HOME / 

QBEIスタッフ日記 / 

チェレステカラーの不思議?について

投稿者:admin

チェレステカラーの不思議?について

Pocket
LINEで送る

皆さんお元気ですか、最近少し気になることがあります、といっても大したことではありませんが・・・ビアンキチェレステカラーについてなんです。この独特のブルー(グリーンじゃないのか??)ですが、その年その年で微妙に違うのです。2008年はやや青みがかったグリーン(ブルー?)、2009年は薄いグリーン(やっぱりグリーンやね)なんでしょうかこの色の違いは・・・・・・・軽く調べてみると、2つ答えがでてきました。1つは、ビアンキの自転車は伝統的にチェレステ(伊:Celeste 碧空、天空)という色で着色される。ビアンキ・ブルーと知られ緑色に近い青色である。このチェレステの色の由来はミラノ・ブルーと呼ばれている色。先代のイタリアのマルゲリータ王妃の目の色から使ったという説がある。

2つ目は、 ミラノの空の色を見て現地の職人が色を調合するとも言われている。そのためチェレステカラーは毎年微妙に違った色になっている。

ということは、1つ目の答えなら目の色がグリーン?ということになる?2つ目の答えなら空の色がグリーン?になる。ならイタリア人は軽い色盲かと思ってしまう今日この頃です。しかし、このカラーはビアンキしか出来ない色使いですね。これが人気の原因なんでしょうか・・・

現在のところ在庫はほとんどありません(T。T)悲しい事実ですが・・・・・生産も追いついてない状態で納期もずれ込みぎみです。お待ちいただいている皆様には恐縮ですが・・・・・ではまた

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:admin

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読