HOME / 

商品紹介 / 

ロードバイク CO2インフレーター&携帯ポンプの人気おすすめランキング&使い方

投稿者:きゅうべえスタッフ

ロードバイク CO2インフレーター&携帯ポンプの人気おすすめランキング&使い方

🚴‍♀️ロードバイクなどで走っていると、異物を踏んでパンクすることがあります。

こうなったときは出先でチューブ交換やパンク修理をしますが、そのとき空気を入れるためのパーツが携帯ポンプです。😊

これがないとパンクしたとき走行不能になってしまいます。

これらのポンプの多くは、フロアポンプ(据え置き型の空気入れ)のように、簡単に十分な空気を入れることが出来ませんので、

📢自宅ではフロアポンプを使って空気圧管理をすることをおすすめします。

携帯ポンプの種類

携帯ポンプには大きく分け4種類あります。

ノーマル

一般的な携帯ポンプです。小型、軽量に作られ、走行可能な最低限の空気を入れることが出来るように設計されています。多くのモデルが専用のマウントを使ってフレームに固定することが出来ますので、バックパックなどを背負わなくても容易に携帯できます。

きゅうべえ取り扱いの携帯ポンプ(インフレーター)


超小型タイプ

携帯性に優れた非常にコンパクトな携帯ポンプ。サドルバッグやウェアの背ポケットに納まります。

めったに使わないものだから、軽くて場所をとらないほうが持って行きやすいというユーザーに好まれます。

ホースのないモデルは小型軽量ですが、バルブを痛めやすく、空気の充填にコツがいるので、パンクを回避できる経験者向けの仕様になっています。初心者の方にはホース付のモデルを推奨します。

入れ方は下記に記述します。

KEENEST(キーネスト)Metal Road 携帯ポンプ


ホース付き

フロアポンプと同じ使い心地を得る為に、空気を入れるヘッドと本体が分離しているタイプです。ノーマルタイプより重く、大型ですが、体重を掛けることが出来るので、バルブ破損の心配なく、比較的楽に空気を入れることが出来ます。長期間のツーリングをされる方など、パンクしてもすぐに帰ってフロアポンプを使うことが出来ない場合はこちらのほうが安心です。

最近は小型ながらホース付のモデルが存在します。

LIBIQ(リビック)ミニフロアポンプ GMQ-74


CO2タイプ

小型のCO2ボンベを接続し、数秒で十分な空気を入れることが出来ます。本体も小型軽量なのでとても携帯しやすいですが、CO2カートリッジは使い捨てで、チューブに充填した炭酸ガスは、空気よりかなり早く抜けてしまいます。日帰りツーリングやレースでの利用をおすすめします。

きゅうべえ取り扱いのCO2インフレーター

携帯ポンプの選び方

サイクリングの際に最も起こりやすいトラブルといえばタイヤのパンクである。楽しいはずだった自転車と過ごす時間が台無しにされないように、緊急パンク修理に必要の携帯ポンプはいつも救いの手を差し伸べてくれている。

それに備えて携帯ポンプ買おうとしているが迷っている方々やサイクリストになったばかりの皆さんに、その多様な種類と選ぶ際のポイントをまとめてご紹介いたします。

種類
直結タイプ

タイヤバルブとの結合部が本体にあります。

使いやすさは多少犠牲になることがありますが、最もシンプルで軽いベーシックタイプの携帯ポンプです。

構造はシンプルがゆえに、コンパクトで収納しやすいデザインが多い。

ホース付きタイプ

ポンプ本体が一本のホースでバルブヘッドとつながっている場合、空気入れる時の操作角度は制限されずに力の出しやすい持ち方で使用できます。

直結タイプ使用時ではポンプ本体に力入れるとうっかり角度ずれてタイヤバルブをまげてしまうケースがよくありますが、結合部と本体が離れて使うこちらなら心配無用です。

ホースと踏み台付き

タイヤの空気圧が上昇し、小さい携帯ポンプで空気を入れ続けるのにはどんどん強いパワーが必要になります。その時のため、踏み台がついていたら適正空気圧にまでの苦労は足のアシストで大幅に軽減されます。

