ロードバイク用街乗り・ロングライド向きクリンチャータイヤの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロードバイク用街乗り・ロングライド向きクリンチャータイヤの特徴

ロードバイク用街乗り・ロングライド向きクリンチャータイヤの特徴

  1. 1コンパウンド

    耐摩耗性の高いコンパウンドが用いられるので、レース用よりはグリップ力は劣るが長寿命のモデルが多いです。

  2. 2ビード

    折り畳み可能で軽量なケブラービードの他、廉価なスチールワイヤーも使用されます。

  3. 3形状

    違和感の少ない断面が丸に近いものが主流です。

  4. 4サイズ

    一般的には700×23cが主流ですが、エアボリュームの大きい700×25cもあり。外径の小さい650cもあります。

ロードバイク用街乗り・ロングライド向きクリンチャータイヤのブランド

BRIDGESTONE(ブリヂストン)ロードバイク用街乗り・ロングライド向きクリンチャータイヤ

日本が誇る、もはや説明不要の自転車メーカーBRIDGESTONE(ブリヂストン)。自動車やオートバイのタイヤブランドとしても大変有名です。自転車は、本格的なレースブランドであるAnchor(アンカー)から、普段の足となり、通勤・通学・お買い物を支えるシティサイクルまで展開しています。各パーツ・アクセサリも多数展開している安心の自転車ブランドです。街乗り・ロングライド用クリンチャータイヤは、耐摩耗性の高いものが展開されています。軽快な走行を犠牲にすることなく、快適性と耐久性のバランスの高いものになっています。

Vittoria(ヴィットリア、ビットリア)ロードバイク用街乗り・ロングライド向きクリンチャータイヤ

Vittoria(ヴィットリア)は自転車タイヤの世界的メーカーです。ロードタイヤのVittoria、MTBではGEAXとして2つのブランドを展開しています。「パフォーマンスの向上はサイクリストの役目。そこからさらに上のレベルの道具を提供するのは我々の役目」。そのような自転車文化への貢献と責任感をもったメーカーがvittoriaです。ロードバイク用街乗りクリンチャータイヤは、ビギナー向けロードタイヤで、排水性も考慮されたトレッドデザインのものが並びます。お求めやすい価格で提供されているのも人気の理由の1つです。

SCHWALBE(シュワルベ)ロードバイク用街乗り・ロングライド向きクリンチャータイヤ

SCHWALBE(シュワルベ)は1901年に誕生したドイツのタイヤブランドです。ツーリング用として世界一の販売量を誇る"Marathon"や、MTB用では最軽量の"FastFred"を誕生させています。開発チームはロードレースで多くのチームをサポートすることから得られるデータをブロックパターンやコンパウンドの配合に活かし、路面コンディションに合わせたタイヤ作りの開発に余念がありません。SCHWALBE(シュワルベ)のロード用タイヤには、レーシングタイヤが数多くラインナップされていますが、その中でも耐パンク性能を引き上げ、耐久性を高めたDURANOシリーズがあります。タイヤの軽量性や転がり抵抗の低さは重要なポイントですが、ロングライドやブルべではパンクリスク軽減が重要な項目になります。その点、SCHWALBE(シュワルベ)のDURANOシリーズでは、耐パンクベルトを使用したモデルが多数ラインナップされており、パンクリスクの軽減に努めています。また、自転車での通勤・通学をしている方にも、パンクリスクを抑えたDURANOシリーズがおススメです。

ロードバイク用街乗り・ロングライド向きクリンチャータイヤについて

ロードバイク用街乗り・ロングライド向きクリンチャータイヤの特徴・選び方を詳しく解説。ロードバイク用街乗り・ロングライド向きクリンチャータイヤの選び方が分からない、迷ってる方に、ロードバイク用街乗り・ロングライド向きクリンチャータイヤのオススメの選び方を紹介します。ロードバイク用街乗り・ロングライド向きクリンチャータイヤ選びにご参考ください。