マウンテンバイク(MTB)用ハブの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マウンテンバイク(MTB)用ハブの特徴

マウンテンバイク(MTB)用ハブの特徴

  1. 1フロント

    着脱の容易なクイックレバー、軽量と剛性を両立させた15mmスルーアクスル(貫通軸)、剛性を追求した20mmスルーアクスルがあり。ライディングスタイルに応じて、フロントフォークに適合するものを選びましょう。

  2. 2リア

    着脱の容易なクイックレバー、高剛性な10mm/12mmスル―アクスル。また、エンド幅(オーバーロックナット寸法)も多様なので十分に適合の確認が必要です。

  3. 3スポークホール

    リムに合わせたスポークホール数を選択しましょう。

  4. 4ベアリング

    精度の高いカートリッジタイプや、分解・調整が容易なカップ&コーンなど多様です。

マウンテンバイク(MTB)用ハブのブランド

SHIMANO DEORE XT(シマノ ディオーレ XT)マウンテンバイク(MTB)用ハブ

ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップコンポーネントブランドであるShimano(シマノ)。MTB(マウンテンバイク)用コンポーネントの上位に位置するDEORE XT(デオーレXT)は、レースからファンライドまであらゆるレベルのライダーのニーズに応えるべく、最上位コンポーネントであるXTRから継承された最先端のテクノロジーを盛り込んでいます。DEORE XT(デオーレXT)のハブは、フロント用とリア用があり、オーバーロックナット寸法やスポーク穴数を考慮にいれながらお選びいただく必要があります。

HALO(ハロ)マウンテンバイク(MTB)用ハブ

HALO(ハロー)はリムやホイール周辺パーツに特化して、イギリスでのシーンを先導しているブランドです。特にイギリスではここ10年の間にダートジャンプやBSXでのニーズが急激に増加し、HALOはその最前線でライダーのための製品を開発し続け、加えてイギリスでのデザイン、そして非常に高い水準でのパフォーマンスを生み出しています。MTB用ハブは、高い精度と強度を持ち、オプションパーツで様々なアクスル径に対応します。ハイエンドモデルは超軽量でノッチ数も多く、サイドの肉抜き加工も美しく仕上がっています。

KORE(コア)マウンテンバイク(MTB)用ハブ

MTBライダーに人気のパーツブランドであるKORE(コア)は、90年代前半の軽量シートポストのOEM生産から始まりました。93年には、正式にKOREブランドを設立し、シートポスト以外にも軽量クイックや、ライトシリーズの軽量ステムを発表しました。多くのライダーから支持され、一躍トップブランドの仲間入りを果たすこととなりました。現在でも、主にMTBシーンの各種パーツをラインナップしています。

マウンテンバイク(MTB)用ハブについて

マウンテンバイク(MTB)用ハブの特徴・選び方を詳しく解説。マウンテンバイク(MTB)用ハブの選び方が分からない、迷ってる方に、マウンテンバイク(MTB)用ハブのオススメの選び方を紹介します。マウンテンバイク(MTB)用ハブ選びにご参考ください。