選び方
携帯の方法
よくある携帯ポンプの持ち方は以下になります

ボトルケージ台座に取り付け

フレームに固定

ジャージにポケットに

サドルバッグに

サイクリングの荷物ほぼなんでも入れられるリュックサックももちろん、携帯ポンプをうまく収納できるところの一つです。

買う前にまずは普段どんな持ち方よくされているか、これからどう使いたいかなど需要の持ち方を考えましょう。サイズ、ボリュームと重さ

サイズ、ボリュームと重さ

ポンプ本体のサイズ・長さ/径が大きければ大きいほど収納性が落ちてくるが、ひとストロークのエアボリュームがその分大きくなり、適正空気圧までのポンピング回数を節約することが出来ます。

ポンプ本体のサイズ・長さ/径が大きければ大きいほど収納性が落ちてくるが、ひとストロークのエアボリュームがその分大きくなり、適正空気圧までのポンピング回数を節約することが出来ます。

携帯ポンプは万が一のトラブルに備える保険のようなもので、収納性重視でサイズにこだわるのも良い一方で、

パンク修理を気楽にするために収納性を多少サクリファイスするか自分の好みに合うよう選びましょう。

おすすめCO2インフレーター5選

5位:LEZYNE(レザイン)TWIN SPEED DRIVE CO2 25G (ツインスピードドライブ25G)

米式/仏式兼用の100%CNC鍛造アルミ製のインフレーター。
バルブに押し込みボンベをひねると充填ができる。
ツーピースのヘッドデザインでO-ringを必要に応じて交換可能。
充填時に手を保護する凍結防止ジャケット付き。
MTB向け25Gボンベ1本付属。

  • 重量: 14g
  • 対応タイヤバルブ:米式/仏式対応
  • ボンベ 16g / 25g
  • 販売価格: 2,693円(税込)

4位:AIRBONE(エアボーン)ZT-B017 ラチェット&CO2ツール

ラチェットツールとネジ切りカートリッジ用CO2ボンベヘッドを一体化したツーリングのマストアイテム。

  • 重量: 125g
  • ヘックスレンチ: 3mm、4mm、5mm
  • ネジ切りボンベヘッド
  • ドライバー: +
  • トルクスレンチ: T25
  • CO2ボンベヘッド: 米式/仏式対応
  • 16gネジ切りボンベ対応
  • 販売価格: 3,960円(税込)


3位:TOPEAK(トピーク)エアーブースターレースポッドX

CO2インフレーター、CO2カートリッジ、タイヤレバーの3点をセットにしたエアーブースター レースポッド X。
エアロシートポストにも対応したロングストラップを採用し、トライアスロン バイクにも最適です。

  • 対応バルブ:仏式・米式
  • 販売価格: 5,841円(税込)

2位:LEZYNE(レザイン)TRIGGER DRIVE CO2 ((トリガーライブCO2)FV/AV対応ボンベ 

充てん調節可能なねじ込み式のトリガーノズルを装備。
全てのネジ式カートリッジに取付可能。
FV&AVに対応。

充填時に手を保護する凍結防止ジャケット付き。

  • 重量:26g
  • 対応バルブ:仏式・米式
  • 販売価格: 2,992円(税込)

1位:KEENEST(キーネスト)Cigar CO2インフレーター&工具セット

便利なマルチツール&CO2インフレーター!
流量が調節できるインフレーターヘッドと、持ちやすいビット式のツールでそれぞれの使いやすさにも妥協がありません。
CO2インフレーターヘッドがついたケースに、マルチツールが収納でき、省スペースにまとまります!

サイクリングに必須なのがパンクしたときの空気入れとネジが緩んだりしたときの携帯工具。

この2つの必須アイテムがセットになったのがKeenest(キーネスト)のCIgar CO2インフレーター&マルチツールです。 アルミケース付きのCO2インフレーター内のスペースにビット式のマルチツールを収納。

さらにツールはリバーシブルラチェットでスピーディーにボルトを回せます。

もちろんインフレーターのバルブはねじ込み式で気密性確保。

レバーによる流量調節も可能。

必須の2つのアイテムをスタイリッシュにまとめたいあなたに。

  • 重量:本体73g、工具91g
  • サイズ:153mm
  • 対応カートリッジ:12/16/20/25g
  • 対応バルブ:仏式・米式
  • 販売価格: 6,061円(税込)

👑人気おすすめランキング25選を紹介👑

25位:SKS(エスケーエス)AIRFLEX RACER(エアフレックスレーサー)

