サイクル用キッズ・ジュニアグローブの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイクル用キッズ・ジュニアグローブの特徴

サイクル用キッズ・ジュニアグローブの特徴

  1. 1掌の素材

    耐久性のある合成皮革系の素材が使われており、同時にグリップ力を増す工夫がされています。

  2. 2甲の素材

    伸縮性のある化学繊維が主流です。通気性のよいメッシュ素材など多彩なラインナップがあります。

  3. 3掌のパッド

    親指の付け根やハンドル接触部分にクッションになるパッドを配置してあり、ライディングの疲れ、負荷を軽減します。

  4. 4シルエット

    握力がない子ども用にグリップを握った状態を考慮したカッティングをしてあるものもあります。

サイクル用キッズ・ジュニアグローブのブランド

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)サイクル用キッズ・ジュニアグローブ

LouisGaruneau(ルイガノ)は、1983年に誕生したカナダのスポーツ用品メーカーです。高い独創性と製品企画、技術開発により業界でも指折りのブランドとして賞賛されています。サイクルウェアの製造がブランドの始まりでしたが、今では自転車関連製品だけにとどまらず、スキー、フィットネス、スイミングなど多岐にわたり展開され、欧米を中心にアジア、オセアニアなど世界各国でルイガノ製品が販売されています。キッズ・ジュニア用グローブは、ベーシックなカラーデザインのハーフフィンガーグローブがラインナップされています。吸汗性が高く、まだまだ未熟なキッズライダーの手を守る大切なアイテムです。

BBB(ビービービー)サイクル用キッズ・ジュニアグローブ

BBB(ビービービー)は、オランダの2人の情熱にあふれたサイクリストによって1999年に設立されました。名称は「BIKEPARTS FOR BIKERS BY BIKERS」の略で、サイクリストによる、サイクリストのための自転車パーツを開発していくことを信条としています。現在は、世界中で商品が販売され、商品点数も1500を超える巨大パーツメーカーへと成長を遂げています。自転車パーツの総合メーカーとなり、自転車に関するものであれば何でも扱うようになったBBB(ビービービー)ですが、価格帯も抑えられており種類も多いことから、多くのユーザーから高い評価を得ています。BBB(ビービービー)というメーカー自体がものすごく有名である訳ではありませんが、品質もよくユーザーの要望にしっかり応えている商品が多いと言えます。サイクルグローブもラインナップしていますが、メンズ・レディースに加えてキッズサイズもラインナップしています。一般的なメーカーでは、ジュニア用のサイクル用品はあまりラインナップされていませんが、サイクルパーツ総合メーカーであるBBB(ビービービー)ならではの良さであると言えます。

Crazy-Stuff(クレイジースタッフ)サイクル用キッズ・ジュニアグローブ

Crazy-Stuff(クレイジースタッフ)は、デンマークのキッズ向けバイシクルアクセサリーブランドです。とても可愛いヘルメットや前後ライト、ロックやリフレクターなどが並びます。動物をモチーフにした3Dデザインは、お子様自身も喜んでいただけるものになっています。ヘルメットの安全規格もクリアし、リーズナブルな価格で、パパ・ママにも嬉しい商品が並んでいます。動物をデフォルメしたキャラクターを用いたグローブはお子様から人気があり、同じく動物の頭部をかたどったCrazy-Stuff(クレイジースタッフ)のヘルメットと一緒に注文されることが多いです。お子様が自転車を始めるに当たって、安全のためにヘルメットは重要ですが、転んだ時にグローブを付けていることで防げる怪我も多いです。これから自転車を始めるお子様や、今も自転車に乗っているお子様向けに、Crazy-Stuff(クレイジースタッフ)のグローブがおすすめです。

サイクル用キッズ・ジュニアグローブについて

サイクル用キッズ・ジュニアグローブの特徴・選び方を詳しく解説。サイクル用キッズ・ジュニアグローブの選び方が分からない、迷ってる方に、サイクル用キッズ・ジュニアグローブのオススメの選び方を紹介します。サイクル用キッズ・ジュニアグローブ選びにご参考ください。