HOME / 

QBEIスタッフ日記 / 

TOPEAK(トピーク) WhiteLite HP(ホワイトライトHP) 1W-…

投稿者:morita

TOPEAK(トピーク) WhiteLite HP(ホワイトライトHP) 1W-AA

Pocket
LINEで送る

20101114-topeak-whitelite-hp-1w-aa-1.JPG

TOPEAK(トピーク) WhiteLite HP(ホワイトライトHP) 1W-AA

こんにちは。QBEIスタッフの もりたです。
今日は紅葉狩りツーリングの必需品、ライトのご紹介です。

西陽を透かして見る紅葉がわたしは大好きなので、目的のポイントに着いてからけっこう長居をしてしまいます。
そのときはとても気持ちよくくつろぐんですが、そのせいで帰りはいつも真っ暗道になってしまいます。
なので、明るくて広く照らしてくれるライトがあると心強いです。そこで最近はこのライトを使っています。
ついこの前も、奈良県曽爾村から三重県名張市の赤目に山越えしたのですが、このルートはいつまで続くかわからないような登りに、これもいつまで続くかわからないような下りという感じで、だんだん日も暮れてくると、とっても心細くなる道です。
数年前にこのルートを通ったときは、0.5ワットもないライトを使っていたのですが、あまり遠くまで光が届かず、先の道が見えなくて、スピードもかなりセーブしないと進めませんでした。でも今度使ったこのライトですと、30、40メートル先の道路のふちの白色反射板も光が届いてしっかり見えるので、道の曲がり具合がよくわかって、とても助かりました。鹿もすぐどいてくれました。

TOPEAK(トピーク) WhiteLite HP(ホワイトライトHP) 1W-AA  TOPEAK(トピーク) WhiteLite HP(ホワイトライトHP) 1W-AA

主な仕様については、商品ページに記載してますが、それ以外に補足しますと・・・・

①電圧低下インジケーター
ヘッド部のやや後ろにある、ボディーをぐるっと1周するリング状の透明窓です。電圧が低下してくると、ここが赤く点灯するようになっています。
前回使用時に赤く点灯しだしましたが、それでもまだまだ十分な明るさでした。

②電池交換
レンズ部をひねって、キャップ状にボディーから外すと、中に電池ボックスが入っています。この電池ボックスに直にLEDが付いているため、レンズキャップの開け閉めによって電気の接触端子をいためてしまう心配がありません。
(レンズ部の方にLEDが付いていると、ボディーにはめてひねるときにキャップと電池ボックスの両側の端子をいためてしまうことがあります)
また電池ボックスの形も、上下を間違っては入れられないように工夫されていますし、LEDの付いている方が前なので、差し込む向きを間違えることもありません。

TOPEAK(トピーク) WhiteLite HP(ホワイトライトHP) 1W-AA  TOPEAK(トピーク) WhiteLite HP(ホワイトライトHP) 1W-AA

ホワイトカラーがちょっとかわいい感じでおすすめです。

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:morita

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読