マウンテンバイク(MTB)用シフトレバーの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マウンテンバイク(MTB)用シフトレバー

マウンテンバイク用シフトレバーは、ラピッドファイヤータイプとグリップタイプのシフトレバーが大半になっています。最近のモデルのほとんどがラピッドファイヤータイプのシフトレバーになっていて、操作方法も人指し指と親指で行うことができ扱いやすいものになっています。 マウンテンバイク(MTB)用シフトレバー

マウンテンバイク(MTB)用シフトレバーの詳細なカテゴリ

本体

本体

ラピッドファイヤータイプとグリップタイプなどのシフトレバーがあります。ラピッドファイヤータイプのものは、2種類のトリガーを人指し指と親指で操作するタイプのモデルになります。グリップタイプはハンドルの横についている変速機のグリップを回すことで、操作するモデルになります。

周辺部品

周辺部品

シフターを固定するシフタークランプなどを扱うものになります。

マウンテンバイク(MTB)用シフトレバーのおすすめブランド

SHIMANO ACERA(シマノ アセラ)

ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップコンポーネントブランドであるShimano(シマノ)。カジュアルMTBコンポーネントに位置するACERA(アセラ)は、ソフトなオフロード走行や、シティライド、フィットネスに最適なコンポーネントです。MTB寄りのクロスバイクなどに多く搭載されるグレードです。シフトレバーは、ギアポジションを一目で確認できるオプティカル・ギア・ディスプレイ搭載と、スムーズで軽い変速パフォーマンスが特徴的です。

SHIMANO XTR(シマノXTR)

ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップコンポーネントブランドであるShimano(シマノ)。MTB(マウンテンバイク)用コンポーネントの最高峰に位置するXTRは、ワールドクラスのクロスカントリーレースや本格トレイルライドをメインにあらゆるライダーのニーズに応えるべく最先端のテクノロジーを余すところ無く盛り込んでいます。XTRのシフトレバーは、極限の状態でも確実な変速操作を可能にすべく設計されています。モードコンバータによりダブル・トリプルの変更が可能で、多様なシフト操作を軽快で正確に実現します。MTB用シフターの最高峰です。

SHIMANO ZEE(シマノ ジー)

ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップコンポーネントブランドであるShimano(シマノ)。ZEE(ジー)は、MTB(マウンテンバイク)のフリーライド用コンポーネントです。パワフルで、コントロール性の高いディスクブレーキ、激しいライディングを支える強度と耐久性が特徴的で、ダウンヒルにおいても信頼できるコンポーネントです。ZEE(ジー)のシフトレバーは、フロントシングルなので右レバー(リア用)のみのラインナップとなります。

マウンテンバイク(MTB)用シフトレバーについて

マウンテンバイク(MTB)用シフトレバーの特徴・選び方を詳しく解説。マウンテンバイク(MTB)用シフトレバーの選び方が分からない、迷ってる方に、マウンテンバイク(MTB)用シフトレバーのオススメの選び方を紹介します。マウンテンバイク(MTB)用シフトレバー選びにご参考ください。