マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス対応)29インチホイールの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス対応)29インチホイールの特徴

マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス対応)29インチホイールの特徴

  1. 1リム

    回転体の外周であるリムは軽量化が求められますが、下りも重視するオールマウンテン用はタフさも必要。XC用より幅は広めです。

  2. 2ハブ

    ディスクブレーキ対応のものが主流です。アクスル(車軸)は、フロント15もしくは20mmスルーアクス(貫通軸)が主流です。

  3. 3スポーク

    耐久性に優れるステンレス製や、軽量なアルミ合金製などがあります。

  4. 4使用可能タイヤ

    HE(米国)規格の26インチタイヤです。

マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス対応)29インチホイールのブランド

EASTON(イーストン)マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス対応)29インチホイール

EASTON(イーストン)は、1990年にアメリカで誕生したパーツブランドです。アルミとカーボンについて秀でた技術をもち、アスリートのパフォーマンスを最大限に発揮する製品の開発に取り組んでおり、多くのライダーから支持を得ています。ロード用・MTB用のホイールから、ハンドル・ステム・シートポストを主にラインナップし、フロントフォークやグリップなどの各種アクセサリーも展開しています。EASTON(イーストン)のホイールには軽量アルミリムを採用したモデルや、EASTON(イーストン)のカーボン技術を投入したECシリーズがあります。MTBのホイールのラインナップの中でニュートラルな特徴を持つオールマウンテン向けのホイールは現在26インチモデル・29インチモデル両方がそれぞれのモデルでラインナップされており、ユーザーのバイクに合わせて選ぶことができます。オールマウンテン向けのホイールについては、軽量なカーボンリムを採用したクリンチャーモデルがEC90・EC70で展開されています。また、耐久性のアルミリムを用いたEA90・EA70シリーズもあります。アルミリムはカーボンリムと比較すると若干重めになりますが、オフロード走行中のリム打ちに強く耐久性が高いと言えます。また、山道でのトレイルライドなどには気兼ねなく使えるアルミリムの方がよい場合もあります。ライダーの好みに合わせて選べます。

MAVIC(マヴィック)マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス対応)29インチホイール

MAVIC(マヴィック/マビック)は高性能なホイール、リムを始めさまざまなバイクシステム、ライダーズエキップメントのハイエンドな製品作りを追求するフランスのメーカーです。1889年にフランスで産声をあげ、百年を超える歴史で、本場の自転車レースと共に活躍するブランドです。確かなテクノロジーで、あらゆる自転車競技のトッププロレーサーをサポートしています。現在では、ホイール、リム、タイヤ、ペダル、ヘルメット、シューズ、アパレル等を展開しています。MAVIC(マビック)は本来リムを専門に扱うメーカーであり、そのリムを使用した完組ホイールも完成度の高さに定評があります。オールマウンテン用のMTBホイールには、ハイエンドにCROSS MAXをラインナップし、耐久性と剛性の高さに優れています。MAVIC(マビック)の完組ホイールのスポークには、強度を高めるためにアルミやカーボンから成るものを採用するモデルもあり、ハブには耐久性のためにシールドベアリングを使用しています。また、チューブレスにも対応しており、クロスカントリーのレースから山道でのトレイルライドにも幅広く使用できます。最近ではMTBのホイール径の巨大化が進んでいますが、MAVIC(マビック)のホイールも26インチ以外にも27.5インチや29インチに対応しており、様々なユーザーにご使用いただけます。

マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス対応)29インチホイールについて

マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス対応)29インチホイールの特徴・選び方を詳しく解説。マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス対応)29インチホイールの選び方が分からない、迷ってる方に、マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス対応)29インチホイールのオススメの選び方を紹介します。マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス対応)29インチホイール選びにご参考ください。