HOME / 

商品紹介 / 

MAVIC COSMIC CXR80 WTS TUBULAR 新登場!

投稿者:admin

MAVIC COSMIC CXR80 WTS TUBULAR 新登場!

Pocket
LINEで送る

COSMIC CXR80

こんにちは!
最近は一段と気温も下がってきて、朝起きるのが辛い時期になりましたね。
風もつよいし寒いし、通勤・通学で自転車に乗っている方の苦労をお察しします。。。

 

今回は、”エアロ”を追い求めたホイールのお話です。

 

MAVIC (マヴィック)より、新世代エアロホイールが発売されました!
Cosmic CXR 80 TUBULAR(ペア)

mavic cosmic CXR80 

mavic cosmic CXR80 

リムハイトは80mmなので、ローハイトのホイールを履いている方は、こちらに履き替えたらエアロ効果を実感できるのではないでしょうか??
重量については、前後ペアで1630gと、同じ80mmハイトの「COSIMIC CARBON 80 TUBULAR」よりも120gの軽量化に成功しています。
…ですが、このホイールについての最大の特徴については、

 

CX01ブレード

というMAVICが始めたシステムです。何かと言いますと、一般的にリムとタイヤの間には隙間ができちゃいますよね?
究極的にエアロ効果を追い求めるとき、この隙間によって乱気流が発生して、ロスが発生してしまうんです。
そこで、MAVICが考えだしたのが、

 

CX01ブレードなのです!!

 

つまり、この隙間を埋めれば良いのだと。そのために、

CX01ブレード

CX01ブレード

CX01ブレード

CX01ブレード

写真のようなテープをはることで、リムとタイヤをなめらかに接続しているのですよ!
さらに、MAVICはエアロ追求において妥協をしません!
リムの頂点側ついては、三角・台形にするのではなく、楕円形にしています。

 

これにより、空気の流れをスムーズにしています。
また、このホイールのリム幅は、28mmと一般的なロードホイールと比較して太めですが、これもエアロ効果を狙ってのことだとか。

cosmic carbon CXR80 リム断面

cosmic carbon CXR80 リム断面

 

これは、MAVICのホイール全般に言えることなのですが、MAVICホイールはshimanoの11sに対応したホイールです。
そう、今までMAVICのホイールにshimanoの10sのカセットをつけるときは、MAVICの専用スペーサーをつけていましたよね?

 

mavic m-10フリー

mavic m-10フリー

”これ”を外すことで、shimmanoの11sのカセットをつけることが可能なのです。
現在、shimano DURA-ACE 9000系のデリバリーが始まり、11s化を考えていらっしゃる方も多いと思います。
そんな方にも、おすすめできる一品です!

 

現在、QBEIではMavic Cosmic CXR80 (ペア)を在庫しています。
来春のロードシーズン前にホイールを用意したい方、冬季のトレーニングで使いたい方など、 ぜひお早めに!

 

MAVIC COSMIC CXR80 WTS TUBULAR

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:admin

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読