シクロクロス用スプロケットの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シクロクロス用スプロケット

シクロクロス競技では、ロードレースのような細かいギアのつながりだけでなく、ギア比の広さも必要となってきます。 これは、シクロクロスのレース中は平地だけでなく、急な斜面の上り下り・泥セクション・砂セクションなど、軽いギアが必要な場面が多いからです。 そのため、ロードで使うギアよりも1、2枚軽いギアを持つスプロケットを使用する選手が多いです。 以前は、歯数が大きいスプロケットを使うためにMTB用のスプロケットを使う選手が多かったものの、最近は各コンポーネントメーカーからワイドレシオなスプロケットがラインナップされ、スプロケットの選択肢が増えたと言えます。 また、ロードコンポの多段化に伴い、ワイドレシオでありながらもクロスレシオなスプロケットが増え、ギアのつながりも非常に良くなっています。 シクロクロス用スプロケット

シクロクロス用スプロケットの詳細なカテゴリ

本体

本体

スプロケットを選ぶ際には歯数を1つの基準として決めると良いでしょう。

周辺部品

周辺部品

カセットスプロケットにまつわる、ロックリングなどのオプションパーツです。

シクロクロス用スプロケットのおすすめブランド

SHIMANO 105(シマノ105)

ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップコンポーネントブランドであるShimano(シマノ)。ロード用コンポーネントのミドルグレードに位置する105は、DURA-ACEやULTEGRAで培われたテクノロジーをエントリーユーザーにも手の届く価格帯に設定することで、ホビーライダーを中心に多くの支持を集めています。ロードバイク寄りのシクロクロス車には、よくShimano 105が採用されています。デュアルコントロールレバーに105が使用される事が多く、スプロケットも105でそろえて使用される方が多いようです。

シクロクロス用スプロケットについて

シクロクロス用スプロケットの特徴・選び方を詳しく解説。シクロクロス用スプロケットの選び方が分からない、迷ってる方に、シクロクロス用スプロケットのオススメの選び方を紹介します。シクロクロス用スプロケット選びにご参考ください。