サイクル用メンズビブニッカー(3/4タイツ)の特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイクル用メンズビブニッカー(3/4タイツ)の特徴

サイクル用メンズビブニッカー(3/4タイツ)の特徴

  1. 1パッド

    パッド本来の役目はクッションではなく通気性です。

  2. 2肩ひも

    肩ベルトでズリ落ちを防止するので、レーサーパンツなどに比べるとウエストの締め付けはありません。

  3. 3ひざ下丈

    ニッカー(3/4タイツ)の特徴はひざ下丈まであることです。ですのでひざを故障したことがある方、またしている方の保護、保温効果があります。

  4. 4素材

    ほとんどのものがペダリングの邪魔をしない伸縮性のある素材でできています。

サイクル用メンズビブニッカー(3/4タイツ)のブランド

Biemme(ビエンメ)サイクル用メンズビブニッカー(3/4タイツ)

Biemme(ビエンメ)は、1978年イタリア北部にて創業のスポーツウェアブランドです。3大ツールやプロツアー参加チームを始めとする歴代の有名ロードレースチーム・選手にウェアを供給し絶大なる信頼を得ています。カーボンやシルバーを生地に織り込んだ素材を使用する等、常に革新的機能のウェアをリリースし、その洗練されたデザインと共にヨーロッパでは一般サイクリストにも大変人気のブランドです。ほとんどのサイクルウェアのメーカーでは、生産拠点を他国に移す傾向がありますが、Biemme(ビエンメ)は現在でも全て本国イタリアで作成を行っており、そのこだわりが垣間見えます。また、30年以上のブランドの歴史に中でツールで走るトッププロチームにウェアをサポートしてきたことで、トップライダーからのフィードバックを受けてBiemme(ビエンメ)のウェアはさらに進化してきています。ビブショーツはお腹周りのゴムではなく、肩から延びるショーツによってパンツ部分を支えているため、深い姿勢を取った時にもお腹周りに負荷がかからなく、ライドに集中することができます。また、飛び乗りが多いシクロクロスやクロスカントリーにも向いていると言えます。ニッカタイプのビブパンツは膝までショーツで覆われるため、膝回りの運動をサポートし、肌寒い時期などには膝の保護にもなります。パッドが優れたBiemme(ビエンメ)のビブショーツがおすすめです。

ETXEONDO(エチェオンド)サイクル用メンズビブニッカー(3/4タイツ)

ETXEONDO(エチュオンド/エチェオンド)は、スペインバスク地方に位置するメーカー。スペイン北部は自転車競技(ロード)が大変盛んな地域で、季節の変化があり山岳の多い厳しい環境が、いくつもの名門チーム、名選手を生み出してきました。そんな過酷な気象条件で最大限にライダーの力を発揮できるロードウエアを創り出そうと、1976年に創立されたのがETXEONDOです。明暗の分かれたシンプルなカラーリングを施しながらも、人気のあるデザインを作り続けるETXEONDO(エチュオンド/エチェオンド)のレーサージャージは、日本でも多くのサイクリストに愛用されています。メーカーとしてトッププロにジャージを供給してきたことで製品のフィードバックを受け、サイクルジャージとしての機能性を高めてきました。その中で、GORE社のWIND STOPPERなどの機能性に優れた素材を使うなど、更なる進化を遂げています。ニッカタイプのレーサーパンツは膝下まで丈があるため、膝の動きをサポートしつつ関節の負荷を減らす役割もあります。春先や秋など肌寒いシーズンにも重宝するモデルになっています。

サイクル用メンズビブニッカー(3/4タイツ)について

サイクル用メンズビブニッカー(3/4タイツ)の特徴・選び方を詳しく解説。サイクル用メンズビブニッカー(3/4タイツ)の選び方が分からない、迷ってる方に、サイクル用メンズビブニッカー(3/4タイツ)のオススメの選び方を紹介します。サイクル用メンズビブニッカー(3/4タイツ)選びにご参考ください。