HOME / 

商品紹介 / 

2019年モデル ARAYA(アラヤ)展示会 最新情報

投稿者:qbei

2019年モデル ARAYA(アラヤ)展示会 最新情報

Pocket
LINEで送る

ARAYA(アラヤ)

石川県加賀市にルーツをもつ日本の自転車メーカーARAYA(アラヤ)。もともとはリムの製造から始まっており、自転車を開発したときには「ツバメ自転車」というブランドネームを使用していました。ツーリングブームの時代に、上質なスポルティーフやランドナーを数多く生産した事でも有名。現在も、新しい技術を取り入れながらも、オーソドックスなスタイルで時代の流れにとらわれないツーリングバイクを数多くラインナップしています。


CX MUDDY FOX CX (CXマディフォックスCX)

 

CX

CXは期待に応えるべく、さらにその装いを新しくしました。CXは気軽に街中から砂利道まで快走するグラベルコミューターとして、CXGはさらに遠くへも視野を広げるグラベルツーリングへ特化。
そのどちらもが天候や路面のコンディションに性能を左右されにくいディスクブレーキを装備し、共通のフレーム設計には、選択肢の広いフラットマウントのディスクブレーキ台座、SHIMANO E-Thruアクスルへ交換可能なドロップアウト、テーパードコラムに対応できるφ44のヘッドチューブを採用。加えて、ワイドタイヤを装着出来る懐の深さと、多用途に使えるボトル台座をダウンチューブ裏、フォークブレードにまで備えています。まさにCX(SEEKS)の追い求める、ジャンルをクロスオーバーする作りと言えるでしょう。

定価: 91,800円(税込)

サイズ: 460mm、500mm、540mm

カラー: バーンブラック

フレーム:オールクロモリMIDサイズ ダブルバテッドTIGフレーム

フォーク:クロモリオリジナルユニクラウンフォーク 1-1/8” AHEAD

ヘッドセット:FSA No.11N インテグレーテッド AHEAD 10mm×3 / 5mm×2 スペーサー

BBセット:SHIMANO CLARIS


CXG MUDDY FOX CX GRAVEL(CXGマディフォックスCX グラベル)

新たなるCX

クロスバイクの始祖たるARAYA CXは、ロードレーサーとマウンテンバイクのハイブリッドバイクとして1988年に誕生しました。 当初はMTBよりも日本のオフロードでのツーリングを考えたモデルであり、それは現在のシクロクロスにも通ずるところがあると言えるでしょう。 クロスバイクはその用途を広げ、走行するフィールドも変わりました。ただ街中の舗装路を走るだけでなく、河川敷やあぜ道のような砂利道(グラベルロード)を快走したい。 それもロードバイクのように颯爽と。さらにはランドナーのような積載性も欲しい。

定価: 108,000円(税込)

サイズ: 460mm、500mm、540mm

カラー: バーンブラック、サンライトイエロー

フレーム:オ-ルクロモリ MID サイズ ダブルバテッド TIG溶接フレーム

フォーク:クロモリ オリジナルユ二クラウンフォ-ク 1-1/8″ AHEAD

ヘッドセット:FSA No.11N インテグルーテッド AHEAD 10mm×3/5mm×2 スペ-サ-

BBセット:SHIMANO CLARIS


DIAGONALE (ディアゴナール) DIA

速く快適なブルベとは

ランドナーと同じく、日本のスポーツ車の故郷でもあるフランスに源を辿るディアゴナール。 フランス全土のディアゴナール、つまり対角線にあたるコースを制限時間内に走る長距離サイクリングのことで、現在で言うところのブルベ、ロングライドになります。 レースではありませんが、スポーツ志向の高いサイクリングと言えましょう。 また同時に、ツーリングに必要なスキルや装備も必要になるものです。 長距離を、速く、そして快適に走るためにスポーツ車を見つめなおしました。 高速ツーリングに適した700Cホイールには、ロードより少し太めのタイヤを履き、機能性を重視してロード系コンポーネントを装備。 日本のツーリングに必要なフェンダーもリヤ分割式の、オリジナル設計で装備しました。 スポーツ車の定番700Cホイールモデルにも、ARAYAの独創を提案いたします。

