マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス対応)26インチホイールの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス対応)26インチホイールのブランド

SHIMANO DEORE XT(シマノ ディオーレ XT)マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス対応)26インチホイール

ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップコンポーネントブランドであるShimano(シマノ)。MTB(マウンテンバイク)用コンポーネントの上位に位置するDEORE XT(デオーレXT)は、レースからファンライドまであらゆるレベルのライダーのニーズに応えるべく、最上位コンポーネントであるXTRから継承された最先端のテクノロジーを盛り込んでいます。チューブレス対応のオールマウンテン用26インチホイールは、軽さと剛性を両立した設計で、過酷なトレイルでの走りをサポートします。ハイエンドモデルの技術をお求めやすい価格で提供するトレイル用ホイールが並んでいます。

FULCRUM(フルクラム)マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス対応)26インチホイール

FULCRUM(フルクラム)は、自転車をこよなく愛する若い航空宇宙工学エンジニアたちの、革新的なアイデアから誕生した自転車ホイールブランドです。設計とテストを繰り返し、最高の素材と最先端の技術を駆使した製品作りを行っています。また、フルクラムのホイールは、当初より外周の質量をリムの継目と釣り合わせる特別なリム設計「ダイナミック・バランス・テクノロジー」により作られています。この技術により、ホイールのダイナミックバランス(動的回転バランス)を得て、スムーズで歪みのない回転を実現しています。FULCRM(フルクラム)のラインナップするMTBホイールはオールラウンドに使用できる、クロスカントリーモデルがラインナップされており、エンデューロやXC、トレイルライドまでさまざまな用途で使用できます。また、FULCRM(フルクラム)のMTBシリーズの主翼とも言えるRED METALシリーズはぐグレードによって種類が多くユーザーのニーズに合わせて適切なモデルが選べるように設計されています。その中では、チューブレス対応モデルも多く、MTBのタイヤの主流になりつつあるチューブレスタイヤを使用することができます。チューブレスタイヤの恩恵は大きく、リム打ちによるパンクを防ぐだけでなく、タイヤが路面に添って潰れやすくグリップを稼ぎやすくトラクションをかけやすいです。チューブレス対応のMTBホイールを探している方におすすめです。

MAVIC(マヴィック)マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス対応)26インチホイール

MAVIC(マヴィック/マビック)は高性能なホイール、リムを始めさまざまなバイクシステム、ライダーズエキップメントのハイエンドな製品作りを追求するフランスのメーカーです。1889年にフランスで産声をあげ、百年を超える歴史で、本場の自転車レースと共に活躍するブランドです。確かなテクノロジーで、あらゆる自転車競技のトッププロレーサーをサポートしています。現在では、ホイール、リム、タイヤ、ペダル、ヘルメット、シューズ、アパレル等を展開しています。MAVIC(マビック)は本来リムを専門に扱うメーカーであり、そのリムを使用した完組ホイールも完成度の高さに定評があります。オールマウンテン用のMTBホイールには、ハイエンドにCROSS MAXをラインナップし、耐久性と剛性の高さに優れています。MAVIC(マビック)の完組ホイールのスポークには、強度を高めるためにアルミやカーボンから成るものを採用するモデルもあり、ハブには耐久性のためにシールドベアリングを使用しています。また、チューブレスにも対応しており、クロスカントリーのレースから山道でのトレイルライドにも幅広く使用できます。MTBのホイールのグレードアップを検討する方に、MAVIC(マビック)のホイールはおすすめです。

マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス対応)26インチホイールについて

マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス対応)26インチホイールの特徴・選び方を詳しく解説。マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス対応)26インチホイールの選び方が分からない、迷ってる方に、マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス対応)26インチホイールのオススメの選び方を紹介します。マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス対応)26インチホイール選びにご参考ください。