HOME / 

展示会情報 / 

クラシカルで最新!? MASI(マジィ)2015年最新フルラインナップ

投稿者:admin

クラシカルで最新!? MASI(マジィ)2015年最新フルラインナップ

Pocket
LINEで送る

MASI(マジー/マジィ) 最新モデル

ダブルレバー、クロモリ、ラグ溶接、ノットカブトガニ・・・

 

こんばんわ。

冒頭からつぶやいてしまいましたが、これらが意味するところはズバリ!自転車の「クラシカルな思想」です。

 

データや最新技術で、自転車は新しい世界を開拓したのは確かですが、ロードバイクに乗り続けていると、やれ重量がどうした、ジオメトリだ、ケイデンスだと数字に関しての話が多すぎる。

 

人が乗ってその姿が美しい

かつ便利で快適

 

これでしょ?本来の自転車というものは。

 

「そんな時代もあったね」なんて言わないでください。

今回はそんな哲学や思想を継続させつつ、かつ挑戦を続けるブランド、MASI(マジィ)の2015新モデルをご紹介させてください。

 

 

 

■MASI(マジィ)2015年モデル EVOLUZIONE TEAM(エヴォルジオーネ チーム)

DSCN5346 DSCN5352 DSCN5355

DSCN5347 DSCN5348 DSCN5349

DSCN5358 DSCN5354 DSCN5356

 定価 ¥240,000-(フレームセット)

 

まずはこちらを御覧ください。

MASIといえば二代目マジィ氏によってイタリアで作られる工芸品的クロモリの印象が強いですが、こちらEVOカーボンはレースで勝つのに十分の戦闘力を秘めています。

カラーもホワイト×グリーンのチームカラーが追加され、フレーム重量は1480g。

MASIで闘いたい人は迷わずこのEVOのフレームを選びましょう。

 

 

 

 

■MASI(マジィ)2015年モデル GRAN CRITERIUM(グランクリテリウム)

DSCN5361 DSCN5363 DSCN5364

DSCN5366 DSCN5369 DSCN5368

定価 ¥115,000-(フレームセット)

¥275,000-(105完成車)

Reynolds 525 ダブルバテッドチューブのクロモリが使用されるグランクリテリウムはMASIを代表するバイクです。

今季のモデルは前回のグラスブラックのフレーム&ラグから一転、なんとイエローラグ!完成車の場合、クロモリとの相性、コスパが抜群に良い11SP 105を採用。どこまでも踏んでいきたい、そんな思いにさせられる1台です。

 

 

 

 

■MASI(マジィ)2015年モデル GRAN CORSA(グランコルサ)

DSCN5495 DSCN5497 DSCN5498

DSCN5499 DSCN5502 DSCN5504

DSCN5505 DSCN5506 DSCN5509

DSCN5510 DSCN5511 DSCN5512

定価 ¥169,000-

チームグリーンをまとったGRAN CORSAが2015年モデルで登場。

ロードエントリーモデルとしてはもちろん、EVO TEAMからフィードバックされたジオメトリーは、コンポを載せ替えてレースに出場してほしい1台。

MASIの今までの印象を覆すロードレーサーとなっています。

 

 

 

 

■MASI(マジィ)2015年モデル STRADA(ストラーダ)

IMG_0565 IMG_0566 IMG_0567

IMG_0568 IMG_0569 IMG_0570

IMG_0571 IMG_0573 IMG_0575

IMG_0576 IMG_0578 IMG_0577

定価 ¥120,000-

クラシカルなツートンカラーに1970年代調MASIロゴが最高に渋い1台。

ダブルレバーの名残、サイドスキンのタイヤに濃紺のブルーが見る人を魅了する、非常に品のいいバイクです。

 

 

 

 

■MASI(マジィ)2015年モデル SPECIAL CX COMP(スペシャルCX COMP)

IMG_0581 IMG_0582 IMG_0583

IMG_0584 IMG_0586 IMG_0587

IMG_0589 IMG_0590 IMG_0591

IMG_0592 IMG_0593 IMG_0594

定価 ¥145,000-

前回、好評だったギャラクティックブラックにニッケルシルバーが追加されて再登場。

ディスクブレーキを採用したクロモリシクロフレーム(ダブルバテッドクロモリ)はどんなフィールドでも快適に走破することが可能です。シクロらしくケーブル類はトップチューブ上部、キャリパー部がすっきりし、ゴールドのリムがオフロードで目立つ事間違いなしです。

 

 

 

 

■MASI(マジィ)2015年モデル SPECIAL CX GR(スペシャルCX GR)

DSCN5429 DSCN5431 DSCN5433

DSCN5434 DSCN5435 DSCN5436

DSCN5437 DSCN5438 DSCN5441

DSCN5442 DSCN5443 DSCN5445

定価 ¥179,000-

 

 

 

■MASI(マジィ)2015年モデル SPECIAL CXR COMP(スペシャルCXR COMP)

DSCN5454 DSCN5455 DSCN5456

DSCN5458 DSCN5461 DSCN5463

DSCN5469 DSCN5471 DSCN5473

定価 ¥199,000-

こちらはCX COMPの上位機種となるCX GRとCXR COMP。

どのような競技に使うか、どのようなシチュエーションで使うのかが細かく分けられたのが今季のMASI。カラーリングも昨今のナチュナル系からあえて外れるような挑戦的なチョイスはEVOを投入したMASIの今後の意気込み、レースで勝利するための想いを感じます。

 

 

 

 

■MASI(マジィ)2015年モデル FIXED UNO DROP(フィクスド ウーノ ドロップ)

DSCN5559 DSCN5561 DSCN5562

DSCN5563 DSCN5564 DSCN5565

DSCN5568 DSCN5569 DSCN5570

定価 ¥69,000-

前回大好評だったMASIのfixedからドロップバージョンが登場。くすんだゴールドが往年の競輪フレームを彷彿とさせ、かつホイールをひっくり返せばシングルにもなる遊べるバイク。コンポがないからこそのシンプルな造形、すっきりとしたクランク周り、カニ爪エンドと自転車本来の造形美はピストならではです。

 

 

 

自転車史に独特の哲学とクラシカルな思想を今なお色濃く残すMASI(マジィ)。

 

同じくクラシックスタイルでクロモリレーサーのいんしょうがあるGIOS(ジオス) が2014年から本格的にレースやチームにフレームを投入しだしたのを機に、老舗がにわかに動き出しています。

 

2015年、黎明期から自転車を見つめ続けてきたブランドが大きく変わります。

 

MASI(マジー/マジィ) 最新モデル

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:admin

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読