チューブレス非対応ロードバイク用クリンチャー(エアロ)ホイールの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チューブレス非対応ロードバイク用クリンチャー(エアロ)ホイールの特徴

チューブレス非対応ロードバイク用クリンチャー(エアロ)ホイールの特徴

  1. 1リム

    高速走行時の空気抵抗提言の為にハイトの高いリムを採用。巡航時の速度維持には優れていますが、横風の影響を受けやすい。リムのボリュームが大きくなるのでカーボンを採用し軽量化したものが人気です。

  2. 2ハブ

    一般的にはアルミシェルのハブが主流ですが、高級なものはハブシェルにカーボン素材を採用し軽量化されています。ベアリングも精度の高いカートリッジタイプや、分解・調整が容易なカップ&コーンタイプがあります。

  3. 3スポーク

    高級なものはカーボン素材やアルミ素材を採用し軽量化。耐久性やメンテナンス性ではステンレス製がベーシックです。

  4. 4使用可能タイヤ

    チューブ・リムテープを併用し一般のクリンチャータイヤが使用可能です。

チューブレス非対応ロードバイク用クリンチャー(エアロ)ホイールのブランド

EASTON(イーストン)チューブレス非対応ロードバイク用クリンチャー(エアロ)ホイール

EASTON(イーストン)は、1990年にアメリカで誕生したパーツブランドです。アルミとカーボンについて秀でた技術をもち、アスリートのパフォーマンスを最大限に発揮する製品の開発に取り組んでおり、多くのライダーから支持を得ています。ロード用・MTB用のホイールから、ハンドル・ステム・シートポストを主にラインナップし、フロントフォークやグリップなどの各種アクセサリーも展開しています。リムハイトの高いカーボン製ホイールは、戦闘的なフォルムで、質も高く、レーサーに人気のものとなっています。

PROFILE DESIGN(プロファイルデザイン)チューブレス非対応ロードバイク用クリンチャー(エアロ)ホイール

PROFILE DESIGN(プロファイルデザイン)は、アイアンマン唯一のオフィシャル・バー・サプライヤーとして認められたトライアスロン・バーの定番ブランドで、そのシェアは全米No.1を誇ります。代表的なパーツであるエアロバーハンドルバー(TTバー/DHバー)以外にも、ホイールやウェア、その他アクセサリも展開しており、トライアスリートのみならず、ロードレーサーたちも魅了しています。PROFILE DESIGN(プロファイルデザイン)と聞くとTTバイクやエアロロードにアッセンブルされるイメージですが、実際にTTやトライアスロンで一番多く使用されており、シェアが高く、高速巡航による空気抵抗を減らすノウハウを生かした製品作りをしています。バイクでの高速巡航をする際にはハイプロファイルのホイールは非常に有効であり、その中でもクリンチャーモデルはパンクトラブルにも対処が容易であり人気があります。また、そのデザインのカッコよさから、一般のサイクリストにも人気があります。

「レイノルズ753」といわれる名品クロモリでできたフレームはツールドフランスを何十回と制覇。近年はクロモリだけにこだわらず、アルミ、カーボンなどのチューブも提供しています。REYNOLDS(レイノルズ)と聞くと、以前まではフレームのパイプを制作しているメーカーであると思われがちでしたが、現在ではカーボンホイールのラインナップに力を入れています。チューブラーモデルはもちろんですが、カーボンクリンチャーのラインナップも増えてきています。カーボンホイールでありながらクリンチャーモデルであるため、利便性が高く出先でのパンクトラブルにも用意に対応できます。また、カーボン素材のリムを使うことで、リムハイトを高くしながらも重量を抑えることができ、オールラウンドに使用することができます。ラインナップも多いので、ユーザーの求めるホイールが見つかると思います。チューブレス非対応ロードバイク用クリンチャー(エアロ)ホイール

REYNOLDS(レイノルズ)は、イギリス・バーミンガムの自転車チューブメーカーです。

チューブレス非対応ロードバイク用クリンチャー(エアロ)ホイールについて

チューブレス非対応ロードバイク用クリンチャー(エアロ)ホイールの特徴・選び方を詳しく解説。チューブレス非対応ロードバイク用クリンチャー(エアロ)ホイールの選び方が分からない、迷ってる方に、チューブレス非対応ロードバイク用クリンチャー(エアロ)ホイールのオススメの選び方を紹介します。チューブレス非対応ロードバイク用クリンチャー(エアロ)ホイール選びにご参考ください。