定価: 91,800円(税込)

サイズ: 460mm、500mm、540mm

カラー: ディープグレー、ライトベージュ

フレーム:クロモリ MIDサイズ シ-トアウタ-バテッド TIG溶接フレーム

フォーク:ハイテン ユ二クラウン 50mmオフセット 1” スレッド

ヘッドセット:CH CH-907JN マイクロアジャスト カ-ト リッジベアリンゲ

BBセット:SHIMANO CLARIS


EXR EXCELLA RACE (EXRエクセラ・レース)

 

プロダクションロードの追求

競技機材であるロードは、速く走ることが第一義。また、速く走れるということは、軽く楽に走れることも可能。 もっと多くの方に愉しんでもらいたい自転車です。しかし、ロード特有のドロップハンドルや価格的なことなどがハードルになっているのが現実でした。 エクセラレースは、競技機材としてのスペックを備えながらも、あらゆるハードルを低くしました。 扱い易いデザインの軽量アルミフレームや、軽量カーボンフォークにより、スポーツ車として誰もが実感できる、8キロ台半ばの超軽量化を実現。 浅めのドロップバーに装着された、扱いやすいコンパクトなデュアルコントロールレバーは操作性に優れ、ドロップハンドルが手の動きに合ったハンドル形状であることを実感できることでしょう。 メインコンポーネントだけでなく、細部まで高性能を追求し、現実的な価格をも実現しました。 プロダクションによるロードは、多くのライダーのためにあるはず。これもまた、ひとつの日本のスポーツ車のカタチと考えます。

定価: 118,800円(税込)

サイズ: 440mm、480mm、520mm

カラー: マットブラック、 エクセラレッド、 エクセラブルー

フレーム:アルミ 6061 RCR ダブルバデッド TIG フィレットブレ-ズフレ-ム

フォーク:COLUMBUS FEL フルカ-ボン 1-1/8″ – 1.5″ テ-バ-ド AHEAD

ヘッドセット:FSA ORBIT C-40 インテグレ-テッド AHEAD 10mm×3/5mm×2 スペ-サ-

BBセット:SHIMANO TIAGRA

 


FEDERAL (フェデラル) FED

サイクリング車への回答

スポーツ自転車の原点は、移動する愉しみであり、ツーリング、スポーツライディングから街乗りまで多くの意味合いを含んだ「サイクリング」につきます。 スポーツ車が多くのバリエーションから選べるようになったのは嬉しいことですが、気持ちよく移動するためのスポーツ車を選ぶのは案外難しいものです。 かつて、ランドナーの豪華な仕様を簡素にまとめ、サイクリングのための自転車としてフェデラルカテゴリーが提唱されました。 それを現代に訳した回答がここにあります。シンプルなデザインの中にサイクリングというベーシックな性能を凝縮させ、所有するためのハードルを下げた中にも高機能とハイグレードな仕様を奢りました。 日本の標準ホイールサイズとも言える26x1ー3/8を装着したプロポーションは、ある意味新鮮なスポーツ車と言え、ホイールの補修性にも優れます。

定価: 66,960円(税込)

サイズ: 440mm、500mm、540mm

カラー: ディープブル、フォレストグリーン、キャニオンブラウン

フレーム:クロモリ MIDサイズ シ-トアウタ-バテッド TIG溶接フレーム

フォーク:ハイテン ユ二クラウン 60mmオフセット 1” スレッド

ヘッドセット:CH CH-907JN マイクロアジャスト カ-ト リッジベアリンゲ

BBセット:CH CH-52 カ-トリッジBB 68-123mm

 


MFB MUDDYFOX MFB (MFBマディフォックスMFB)

