マウンテンバイク(MTB)用リアディレーラー本体の特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マウンテンバイク(MTB)用リアディレーラー本体の特徴

マウンテンバイク(MTB)用リアディレーラー本体の特徴

  1. 1変速段数

    8〜11段で適合するモデルが異なります。

  2. 2取付

    取付部分の規格は共通です。転倒の多いMTBでは外側の張り出しが少ない設計のモデルもあります。

  3. 3トータルキャパシティ

    「フロント最大最小ギヤの差」+「リア最大最小ギヤの差」=「トータルキャパシティ」によりショートケージ、ロングケージを選択しましょう。

  4. 4適合

    基本的にメーカーの混在は不可、同一メーカー内のシリーズ間も変速段数を中心に十分に互換性の確認が必要です。

マウンテンバイク(MTB)用リアディレーラー本体のブランド

SHIMANO ACERA(シマノ アセラ)マウンテンバイク(MTB)用リアディレーラー本体

ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップコンポーネントブランドであるShimano(シマノ)。カジュアルMTBコンポーネントに位置するACERA(アセラ)は、ソフトなオフロード走行や、シティライド、フィットネスに最適なコンポーネントです。MTB寄りのクロスバイクなどに多く搭載されるグレードです。リアディレーラーは、ワイドリンク・デザインでスムーズで軽い変速パフォーマンスをアシストします。28-34のローギアに対応します。

SHIMANO DEORE XT(シマノ ディオーレ XT)マウンテンバイク(MTB)用リアディレーラー本体

ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップコンポーネントブランドであるShimano(シマノ)。MTB(マウンテンバイク)用コンポーネントの上位に位置するDEORE XT(デオーレXT)は、レースからファンライドまであらゆるレベルのライダーのニーズに応えるべく、最上位コンポーネントであるXTRから継承された最先端のテクノロジーを盛り込んでいます。DEORE XT(デオーレXT)のリアディレーラーは、シャドーRDとシャドーRD+をラインナップし、GS・SGSのプーリーケージ展開があります。多様なスプロケットに対応し、正確でスムーズなシフティングを実現します。

SHIMANO SAINT(シマノ セイント)マウンテンバイク(MTB)用リアディレーラー本体

ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップコンポーネントブランドであるShimano(シマノ)。エクストリームMTB(マウンテンバイク)用コンポーネントの最高峰に位置するSAINT(セイント)は、ワールドクラスのDH(ダウンヒル)やハードコアトレイルライドをメインにあらゆるアクションライドのニーズに応えるべく最先端のテクノロジーを余すところ無く盛り込み、類稀な高強度を誇っています。SAINT(セイント)のリアディレーラーは、チェーン暴れ・脱落を抑えるシャドーRD+仕様で、フロントシングル対応です。プーリーケージはSSで、耐久性のあるスーパーワイドリンクデザインです。

マウンテンバイク(MTB)用リアディレーラー本体について

マウンテンバイク(MTB)用リアディレーラー本体の特徴・選び方を詳しく解説。マウンテンバイク(MTB)用リアディレーラー本体の選び方が分からない、迷ってる方に、マウンテンバイク(MTB)用リアディレーラー本体のオススメの選び方を紹介します。マウンテンバイク(MTB)用リアディレーラー本体選びにご参考ください。