シクロクロス用デュアルコントロールレバーの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シクロクロス用デュアルコントロールレバー

シクロクロスレース中は、常に不整地を走らされるため、デュアルコントロールレバーやエルゴパワー、ダブルタップと言った変則機付きブレーキレバーが用途に適しています。 それは、路面の変化にすばやく反応し、ブレーキレバーを握りながらも変則が可能だからです。 その中でも近年急激に発達を遂げた電動変速機構を持ったブレーキレバーはハードなコンディションで走らされながらも、正確な変則を要求されるシクロクロスでは非常に有効だといえるでしょう。 また、シクロクロスに特有の「補助ブレーキ」も一般的に発売されており、ドロップハンドルの中央にMTBのブレーキレバーのように取り付けられるものがあります。 この「補助ブレーキ」により、ドロップの先のブレーキレバーだけでなく、バーの上を持つような状況でもブレーキをかけられるメリットがあります。 「補助ブレーキ」を取り付けることで、一見初心者の自転車にも見えてしまいますが、国内のトッププロの中でも使用する選手も数多く、確実なアドバンテージになるでしょう。 シクロクロス用デュアルコントロールレバー

シクロクロス用デュアルコントロールレバーの詳細なカテゴリ

ワイヤー用

ワイヤー用

現在、使用されている変速機付きのブレーキレバーがワイヤー式になります。定期的なワイヤー交換が必要になりますが、各メーカーのグレードごとの種類も多く選択肢が非常に多いのが強みです。シクロクロスのレースでは、毎レースごとに洗車をするため、耐久性に優れたものを選ぶのが良いでしょう。また、変速系統だけでなく、ブレーキの引き量についても互換性があるため、使用するブレーキやディレーラーの互換性を確認してから選ぶのがよいでしょう。

電動用

電動用

最近では電動変速のコンポーネントが普及してきており、シクロクロスにおいても例外ではありません。特に、電動変速の場合には一度セッティングしてしまえば、その後はバッテリーの充電だけでほとんどメンテナンスフリーであることがメリットとして挙げられます。また、使用経過に伴って変速が狂うことも少ないため、過酷な状況でレースを行うシクロクロスにおいては絶対的なアドバンテージになります。

周辺部品

周辺部品

変速機付きのブレーキレバーに関する周辺パーツです。

シクロクロス用デュアルコントロールレバーのおすすめブランド

SHIMANO 105(シマノ105)

ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップコンポーネントブランドであるShimano(シマノ)。ロード用コンポーネントのミドルグレードに位置する105は、DURA-ACEやULTEGRAで培われたテクノロジーをエントリーユーザーにも手の届く価格帯に設定することで、ホビーライダーを中心に多くの支持を集めています。ロードバイク寄りのシクロクロス車には、よくShimano 105が採用されています。105のデュアルコントロールレバーは特にレースで勝利を目指すライダーに使用されています。リアの変速段数が異なると互換性がありませんので、選ぶ際は注意する必要があります。

シクロクロス用デュアルコントロールレバーについて

シクロクロス用デュアルコントロールレバーの特徴・選び方を詳しく解説。シクロクロス用デュアルコントロールレバーの選び方が分からない、迷ってる方に、シクロクロス用デュアルコントロールレバーのオススメの選び方を紹介します。シクロクロス用デュアルコントロールレバー選びにご参考ください。