HOME / 

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 / 

第132回★今年モデルのルディが届きました

投稿者:DJ GALAPA

第132回★今年モデルのルディが届きました

Pocket
LINEで送る

yeycy.jpg
みなさんこんにちは!DJがらぱです。

今年は花粉が少ないそうですが・・・みなさんはいかがですか?
私は・・・確かに例年に比べてマシですが、とはいえなんとなくむずむず気持ちよくない状態になりつつあります。

花粉花粉といいますが、黄砂の症状と花粉の症状とは厳密には違うそう。
しんどい~という方は、素人判断せずにお医者さんに相談したほうがいいですよ~

そんな折、昨年から使わせていただいているルディプロジェクトのサングラスの、今年モデルを送っていただきました~

今年は何と!普段使いと仕事(レース)用の2種類も!

サングラスは本当に、集中力にシビアに影響しますので、いいものを選びたい私ですが、昨年から使わせていただいているこのルディプロジェクトのものは、レンズの精度もフレームのフィッティングも満足満足。
特にフィッティングに関しては、自分でもかなりの範囲で微調整ができるものが多いので、なかなか合うものがなかった方でも(私もそうでしたが)快適なフィッティングでサングラスが使えます。
本来の使用法から言うと邪道ですが、風の強い時などにはカチューシャ代わりにさせていただくことも多いのですが、その時にもこめかみなどが痛くならないようにできるので、非常にありがたいのです。
サングラスとしての機能とファッション性、ということは特に女性には重要な問題。
そういう時についついやっぱ見た目のほうに重点をと思ってしまいますが、そういうシフトの気持ちでも、十分に機能がついてきてくれるものがラインナップされていることは嬉しいです。

普段目が悪くてメガネを使用されている方も多いと思いますが、本当にメガネものってフィッティングが大事ですね。
私は普段はコンタクトをしているので、多少の使い心地の悪さは我慢してスルーしていたのですが、普段使っているメガネがかなりひどい状態でした。
なんせかけている状態で下を向くと、するっと落ちちゃうんですよ。
ネジを締めても駄目だったので、もういいや、どうせ普段はコンタクトだし、なんてあきらめていたのですが・・・

つい先日、息子のメガネの調整に眼鏡屋さんに行ったときに、思い立って私のメガネの調整についても相談してみたのです。
そしたら、何と、そのメガネを作った所の眼鏡屋さんがちゃんと私に渡すときに調整をしてくれていなかった(レンズだけいれて「ほい」と渡してしまった)らしいことが判明。
テンプル(耳にかけるところ)も、プラスチックのフレームでもちゃんとあたためて調整する機械があるんですね。
そこで買ったものではなかったのですが、丁寧に丁寧に調整してくださって、何と!ずり落ちない状態ですごく快適にフィットするように!

特に汗なんかかいたときには地面に滑り落ちてしまう状態だったのですが、全く問題なくなりました。
花粉症でしんどいときにはメガネで過ごしたい時もあるので、本当に嬉しかったです。

自転車でもそうですし、もちろん先述のサングラスでもそうですが、本当にフィッティングって大事。
どんなに高機能なものでも自分に合わない状態では意味ないですもんね。
例えば自転車のハンドルグリップやバーテープもそう。
いくらクッション素材で快適だとうたわれていても、手の大きさに合わずに太すぎたりしたら、不快この上ないですし、自分に合うものと他人に合うものって違いますよね。

そういうあれこれをちゃんと選んでこその快適性。

ちょっとでも「これもうちょっとこうなるといいなあ」とか、「なんかわからないけど、使いにくい!」とかいう思いがあるときは、ちゃんとプロに相談しなきゃいけませんね。

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:DJ GALAPA

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読