アルミニウムとカーボン樹脂を採用した軽量なコンパクトポンプ。
SKSのエンボス加工を施したラバーグリップは握りやすく、仏式専用のバルブホースはバルブにしっかり固定するスクリュータイプで、作業中に抜けることがなく、両手を使ってしっかりポンピングをすることが可能です。内部のシリンダーはアルミニウムと変形に強いカーボン樹脂を採用しており、8barまで確実にエアーを注入することが可能。バルブホースは内部に収納した後、ダストキャップを閉めることで水やホコリの侵入を防ぎます

  • 全長:196mm
  • 重量:105g
  • 対応バルブ:仏式
  • 最大空気圧:-
  • 販売価格: 5,940円(税込)


24位:Dixna(ディズナ)フルートポンプ

高気圧充填可能なフレームポンプ

シンプルなアルミボディーとバルブからまるでフルートを 思わせる高気圧ロード向けフレームポンプ。ポンプ口側 を 20mm 延ばし壁などに押し当ててポンピングを可能 にし、高気圧を楽に充填する事を可能にした。

  • 収納時の全長:395m
  • 重量:-
  • 対応バルブ:仏式専用
  • 約 8.5 気圧程度
  • 販売価格: 1,674円(税込)

23位:crankbrothers(クランクブラザーズ)スターリング SG(メーター付)ポンプブラケット付

インフレーションを美しくするプレミアムポンプ

  • 全長:198mm
  • 重量:141g
  • 対応バルブ:仏式、米式
  • 最大空気圧:Max 100psi/7+bar
  • 販売価格: 4,809円(税込)

22位:zefal(ゼファール)AIR PROFIL SWITCH

  • 全長:200mm
  • 重量:110g
  • 対応バルブ:仏式、米式(スイッチ)
  • 最大空気圧:100psi/7bar
  • 販売価格: 3,080円(税込)

21位:Panaracer(パナレーサー)MINI FLOOR PUMP (ミニフロアポンプ)

フットステップ付で軽量コンパクトなアルミボディの小型フロアポンプ。英・米・仏式バルブに対応。
ルフレームアタッチメント、ボール・浮き輪用アダプター付。

  • 全長:34cm
  • 収納時長さ:33.5cm
  • 重量:200g
  • 対応バルブ: 英式・米式・仏式
  • 最大空気圧:仏式・米式:800kPa(8kgf/cm2-120psi)、英式:500kPa(70psi-5kgf/cm2)
  • 販売価格: 2,306円(税込)

20位:LEZYNE(レザイン)POCKET DRIVE PRO (ポケットドライブプロ)ハンドポンプ

コンパクト×高気圧で使えるポケットサイドの軽量ハンドポンプ。見た目だけでなく、内部にはCNC加工で作られた高精度ピストンを採用。より軽い力でエアを充填できます。
サイズはジャージのポケットや小型のサドルバッグに収まる141mm。

  • 全長:141mm
  • 重量:85g
  • 対応バルブ:仏式、米式
  • 最大空気圧: 160psi / 11bar
  • 販売価格: 6,930円(税込)


19位:SHIMANO PRO(シマノプロ)チーム ハイプレッシャーミニポンプ

チーム ハイプレッシャーミニポンプ
PRO ミニポンプシリーズで最もコンパクト。

  • 全長:-
  • 重量:85g
  • 対応バルブ:仏式、米式
  • 最大空気圧:-
  • 販売価格: 3,614円(税込)

18位:SHIMANO PRO(シマノプロ)ミニポンプパフォーマンスXL

折りたたみ式のフットパッドとポップアップ式の空気圧ゲージを備えます。
テレスコピックハンドルで大きなストロークでポンピングが可能となります。
出先であっても十分なポンピングをしたいユーザーにお勧めです。

  • 全長:-
  • 重量:213g
  • 対応バルブ:仏式、米式
  • 最大空気圧:120Psi
  • 販売価格: 4,015円(税込)

17位:LEZYNE(レザイン)GRIP DRIVE HP S (グリップドライブHPS)ハンドポンプ

GRIP DRIVE HPは重量を抑え、持ち運びも簡単なハイプレッシャーハンドポンプ。
HP DRIVEのバレルを高剛性なローレッド加工を施したアルミニウム製を置き換えたニューモデル。
LEZYNE独自のねじ込み式ABSフレックスホースを採用。

  • 全長:186mm
  • 重量:102g
  • 対応バルブ:仏式、米式
  • 最大空気圧:120Psi
  • 販売価格: 4,488円(税込)

