HOME / 

自転車メンテナンス / 

<自転車メンテナンス>Campagnolo(カンパニョーロ)エルゴパワーウルトラ…

投稿者:matsumoto

<自転車メンテナンス>Campagnolo(カンパニョーロ)エルゴパワーウルトラシフトのセッティング

Pocket
LINEで送る

話題のSuperRecordをはじめとするCampagnolo(カンパニョーロ)エルゴパワーウルトラシフトの取付

【対応ハンドルバー】
ブラケット取付部のハンドルバー曲線がR65~75の曲線である必要があります。基本的にはアナトミックタイプのハンドルバーへの取り付けに向いた形状です。
ergopower_01.jpg
シャロータイプと呼ばれるクラシックな形状のハンドルバーには適合しない場合もありますのでご注意下さい。

真っ直ぐの部分に取り付けると、
ergopower_06.jpg
十分な固定が出来ず、また、ブラケット一部に異常な力がかかってしまい、ブラケットが割れてしまうといった破損の原因となります。

【セッティング位置】
古いタイプのエルゴパワー(エスケープ)やWレバー時代のブレーキレバーでは下図のようなセッティングをしておりましたが、
ergopower_07.jpg
エルゴパワーウルトラシフトではNG(シマノのデュアルコントロールレバーも同様です)。
できれば、
ergopower_02.jpg
このようにハンドルバーとブラケット上部が真っ直ぐになるようにします。

また、手の大きい人の場合にはインサートを取り付けることで、バーとブレーキレバーの間隔を変えることが可能です。
ergopower_05.jpg
ergopower_04.jpg
手の大きさやハンドルバーとの相性によりお好みのセッティングが可能です。

【その他の注意点】
ブラケットの固定バンドは矢印が上になるようにしてください。もちろん、バンドがブラケットから完全に外さなければ、まず間違えないと思いますが、ブラケットからバンドが完全に外れてしまった場合にはご注意下さい。
固定トルクは 10Nmが指定トルクですが、カーボンハンドルなどはハンドルバーの指定トルクにもご注意下さい。

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:matsumoto

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読