ロードバイク用街乗り・ロングライド用チューブレスタイヤの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロードバイク用トレーニング・練習向きチューブレスタイヤの特徴

ロードバイク用トレーニング・練習向きチューブレスタイヤの特徴

  1. 1コンパウンド

    耐摩耗性の高いコンパウンドが用いられるので、レース用よりはグリップ力は劣るが長寿命のモデルが多いです。

  2. 2ビード

    リムとの勘合部はエアを保持する設計になっています。

  3. 3形状

    違和感の少ない丸に近い形状のものが一般的です。

  4. 4サイズ

    一般的には700×23cが主流ですが、エアボリュームの大きい700×25cもあり。外径の小さい650cもあります。

ロードバイク用トレーニング・練習向きチューブレスタイヤのブランド

Panaracer(パナレーサー)ロードバイク用トレーニング・練習向きチューブレスタイヤ

Panaracer(パナレーサー)は言わずと知れた日本のブランドで、世界のあらゆる自転車レースシーンで鍛えあげられた確かな技術により、トップレーサーの使用するモデルから一般車・車椅子に対応するタイヤやチューブまで、幅広く展開しています。サイズ展開の豊富さと、多くの自転車販売店で取り扱っていることから、おなじみのタイヤ・チューブブランドとなっています。panaracer(パナレーサー)ではロードレーサーのクリンチャータイヤを多くラインナップしていますが、上位モデルにはレースにも使えるタイヤがある一方で、日常生活の足として使用する自転車や練習用に使えるタイヤのラインナップも多いのが特徴です。練習用タイヤの定番であるCLOSERシリーズを始め、タイヤの耐久性の高いELITE PLUSシリーズもあります。それぞれ、エントリーモデルながらカラーバリエーションも多くバイクのドレスアップにも貢献することができます。インドアでのローラートレーニングや、レースとは分けて練習用のホイールを使用している方は、練習用タイヤとして使用してみてはいかがでしょう?

ロードバイク用街乗り・ロングライド用チューブレスタイヤについて

ロードバイク用街乗り・ロングライド用チューブレスタイヤの特徴・選び方を詳しく解説。ロードバイク用街乗り・ロングライド用チューブレスタイヤの選び方が分からない、迷ってる方に、ロードバイク用街乗り・ロングライド用チューブレスタイヤのオススメの選び方を紹介します。ロードバイク用街乗り・ロングライド用チューブレスタイヤ選びにご参考ください。