仏式(フレンチ)バルブのサイクル用チューブ650cの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仏式(フレンチ)バルブのサイクル用チューブ650cの特徴

仏式(フレンチ)バルブのサイクル用チューブ650cの特徴

  1. 1バルブ長

    ハイトの低いリムには32〜40mm位のもの、ディープリムには42〜60mm位のもの、更には別途バルブエクステンダーの使用が必要な場合もあります。

  2. 2素材

    一般的にはブチルゴムが使われますが、しなやかで乗り心地の良いラテックスゴムなどもあります。

  3. 3重量

    薄い物は軽量だが耐久性で劣りますが、分厚いものは耐久性に優れる分、重いです。

  4. 4サイズ

    一般的に適合サイズには幅があり、その範囲に入っていれば使用可能です。

仏式(フレンチ)バルブのサイクル用チューブ650cのブランド

Vittoria(ヴィットリア、ビットリア)仏式(フレンチ)バルブのサイクル用チューブ650c

Vittoria(ヴィットリア)は自転車タイヤの世界的メーカーです。ロードタイヤのVittoria、MTBではGEAXとして2つのブランドを展開しています。「パフォーマンスの向上はサイクリストの役目。そこからさらに上のレベルの道具を提供するのは我々の役目」。そのような自転車文化への貢献と責任感をもったメーカーがvittoriaです。チューブもお求めやすい価格が魅力的で、650Cサイズだけでなく、多くのサイズをカバーしています。

Panaracer(パナレーサー)仏式(フレンチ)バルブのサイクル用チューブ650c

Panaracer(パナレーサー)は言わずと知れた日本のブランドで、世界のあらゆる自転車レースシーンで鍛えあげられた確かな技術により、トップレーサーの使用するモデルから一般車・車椅子に対応するタイヤやチューブまで、幅広く展開しています。サイズ展開の豊富さと、多くの自転車販売店で取り扱っていることから、おなじみのタイヤ・チューブブランドとなっています。panaracer(パナレーサー)はタイヤだけでなく、クリンチャータイヤの肝となるチューブのラインナップも充実しています。一般的なタイヤメーカーでは、ロード用の700C規格が充実していますが、国内メーカーであるpanaracer(パナレーサー)ではさまざまなサイズが展開されています。そのため、小径車からMTBまで、非常に多くの種類のタイヤに対応したチューブを見つけることができます。現在では、規模や種類が非常に小さくなってしまった650C規格ですが、現在でも対応したチューブを作り続けているのはpanaracer(パナレーサー)の強みであると言えます。panaracer(パナレーサー)のチューブはパンクリスクも少なく、長くノートラブルで使用できるのでおすすめです。

SCHWALBE(シュワルベ)仏式(フレンチ)バルブのサイクル用チューブ650c

SCHWALBE(シュワルベ)は1901年に誕生したドイツのタイヤブランドです。ツーリング用として世界一の販売量を誇る"Marathon"や、MTB用では最軽量の"FastFred"を誕生させています。開発チームはロードレースで多くのチームをサポートすることから得られるデータをブロックパターンやコンパウンドの配合に活かし、路面コンディションに合わせたタイヤ作りの開発に余念がありません。現在では、ラインナップがほとんど無くなってしまっている650C規格のホイールやタイヤですが、チューブに関してはSCHWALBE(シュワルベ)でもラインナップがあります。他のタイヤメーカーでも一部では、650C規格のチューブの製造を続けていますがバリエーションはほぼ無いと言えます。SCHWALBE(シュワルベ)のチューブは、全体的に見ても軽量性に振った作りではなく、安定した品質と耐パンク性能を重要視したものになっています。そのため、重量は他のチューブよりも少し重たくなってしまいますが、デイリーユースには最適と言えます。

仏式(フレンチ)バルブのサイクル用チューブ650cについて

仏式(フレンチ)バルブのサイクル用チューブ650cの特徴・選び方を詳しく解説。仏式(フレンチ)バルブのサイクル用チューブ650cの選び方が分からない、迷ってる方に、仏式(フレンチ)バルブのサイクル用チューブ650cのオススメの選び方を紹介します。仏式(フレンチ)バルブのサイクル用チューブ650c選びにご参考ください。