンドキャップをハメ込みます
バーテープの巻き始めごと、ハンドルバーの中に押し込みましょう
バーテープの巻き方7

弛みや緩みが無いかチェックして完成です
バーテープの巻き方8

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:admin

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読