16位:LEZYNE(レザイン)MICRO FLOOR DRIVE HP(ゲージ付)(マイクロフロアドライブHP)

携帯できる、コンパクトフロアポンプ

フットペグで固定して使用することにより、フロアポンプ感覚で確実にエアーを充填することができるモデル。

パーツはすべてCNCで美しく加工されたアルミ製。 専用マウントも標準装備で、ハンドポンプと同様、ボトルケージ取付部分にコンパクトに収まります。
160psiまでのハイプレッシャーに対応。ハイスピードツーリングなどにオススメです。
ヘッドにABS(エアブリードシステム)とSLIP-FIT SYSTEM(フレンチバルブ専用アダプタ)を搭載。

さらに使いやすくなりました。

  • 全長:300mm
  • 重量:150gゲージ無/194gゲージ有
  • 対応バルブ:仏式、米式
  • 最大空気圧:160Psi
  • 販売価格: 9,680円(税込)


15位:SHIMANO PRO(シマノプロ)ミニポンプ サスペンション PRPU0050

軽量コンパクトな高性能サスペンションポンプ。

サスペンションフォークとリアショック用ポンプ

  • 素材:アルミ
  • 全長:-
  • 重量:-
  • 対応バルブ:米式
  • 最大空気圧:400psi
  • 販売価格: 3,132円(税込)

14位:LEZYNE(レザイン)POCKET DRIVE LOADED KIT (ポケットドライブ)ハンドポンプ 空気入れ

ポケットサイズの軽量ハンドポンプ

コンパクト× ハイプレッシャーで使えるウルトラコンパクトモデル。

LOADED KITはレバーキット・TWIN SPEED DRIVE CO2・ベルクロストラップが付属。

シートポストなどに取り付けて持ち運びでき、ライド中の急なトラブルにも対応できます

  • 全長:140mm
  • 重量:79g(ポンプ本体)
  • 対応バルブ:仏式、米式
  • 最大空気圧:160psi
  • 販売価格: 7,920円(税込)

13位:TOPEAK(トピーク)Mini Morph G (ミニモーフG)

ベストセラー モーフシリーズ ポンプ“ミニモーフ”にインライン エアーゲージをセットした“ミニモーフ G”。

加圧しやすいT型ハンドル

女性でも確実に高圧の入れられるポータブルポンプが欲しい。 そんな声にお応えして発売して以来、大好評をいただいている 「モーフシリーズ」。
フロアポンプと同じように、ハンドルに体重をかけられ、 最大160psi までしっかり空気が入れられます。

  • 全長:L265 x W50 x H28mm
  • 重量:178g
  • 対応バルブ:仏式、米式
  • 最大空気圧:160psi
  • 販売価格: 4,312円(税込)

12位:SHIMANO PRO(シマノ プロ)携帯ポンプ タイヤレバー 携帯工具 ツールケース4点セット

定番のツールケース カプセルにPROのミニポンプ、タイヤレバー、ミニツールがセットになっています。
あとは自分のタイヤに合わせたチューブを入れれば、ひとまずトラブル対応キットは準備OK!
ボトルケージにツールケースを差し込んで、走り出しましょう!

①ZIPケース、②ポンプ、③ミニツール、④タイヤレバー

  • 全長:-
  • 重量:134g
  • 対応バルブ:仏式、米式
  • 最大空気圧:120psi/8気圧
  • 販売価格: 4,015円(税込)

11位:KEENEST(キーネスト)Metal Road 携帯ポンプ MG-XB

ロードバイクにおすすめの携帯ポンプを紹介します!

KEENEST(キーネスト) Metal Road 携帯ポンプ MG-XB
先日ご紹介したポンプと同様のホース内蔵タイプの携帯ポンプです。
こちらはロード用に細めのバレルとすることで高い空気圧にも対応できるようになっています!

CNC加工されたヘアライン仕上げのデザインもスタイリッシュでロードバイクによく似合います!

