HOME / 

QBEIスタッフ日記 / 

大人気のI live light 蛙シリーズに追加カラーとLED登場です!

投稿者:admin

大人気のI live light 蛙シリーズに追加カラーとLED登場です!

Pocket
LINEで送る

一部で熱狂的な人気を博しているという噂のI live light (アイリブライト) 蛙シリーズに、新色・新LEDカラーが登場いたしましたのでご紹介です。

I live lightについて詳しくご覧になりたい方は
最初にご紹介した時の記事をこちらからどうぞ!(動画あり)

ilivelight_three.jpg

今回登場した新色は、赤水玉・ピアノブラック・プラチナの三つです。

ilivelight_redwhite.jpg

赤水玉はこれまでのヤドク系とは異なる鮮やかな水玉が魅力でしょう。どこかの山岳に心を誘うかのようですね。クライマーの皆さん、愛車の片隅に赤水玉、チョコンと乗せて山に行ってみませんか?

ilivelight_pianoblack.jpg

そしてピアノブラック。これまでのラインナップの中で一番シブイ塗装なんじゃないでしょうか。テカリを帯びた黒地に、金色の塗装が施されています。茶器や蒔絵を思わせるような配色です。
正直に言えば私は一番これが好みですね~。

ilivelight_platinum.jpg

最後はプラチナです。これは、これまでのラインナップ「金」に対応したプラチナカラーということですね。塗装のテカリ具合などは金色と同様です。
プラチナを見たことのない私は、はじめは完全に銀色が追加されたのだと思っていました。上の写真では少し青っぽいですが、実物はほぼ銀色です。
世の人は金色派と銀色派に分かれるといいますが、銀色派の皆さん、ついに待望のプラチナガエルですよ!

さらにLEDですが、これまでのホワイトとグリーンのみのラインナップに、今回レッドが追加されました!これでリアの安全もカエルに任せられる日が来ました!
(ただあくまで補助灯としてご使用下さい。)

ilivelight_redled01.jpg

今回のラインナップのピアノブラックのレッドLEDを光らせたりなんかした日には、怪しさ満点!
手のひらにそっと乗せてみれば、カエルの声が聞こえてくるかもしれません!

なお12月1日現在のところ、ゴマ青とゴマ水色、全てのヤドク系にはレッドLEDはございません。

さてご紹介して参りました、I live light (アイリブライト) 蛙シリーズ(当店内ではカエルライトと呼ばれています)ですが、本当に丁寧に作られた商品という印象を持ちました。カエル本体は当然の事として、取り付けアダプタから専用ケース、果ては説明書の至るまで全ての部分に工夫が凝らしてあるのです。

丁寧に作られていて、なおかつ遊び心にも溢れている。端々にカエルへの愛が溢れているそんな商品です。
下は私が一番感心したカエルの裏側の様子。足の指まで作りこんであります!
撮影中に発見したのですが、写真右端の新発売の赤水玉だけ足指の作りが違います。
商品改良を続けておられる証拠だと思いました。

ilivelight_backside01.jpg

実は、正直に言えばライトとしての性能はけっして優れているとは言えません。
ライト部分がかなり小さいのです。

しかし、公式ウェブサイトを見てみると、
「ライトが蛙の形をしているのではなく、蛙のフィギュアにセーフティーライトの機能を付加した」というコンセプトが書かれています。
そう、ライトじゃないんです!フィギュアなんです!

物凄く作りこまれたカエルのちっこい目玉がピコピコ光る。
そんな冗談のような商品でちょっと一息入れてみませんか?

I live light (アイリブライト) 蛙シリーズ おすすめです!

商品ページはこちらです!→ I live light (アイリブライト) 蛙シリーズ

I live light (アイリブライト) 蛙シリーズ  公式ウェブサイトはこちら
bannar-ill234-60.gif
http://www.ilivelight.jp/

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:admin

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読