マウンテンバイクの進化とともに

マウンテンバイクは進化を続けます。ビーチクルーザーの改造形に始まったとされるマウンテンバイクは、クロスカントリー、ダウンヒル、ダートジャンプと競技の枠を広げながらも、オールマウンテン、トレイル、ストリートと気軽な楽しみ方をも提案しています。 「使い方」という枠にとらわれず、林道ツーリングやパスハンティングといったカテゴリーにまで用いられる、まさに垣根を飛び越えた万人向けの自転車と言えるでしょう。 第一次マウンテンバイクブームが起きた頃、マディフォックスはその熱気の中にありました。 マウンテンバイクの原点たるフルリジッドの哲学で、自らの体躯を駆使した楽しみを与えてくれます。 しかし、ただ昔に捉われているのではありません。 リア148mm、フロント110mmのブースト規格の採用、サイドスイングFDによるチェーンノイズの低減、最新のSHIMANO DEOREの採用、27.5プラスタイヤの装着を可能とするフレームクリアランス、より幅広になった新型ARAYAリム DW-650を標準装備と、まさに原点と進化を追い続けるARAYAのマウンテンバイクと言えるでしょう。

定価: 116,640円(税込)

サイズ: 420mm、470mm

カラー: グロスブラック

フレーム:オ-ルクロモリ オーバー サイズ ダブルバテッド TIG溶接フレーム

フォーク:クロモリ リジッドフォ-ク 1-1/8″ AHEAD

ヘッドセット:FSA No.11N インテグルーテッド AHEAD 10mm×3/5mm×2 スペ-サ-

BBセット:SHIMANO DEORE


SWALLOW RANDONNEUR (スワローランドナー) RAN

これからできる、小さな旅

1967年、当時では希少だった欧州部品を積極的に採用し、フレーム・キャリアは内製。キャンピング自転車の想を追求したのがスワロー・キャンピング(SC)でした。 当時の大卒初任給の三倍の価格でしたが、スポーツ車にも「二台にまさるこの一台」というツバメ自転車のコンセプトを貫いていました。ランドナーはフランスで発祥し、長い年月で日本独自の旅自転車として発展してきました。 スワロー・ランドナーは、SCの血統を継承し、熟成の日本ブランドパーツを積極的に採用し、ツーリング車としての機能と美しさを凝縮した自転車です。 27・5MTBで見直された650Bホイールを採用し、全面的にフレームを新設計。42Bタイヤ装着も可能で、ブレーキケーブル内蔵などグレードアップも実現しました。 遠い昔に体験、または夢見た遠乗りはできなくとも、ランドナーで週末の小旅行を愉しんでみてはいかがでしょうか。

定価: 213,840円(税込)

サイズ: 500mm

カラー: ダークモスグリーン、 メープルレッド

フレーム:カイセイ 022 SPEED GALLANT クロモリ SIDサイズ ダブルバテッドロストワッケスカットラゲフレーム

フォーク:クロモリ ロストワックス フォーククラウン 1″ スレッド

ヘッドセット:TANGE-SEIKI RB-661 マイクロアジャスト カ-ト リッジベアリンゲ

BBセット:SHIMANO BB-UN26 68-113mm

 


SWALLOW PROMENADE GENTS (スワロープロムナードジェンツ) PRM

自転車散歩考究

ときに、自転車で気軽に遠乗りをしてみたくなる。歩くことよりは、少し行動範囲を拡げて散歩してみたくなる。 サイクリングの根源的な基本が、自転車散歩。とはいえ、スポーツバイクでは少し大層だし、一般的な自転車ではその気にさせてくれないのが現状でした。 街に溶け込み、気張らず、しかし見れば乗りたくなり、所有感まで満たす自転車。 かつての日本で、一般的な自転車のステータスが確立されていた時代、自転車は働きもの、移動手段、あるいは買い物用だけでなく、きっとそのような貴重な存在であったはずです。 さまざまなスポーツバイクが発展し普遍化する中で、少し忘れられていたジャンルの自転車を考えてみたい。 日本のスポーツ車を追求するARAYAブランドのテーマの中で、日本の自転車の歴史と潜在する要求から誕生したスワロー・プロムナード。 乗りやすさの中にもスポーツ車の基本設計を埋め込み、スポルティフやランドナーにも通ずるクラフトマンシップの工作が施されました。 美しいプロポーションのダイヤモンドフレーム2サイズと、エレガントでフレームサイズも抑えたミキストフレームを用意します。 ふだん着自転車フリーペーパー”ツバメだより”配布中!