  • 全長:230mm
  • 重量:110g
  • 対応バルブ:仏式、米式
  • 最大空気圧:120psi
  • 販売価格: 2,860円(税込)

10位:LEZYNE(レザイン)ROAD DRIVE(ロードドライブ)

ロード向けロングレングスの美しいCNC切削加工のハンドポンプ

ロード向け160psiまで対応のハイプレッシャーモデル。 細い直径で高圧まで充填可能。
LEZYNEらしい美しいシルバーカラーの他、ブラック・ホワイトをラインナップ。

バイクのカラーに合わせてセレクトできます。

  • 全長:180 mm(S) /216 mm(M)/ 283 mm(L)
  • 重量:82g(S) / 96g(M)/ 110g(L)
  • 対応バルブ:仏式
  • 最大空気圧:160psi / 11bar
  • 販売価格: 7,480円(税込)


9位:Panaracer(パナレーサー)携帯用 可変式ミニフロアポンプ BMP-N21AGF2

フットステップの付いたコンパクトポンプ

フットステップ付で軽量コンパクトなアルミボディの小型フロアポンプ。容量優先と圧力優先の切り替えが可能。高圧対応を可能とするフリップヘッド(米式・仏式 反転式)を採用し、さらに英式クリップも付属。

  • 全長:335mm(収納時)
  • 収納時長さ:28.5cm
  • 重量:200g
  • 対応バルブ:英式、仏式、米式
  • 最大空気圧:120psi
  • 販売価格: 3,094円(税込)

8位:TOPEAK(トピーク)ROADIE TT (ローディーTT)

SNSで話題の例のポンプ、TOPEAK(トピーク)のROADIE TT

高圧までしっかり空気が入り、ポンプの押しが固くならないスグレモノです!パンクしてポンプの押しが固くて困ったことのある方、ぜひお試しください!回転式バルブを採用し、ねじるだけで必要な量だけ確実正確に充填できる非常に使いやすい、CO2インフレーター。
プレスタとシュレッダーのバルブ兼用。
100%CNC鍛造アルミニウム製。
ねじ式のCO2カートリッジ専用。(16gボンベ1本付属)
充填時に手を保護する凍結防止ジャケット付き。

  • 全長:L195×W33×H23.5mm
  • 重量:100g
  • 対応バルブ:仏式
  • 最大空気圧:160psi
  • 販売価格: 5,148円(税込)


7位:TOPEAK(トピーク)ROADIE TT MINI (ローディーTTミニ)

SNSで話題の例のポンプ、TOPEAK(トピーク)のROADIE TT MINI高圧までしっかり空気が入り、ポンプの押しが固くならないスグレモノです!パンクしてポンプの押しが固くて困ったことのある方、ぜひお試しください!

  • 全長:L165×W33×H23.5mm
  • 重量:90g
  • 対応バルブ:仏式バルブ専用
  • 最大空気圧:160psi まで充填可能
  • 販売価格: 3,621円(税込)

6位:Panaracer(パナレーサー)携帯ワンタッチポンプ BMP-22AEZ

パナレーサーの「ワンタッチポンプ」シリーズに携帯に便利なミニポンプが登場
差し込むだけでバルブへの取り付けができ、取り外しもバルブと反対側を押し込むだけ。
伸長式ホースを備え、無理な体制での作業を避けられます。

  • 全長:約170mm
  • 重量:85g(ポンプのみ)
  • 対応バルブ:仏式、米式
  • 最大空気圧:800kPa
  • 販売価格: 2,207円(税込)


5位:LIBIQ(リビック)ミニポンプ GM-12LL

リビックミニポンプ GM-12LL
長距離走るならトラブルに見舞われることもしばしば。応急処置できるポンプは必需品。
どこへ行くにしても毎回持ち歩くならやはり軽いほうがいい。
ミニポンプにも色々ありますが、このポンプは96gという軽量さで1000円を切る最強コスパ。
安いものって質が…というイメージがありますが、きゅうべえのスタッフが数年間試しましたがトラブルも特になく、使い心地の評判もいい感じです!

全てのバルブ形式に対応し、最大100psiまで入れられます!

  • 全長:240mm
  • 重量:96g
  • 対応バルブ:米式、仏式、英式、全てのバルブに対応
  • 最大空気圧:Max 100psi
  • 販売価格: 1,527円(税込)


4位:LEZYNE(レザイン)POCKET DRIVE (ポケットドライブ)ハンドポンプ

コンパクト× ハイプレッシャーで使えるウルトラコンパクトモデル。

POCKET DRIVEはジャージのポケットや小型のサドルバッグに収まるわずか全長140mm。 ABSフレックスホースを搭載し、
少ない力で多くの空気を充填できるよう設計されています。シートポストなどに取り付けて持ち運びでき、ライド中の急なトラブルにも対応できます。

  • 全長:140mm
  • 重量: 79g
  • 対応バルブ:仏式、米式
  • 最大空気圧: MAX: 160psi / 11bar
  • 販売価格: 4,950円(税込)


