米式(アメリカン)バルブのサイクル用チューブ26インチの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米式(アメリカン)バルブのサイクル用チューブ26インチの特徴

米式(アメリカン)バルブのサイクル用チューブ26インチの特徴

  1. 1バルブ長

  2. 素材一般的にはブチルゴムが使われますが、しなやかで乗り心地の良いラテックスゴムなどもあります。

  3. 3重量

    薄い物は軽量だが耐久性で劣りますが、分厚いものは耐久性に優れる分、重いです。

  4. 4サイズ

    一般的に適合サイズには幅があり、その範囲に入っていれば使用可能です。

米式(アメリカン)バルブのサイクル用チューブ26インチのブランド

BBB(ビービービー)米式(アメリカン)バルブのサイクル用チューブ26インチ

BBB(ビービービー)は、オランダの2人の情熱にあふれたサイクリストによって1999年に設立されました。名称は「BIKEPARTS FOR BIKERS BY BIKERS」の略で、サイクリストによる、サイクリストのための自転車パーツを開発していくことを信条としています。現在は、世界中で商品が販売され、商品点数も1500を超える巨大パーツメーカーへと成長を遂げています。チューブに関しても同様で、バルブ付近が頑丈にできており低圧使用するMTBに最適なアメリカンバルブを採用した米式チューブのラインナップも豊富です。26インチはもちろんのこと、最近のMTBのホイール径の多様化に伴ってチューブも27.5インチや29インチ規格の種類が増えてきました。そのため、ユーザーのニーズに幅広く答えることができます。価格帯も抑えられており、出先でのパンク修理セットにお一ついかがでしょうか?

KENDA(ケンダ)米式(アメリカン)バルブのサイクル用チューブ26インチ

KENDA(ケンダ)は、自転車ばかりでなく世界の自動車タイヤのOEMも手がける総合タイヤメーカー。ジョントマックをはじめエリックカーターやブライアンロープスなど様々なライダーを迎え各種MTBタイヤの開発を行っています。そのタイヤは世界中のライダーに愛用され、日本国内の各カテゴリーでも高い評価を受けています。KENDA(ケンダ)ではタイヤのラインナップはもちろん、チューブのラインナップも豊富です。チューブのバルブの種類に加えて、タイヤの径と太さごとに多くの種類があります。チューブには大きく分けて3種類ありますが、その中でもアメリカンと呼ばれる米式のチューブはバルブ付近が頑丈に作られており、低圧で使用するMTBなど向いています。また、空気を入れた後もバルブで空気圧を調整しやすく、サイズ展開も多いため便利です。KENDA(ケンダ)でも米式チューブのラインナップが多く、使用しているタイヤに合わせてチューブサイズを選ぶことができます。

MAXXIS(マキシス)米式(アメリカン)バルブのサイクル用チューブ26インチ

MAXXIS(マキシス)は、パフォーマンス、安全性、パワーと耐久力を追求し続けるタイヤメーカーです。スリックタイヤ、クロスカントリー、ロード、DH(ダウンヒル)、BMX等、レースからシティユースまで、幅広くタイヤをラインナップしています。確かなテクノロジーとプロライダーによるテストを経て製品化されています。チューブはバルブの種類によって様々な種類があり、フレンチ・アメリカン・イングリッシュが一般的です。その中でも、仏式と呼ばれるフレンチバルブを持ったチューブは、空気圧を高圧に入れられるようにできています。また、空気圧の調節も容易であり、扱いが非常に容易なモデルになります。そのため、ロードレーサーやクロスバイクなどに使用されることが多いです。一般的には米式と呼ばれるアメリカンバルブのチューブを使用するMTBですが、普段の生活の足として使用するようなMTBでは、むしろ仏式のチューブの方がメンテナンス性にすぐれ便利な点が多いこともあります。またバルブ長にも種類があり、MAXXIS(マキシス)では最大60mmまで選ぶことができます。MTBホイールによってはリムハイトが大きいものがあるので、使用するホイールに合わせて選ぶと良いでしょう。

米式(アメリカン)バルブのサイクル用チューブ26インチについて

米式(アメリカン)バルブのサイクル用チューブ26インチの特徴・選び方を詳しく解説。米式(アメリカン)バルブのサイクル用チューブ26インチの選び方が分からない、迷ってる方に、米式(アメリカン)バルブのサイクル用チューブ26インチのオススメの選び方を紹介します。米式(アメリカン)バルブのサイクル用チューブ26インチ選びにご参考ください。