サイクル用キャリアの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイクル用キャリア

自転車に荷物を搭載するときに必要なキャリアです。フロントホイール周辺に取り付けるフロントキャリア、リアホイール周辺に取り付けるリアキャリア、シートポストに取り付けるシートポストラックがあります。シートポストラックはキャリア取り付け用のダボ穴がない自転車にも使用できます。またパニアバッグを取り付けられる枠がついたモデルもあります。取り付け方法や必要耐荷重に合わせてお選びいただけます。 サイクル用キャリア

サイクル用キャリアの詳細なカテゴリ

リアキャリア

リアキャリア

ツーリングや買い物に便利なリアキャリア(後ろ荷台)です。取り付けには自転車がダボ穴を備えていることが必須です。また、ブレーキなどと干渉する場合もあるので現物合わせが必要な場合もあります。一部車種専用設計のキャリアもあるので、対応ホイール径や耐荷重などに気を配りながら選ぶ必要があります。

フロントキャリア

フロントキャリア

前カゴや、フロントバッグの装着に必要なフロントキャリア。取り付けに必要な部分はキャリアによって様々です。フロントフォークにダボ穴や、Vブレーキ台座、フォーククラウンのセンターに取り付け用の穴が必要なものがあります。カゴやバッグをつけるときはブレーキレバーやワイヤーに支障がないかどうかも考える必要があります。

シートポストラック

シートポストラック

ダボ穴のないロードバイクやMTBに取り付けることのできるリアキャリアです。手軽ですが、構造上重いものを搭載する事はできず、カーボンシートポストには利用できません。また、シートポストの露出量がほとんど無い状態で乗られている場合も取り付けできません。用途や自転車にあっているか確認しながら選ぶ必要があります。

アクセサリ

アクセサリ

各種キャリアの補修部品や、荷物積載用のゴムひも・ネットを取り扱っています。キャリアに取り付ける便利なパーツや、キャリアを取り付けるための小物もこのカテゴリに含まれます。

サイクル用キャリアのおすすめブランド

NITTO(ニットー)

NITTO(ニットー)は、ハンドルバーからキャリアまで展開する高品質なサイクルパーツブランドです。ハンドルバー、ステム、キャリアなどのパーツを主に扱い、溶接部の仕上がり、アルミの表面仕上げなどは一級品です。高品質で世界に誇れる日本の自転車パーツメーカーです。キャリアは、長距離・長時間ツーリングに対応するキャンピーシリーズが有名です。強固で仕上がりのよいキャリアが人気です。他にもフロントキャリアや、ダボ穴がない自転車に対応するバッグサポーターなども展開しています。

TOPEAK(トピーク)

TOPEAK(トピーク)は、ポンプ、キャリア、バッグ、フェンダー、工具など様々なサイクルパーツを展開する総合ブランドです。サイクリストのニーズを聞き、バイクをより愉快にし、新しい感動を与え、今以上に自転車を快適に、よくしたいという望みから製品が生まれています。トピークのキャリアは、WサスのMTBにも取り付け可能なシートポストラックから、ベビーシートを乗せることを想定したもの、ディスクブレーキ搭載の自転車用に設計されたものまで多くのラインナップを展開し、幅広い車種に対応しています。専用のバッグが取り付けられるタイプも人気です。

tubus(チューブス)

tubus(チューブス)はドイツのキャリア専用メーカーです。ドイツ製の鉄鋼は日本製と並ぶほどの品質を誇り、その堅実なデザインと丈夫なキャリアは、世界中のポタリストや旅行者から信頼を得ており、魅了しています。前後とも様々な種類のキャリアが展開され、取り付けのためのオプションパーツも展開されています。サイドバッグなどを取り付ける仕様のものが多く、低重心で安定性を高めた走行をサポートします。

サイクル用キャリアについて

サイクル用キャリアの特徴・選び方を詳しく解説。サイクル用キャリアの選び方が分からない、迷ってる方に、サイクル用キャリアのオススメの選び方を紹介します。サイクル用キャリア選びにご参考ください。