HOME / 

Bicycleインプレッション / 

<Bicycleインプレッション>Colibri700(コリブリ700)

投稿者:matsumoto

<Bicycleインプレッション>Colibri700(コリブリ700)

Pocket
LINEで送る

スタッフ松本です。

こちら京都では梅雨も明け、いよいよ夏真っ盛り!
暑い日中はともかく、朝夕は自転車で風を切ると、本当に気持ちイイ!!休日には早起きしてサイクリングがオススメです。

さて、そんなお気軽サイクリングや通勤ライドにオススメな
colibri700コリブリ700全景Colibri700(コリブリ700)を試乗インプレッションです。

名前が示すとおり700cのホイールを装着したシティ向きクロスバイクです。
フロントギアはシングルの8段変速で街中を快適に走行するには十分なスペック。

身長168cmの私はサイズ510をチョイス。適正なサドル高にすると上の画像のような感じです。
街乗り向きにサドルを低めにすることも可能です。

走り出すと、思っていたよりもハンドリングはクイック。もちろん、ロードレーサーやMTBのプレイバイクのような極端な設定ではないのですが、イメージよりは「クイック」でした。個人的にはもう少し、ダルなほうがイイかな...と思います。サイズ選択の際は少し大きめを意識されるほうがよいかなと言った感じ。
でも、長距離のサイクリングをするような自転車でもないので、コレくらいのクイックさなら、神経質になるほどのことでもないかとも思います。

変速もカチッカチッと決まり、700cのタイヤは路面抵抗も少なく快適に走行できます。
colibri700コリブリ700後輪タイヤサイドはリフレクト(反射)タイプになっており、夜間の安全性も確保。
また、フルフェンダーは一般的な断面が弧を描いているタイプではなく、断面は平らなタイプ。
横からのシルエットが非常にスッキリとしており、ステーの接合部なども、モダンな雰囲気を出しております。
colibri700コリブリ700フェンダーこのタイプのフェンダーは、今年、いくつかの車種で採用されておりましたし、2009年モデルの展示会などでも紹介されたりしています。
今後のトレンドとして要チェックな存在かな...採用車種も増えそうな予感ですね。
ただ、路面の凸凹によっては共鳴することがあるのがチョッと気になりますが、まあ、コレも私の感覚では慣れの範囲内かと。

で、このColibri700ですが、本当にルックスがイイ!!スッキリとしてるんですね。
その要因は上記のフェンダーに加え、
colibri700コリブリ700ロゴデカール(ステッカー)では無く、フレームを凹ませる(エンボス加工?)ことで表現しているロゴマーク。
colibri700コリブリ700ワイヤ内蔵高級ロードバイクにも採用されているような、ブレーキ、シフトワイヤーはフレーム内部に通す処理といったところが効いてるんじゃないですかねぇ。
colibri700コリブリ700サドルcolibri700コリブリ700クランクColibri(ハチドリ)のマークが入ったサドルやロゴの入ったクランクなど、装着されるオリジナルパーツ類もトータルでコーディネイトされ、自転車全体のデザインコンセプトがうまく表現されて全体としてまとまった印象を与えてくれていると思います。
自転車全体で凝っていながらもルックスはシンプル。
カラフルで派手なロゴなんかが入っていると、自転車単体で見たときはカッコイイのですが、服とのコーディネイトを考えると...「今日の服には合わない;」といったことが多いのですが、Colibri700(コリブリ700)ならそんな心配はしなくてもすみそうですね。

colibri700コリブリ700全景街にさりげなくこんな自転車が停まっていると、日本にも少し自転車文化が根付いてきたかな...と思わせてくれますね。
小さいサイズのColibri24(コリブリ24)もラインナップされておりますので、小柄な彼女(奥様)や子供さんとお揃いで乗ることも出来ます。

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:matsumoto

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読