定価: 91,800円(税込)

サイズ: 500mm、540mm

カラー: スチールグレー、デザートカーキ

フレーム:オ-ルクロモリ SIDサイズ ダブルバテッドカットラゲフレーム

フォーク:クロモリ ロストワックス フォーククラウン 1″ スレッド

ヘッドセット:CH CH-907JN マイクロアジャスト カ-ト リッジベアリンゲ

BBセット:SHIMANO BB-UN26-K 68-117.5mm


SWALLOW PROMENADE MIXTE (スワロープロムナードミキスト) PRM

自転車散歩考究

ときに、自転車で気軽に遠乗りをしてみたくなる。 歩くことよりは、少し行動範囲を拡げて散歩してみたくなる。 サイクリングの根源的な基本が、自転車散歩。とはいえ、スポーツバイクでは少し大層だし、一般的な自転車ではその気にさせてくれないのが現状でした。 街に溶け込み、気張らず、しかし見れば乗りたくなり、所有感まで満たす自転車。 かつての日本で、一般的な自転車のステータスが確立されていた時代、自転車は働きもの、移動手段、あるいは買い物用だけでなく、きっとそのような貴重な存在であったはずです。 さまざまなスポーツバイクが発展し普遍化する中で、少し忘れられていたジャンルの自転車を考えてみたい。 日本のスポーツ車を追求するARAYAブランドのテーマの中で、日本の自転車の歴史と潜在する要求から誕生したスワロー・プロムナード。 乗りやすさの中にもスポーツ車の基本設計を埋め込み、スポルティフやランドナーにも通ずるクラフトマンシップの工作が施されました。 美しいプロポーションのダイヤモンドフレーム2サイズと、エレガントでフレームサイズも抑えたミキストフレームを用意します。

定価: 91,800円(税込)

サイズ:450mm

カラー: スチールグレー、デザートカーキ

フレーム:オ-ルクロモリ SIDサイズ ダブルバテッドカットラゲフレーム

フォーク:クロモリ ロストワックス フォーククラウン 1″ スレッド

ヘッドセット:CH CH-907JN マイクロアジャスト カ-ト リッジベアリンゲ

BBセット:SHIMANO BB-UN26-K 68-117.5mm


TOURISTE (ツーリスト) TUR

伝統的自転車における新思考

アラヤ・フェデラルで提案した日本におけるホイールのゴールデンサイズであるハチサン26x1?3/8。 欧州ホイール規格のETRTOでは590に相当し、スポーツバイクの標準ホイールサイズの26サイズ599と700Cサイズ622のちょうど中間になります。 ハチサンは、昨今主流になるMTBの27・5にも通ずるところもあり、オールラウンドな走行性を有したサイズとも言えましょう。 高速性も考慮した少し細めのアラヤオリジナルタイヤを履き、上位機種ランドナーの仕様も盛り込みました。長年のARAYAのツーリング志向もバックグラウンドに、ミドルレンジのツーリング車を新たに提案いたします。 アラヤ・ツーリストは、ツーリングだけでなく、速く走りたい欲求も起きるでしょうし、街を流すにも最適。 旅の自転車に閉じ込めておくには少し惜しいかもしれません。 伝統的なツーリング車の様々な活用シーンを発見することも、新たな愉しみでもあるはずです。

定価: 106,920円(税込)

