仏式(フレンチ)バルブのサイクル用チューブ29インチの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仏式(フレンチ)バルブのサイクル用チューブ29インチの特徴

仏式(フレンチ)バルブのサイクル用チューブ29インチの特徴

  1. 1バルブ長

    ハイトの低いリムには32〜40mm位のもの、ディープリムには42〜60mm位のもの、更には別途バルブエクステンダーの使用が必要な場合もあります。

  2. 2素材

    一般的にはブチルゴムが使われますが、しなやかで乗り心地の良いラテックスゴムなどもあります。

  3. 3重量

    薄い物は軽量だが耐久性で劣りますが、分厚いものは耐久性に優れる分、重いです。

  4. 4サイズ

    一般的に適合サイズには幅があり、その範囲に入っていれば使用可能です。

仏式(フレンチ)バルブのサイクル用チューブ29インチのブランド

KENDA(ケンダ)仏式(フレンチ)バルブのサイクル用チューブ29インチ

KENDA(ケンダ)は、自転車ばかりでなく世界の自動車タイヤのOEMも手がける総合タイヤメーカー。ジョントマックをはじめエリックカーターやブライアンロープスなど様々なライダーを迎え各種MTBタイヤの開発を行っています。そのタイヤは世界中のライダーに愛用され、日本国内の各カテゴリーでも高い評価を受けています。KENDA(ケンダ)ではタイヤのラインナップはもちろん、チューブのラインナップも豊富です。チューブのバルブの種類に加えて、タイヤの径と太さごとに多くの種類があります。チューブには大きく分けて3種類ありますが、その中でもフレンチと呼ばれる仏式のチューブは高圧まで空気を入れられる点が優れています。また、空気を入れた後もバルブで空気圧を調整しやすく、サイズ展開も多いため便利です。KENDA(ケンダ)でも仏式チューブのラインナップが多く、使用しているタイヤに合わせてチューブサイズを選ぶことができます。

SCHWALBE(シュワルベ)仏式(フレンチ)バルブのサイクル用チューブ29インチ

SCHWALBE(シュワルベ)は1901年に誕生したドイツのタイヤブランドです。ツーリング用として世界一の販売量を誇る"Marathon"や、MTB用では最軽量の"FastFred"を誕生させています。開発チームはロードレースで多くのチームをサポートすることから得られるデータをブロックパターンやコンパウンドの配合に活かし、路面コンディションに合わせたタイヤ作りの開発に余念がありません。SCHWALBE(シュワルベ)はタイヤ-メーカーでありながら、チューブのラインナップも様々な種類のタイヤごとに多いと言えます。チューブには仏式・米式・英式の3種類がありますが、仏式チューブは空気圧を高圧で入れることができ、空気圧の微調整も容易であるのが特徴です。そのため、一般的にはロードレーサーで使用されることを前提としていますが、市街地での移動やオンロード走行をメインとしたMTBなどには、仏式チューブの方が便利な点も多くあります。また、SCHWALBE(シュワルベ)のチューブはチューブのゴムが厚く耐パンク性能の高いので、どんなバイクでも安心してご使用になれます。

SERFAS(サーファス)仏式(フレンチ)バルブのサイクル用チューブ29インチ

サーファスは1993年にアメリカ・カリフォルニアで誕生したブランドです。サイクリングのファンであった創設者が自分たちに合う快適なサドルの開発に着手したことがそもそもの始まりです。現在ではサドルだけでなく、様々なアパレル・自転車パーツで快適な商品を展開しており、総合パーツブランドと呼べるほどの商品点数になっています。現在、serfas(サーファス)では自転車にまつわるさまざまなパーツを取り扱っており、その種類は多岐にわたります。serfas(サーファス)と聞くとフロアポンプがメジャーかと思いますが、アパレル関係のウェアやシューズに始まり、自転車パーツのタイヤやサドルなども扱っています。自転車の必需品とも言えるサイクルチューブも取り扱っており、さまざまなタイヤの種類に合わせてラインナップしています。チューブの中でも仏式と呼ばれるフレンチタイプのチューブは高圧まで空気を充填することができ、また空気を入れた後の空気圧調整も容易でおすすめです。

仏式(フレンチ)バルブのサイクル用チューブ29インチについて

仏式(フレンチ)バルブのサイクル用チューブ29インチの特徴・選び方を詳しく解説。仏式(フレンチ)バルブのサイクル用チューブ29インチの選び方が分からない、迷ってる方に、仏式(フレンチ)バルブのサイクル用チューブ29インチのオススメの選び方を紹介します。仏式(フレンチ)バルブのサイクル用チューブ29インチ選びにご参考ください。