チューブレス対応シクロクロス用クリンチャーホイールの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チューブレス対応シクロクロス用クリンチャーホイールの特徴

チューブレス対応シクロクロス用クリンチャーホイールの特徴

  1. 1リム

    基本的にはロード用と同様ですが、若干幅は広めです。砂地のコースではディープリムも人気です。

  2. 2ハブ

    一般的にはアルミシェルのハブが主流ですが、高級なものはハブシェルにカーボン素材を採用し軽量化されています。ベアリングも精度の高いカートリッジタイプや、分解・調整が容易なカップ&コーンタイプがあります。

  3. 3スポーク

    ロードバイクより強度・耐久性が重視されるのでステンレス製がベーシックです。

  4. 4使用可能タイヤ

    チューブレスタイヤのほか、チューブを併用し一般のクリンチャータイヤが使用可能。リム外周側にスポークホールの無いものはクリンチャータイヤを使用する場合でもリムテープは不要です。

チューブレス対応シクロクロス用クリンチャーホイールについて

チューブレス対応シクロクロス用クリンチャーホイールの特徴・選び方を詳しく解説。チューブレス対応シクロクロス用クリンチャーホイールの選び方が分からない、迷ってる方に、チューブレス対応シクロクロス用クリンチャーホイールのオススメの選び方を紹介します。チューブレス対応シクロクロス用クリンチャーホイール選びにご参考ください。