サイズ:490mm、530mm、570mm

カラー: ボルドーレッド、ナチュラルカーキ、 ミッドナイトブルー

フレーム:オ-ルクロモリ SIDサイズ ダブルバテッドカットラゲフレーム

フォーク:クロモリ ロストワックス フォーククラウン 1″ スレッド

ヘッドセット:CH CH-907JN マイクロアジャスト カ-ト リッジベアリンゲ

BBセット:SHIMANO BB-UN26 68-113mm


MUDDY FOX MINI (マディフォックスミニ) MFM

童心に還る

マウンテンバイクの楽しさとは何でしょうか。MFBに述べた様に幅広いカテゴリーを持ちながら、その幅は留まるところを知りません。 したがって、「最適」という言葉も似合いません。MFMは日常使い出来るタイヤ幅の広いミニベロです。 転がりの良い太いタイヤに、正確な制動力をもたらすディスクブレーキを装備。キャリアを装着するなど、頼れる運搬車としても使うことができるでしょう。 また同時にマウンテンバイクに匹敵するジオメトリーを有しています。 勿論、マディフォックスの血統として、フルリジッドの哲学も継承しながら。 ロードレーサーが駆けっこなら、マウンテンバイクは鬼ごっこでしょう。色鬼、高鬼、氷鬼。 只々気の向くままに遊べばいい。あとは夕飯までに帰るだけ。カテゴライズされない楽しみ方を見つけることも、自転車の楽しみの一つと言えます。

定価:75,384円(税込)

サイズ:420mm

カラー: ボルドーレッド、ナチュラルカーキ、 ミッドナイトブルー

フレーム:クロモリ MIDサイズ TIG溶接フレーム

フォーク:クロモリ 27.5″ サイズフォ-クブレ-ド 1-1/8″ AHEAD

ヘッドセット:FSA ORBIT No.8 インテグレ-テッド AHEAD 10mm×3/5mm×2 スぺ-サ-

BBセット:BB-7420ST 68-103mm スケウェアテ-バ


乗って楽しい自転車を

日本には半世紀以上前に欧州からスポーツ車文化が導入され、ARAYAは今までに日本人の体格、日本の地形、そして日本人の感性にあったスポーツ車を展開し続けてきました。近年では伝統的な自転車の美しさも再認識されてきて、使われ方もスポーツ用途だけでなく、ツーリング、通勤、健康志向など、多方面に積極的に利用され、気持よく移動することに感心の比重も高まり、より身近なものになっています。そして今、独自性のある日本のスポーツ車を改めて見直し、感性をも加え、持って嬉しい、乗って楽しい自転車を目指すことをARAYAはテーマとしています。

 


限定カスタマイズモデル

SWALLOW PROMENADE GENTS (スワロー・プロムナード) PRM 限定カスタマイズ リアキャリア付

 

ARAYA「ふだん着自転車」限定カスタマイズ

ARAYA(アラヤ)SWALLOW PROMENADE GENTS (スワロー・プロムナード) PRMに、BROOKSカンビウムのサドル・ADEPT ロードリアラック・GIZA HBG151レザー グリップの3点が付いたとってもお得な限定カスタマイズセットをご用意しました。

毎日の移動やに日々の用事のお供に。自転車と私たちの暮らしは密接につながっている。本当に「実用的」な自転車について、ちょっと考えてみたい。ママチャリは気軽に使えて便利だけれど、乗っている姿を見たとき、果たして格好良い?スポーツバイクは、ちゃんとスポーツウェアを着て乗るものだと思い込んでない?ふだん着で颯爽と乗れて、スポーツをしなくてもいいスポーツバイクがもしあったなら。それは、どんなスタイルをまとっているのだろう?


ARAYA(アラヤ)SWALLOW PROMENADE MIXTE (スワロー・プロムナード ミキスト) PRM 限定カスタマイズ バスケット付

ARAYA「ふだん着自転車」限定カスタマイズ

ARAYA(アラヤ) 2018年モデル SWALLOW PROMENADE MIXTE (スワロー・プロムナード ミキスト) PRMに、BROOKS B17 スタンダード クラシック(国内正規品)のサドル・WALD アルミワイヤーフロントバスケット・BROOKS プランプレザーグリップ(国内正規品)の3点が付いたとってもお得な限定カスタマイズセットをご用意しました。

毎日の移動やに日々の用事のお供に。自転車と私たちの暮らしは密接につながっている。本当に「実用的」な自転車について、ちょっと考えてみたい。ママチャリは気軽に使えて便利だけれど、乗っている姿を見たとき、果たして格好良い?スポーツバイクは、ちゃんとスポーツウェアを着て乗るものだと思い込んでない?ふだん着で颯爽と乗れて、スポーツをしなくてもいいスポーツバイクがもしあったなら。それは、どんなスタイルをまとっているのだろう?


 

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:qbei

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読