3位:Panaracer(パナレーサー)高圧対応携帯ミニワンタッチポンプBMP-24AEZ

高圧でも楽に空気が入れられる!
注入可能な空気圧上限は約900kPa。
新しいシリンダー構造を採用する事で高圧になっても軽い力で空気を入れる事が可能になりました。
さらに地面に接地しながら使用できるので空気の充填が楽に行えます。

  • 全長:-
  • 重量:約200g
  • 対応バルブ:仏式
  • 最大空気圧:900kPa
  • 販売価格: 4,180円(税込)

2位:Panaracer(パナレーサー)高圧対応携帯ミニワンタッチポンプ BMP-23AEZ

小型で軽量なアルミ製携帯ミニワンタッチポンプの高圧対応モデル。

360°回転するホースで口金がバルブに差し込みやすく、充填時の作業効率もアップ。
重量は100g、長さは17cmと非常にコンパクトながら新しいシリンダーを採用し、高圧を入れる際も軽い力で入れることが可能です。

  • 全長:17cm
  • 重量:100g
  • 対応バルブ:米式,仏式
  • 最大空気圧:900kpa
  • 販売価格: 3,040円(税込)


1位:LIBIQ(リビック)ミニフロアポンプ GMQ-74 携帯ポンプ

空気入れに困ったときは、LIBIQのフロアポンプをご活用ください。
LIBIQミニフロアポンプ

♣大きな特徴は、持ち運べること!

♣コンパクトで便利だけど、空気入れに時間がかかるミニポンプ。

♣出先でもっと楽に空気入れを行いたいという思いから生まれたのが、この携帯できるミニフロアポンプです。

♣フットステップとT字ハンドルで、スムーズなポンピングが可能。

♣すべてのバルブに対応しているので、車種だって選びません。

♣携帯できるというだけあって、パーツをコンパクトに格納できます。

♣シルバーのシンプルなデザインもかっこいい。サイクリングの心強い相棒です

  • 全長:289mm
  • 重量:145g
  • 対応バルブ:米式、仏式、英式
  • 最大空気圧:140si
  • 販売価格: 1,408円(税込)


何を選んだら良いの❓迷ったコレ!きゅうべえおすすめ3

携帯用ミニポンプ商品一覧へ

アイテム選択へ

小型でかつ使いやすいミニポンプ
Panaracer 高圧対応
携帯ミニワンタッチポンプ

小型軽量ながら、本体にホースが付属するタイプのミニポンプ。 新しいシリンダーを採用し、高圧でも軽い力で入れることができます。 ホースがついているため、ポンピングした際にバルブに負荷をかける恐れがなく、 地面などに押し付けてさらにポンピングしやすく使うことも可能です。
全長 170mm

販売価格:2,640円(税込)
詳細はこちら

軽さとシンプルさを求める方に
TOPEAK ROADIE TT MINI

空気を圧縮して送り込むツインターボテクノロジー採用のミニポンプ。 直接バルブに取り付ける構造と、コンパクトなサイズのため重量も軽く抑えられています。 持ち運びに便利なサイズ感と、軽さを重視する方におすすめです。
全長 165mm

販売価格:3,570円(税込)
詳細はこちら

ポンピングが簡単で早い
TOPEAK ROADIE TT

空気を圧縮して送り込むツインターボテクノロジー採用のミニポンプ。 「ミニ」よりシリンダーが長いモデルとなり、その分1ストロークあたりの空気量が多くなるため、 少ないポンピング回数で高い空気圧を充填できます。付属のクランプでフレームに装着することも可能。
全長 195mm

販売価格:3,713円(税込)
詳細はこちら


携帯ポンプ使い方

ノーマルタイプの使い方

パンクしたときを例に取り、ノーマルタイプの携帯ポンプを使った空気の入れ方を解説します。

パンク修理をする「パンク修理」を参考にチューブ交換もしくはパンク修理を行ってください。

バルブを開く

仏式の場合、小ねじを緩めて、バルブを軽く押し、ほんの少し空気を抜きます。米式の場合はそのまま差し込んでください。

  ポンプを装着する

ポンプヘッドをバルブにしっかり差し込みます。ロック機構がついているものは、しっかりバルブを差し込んだ後、ロックレバーを「固定」ポジションにして下さい。レバーの固定ポジションはポンプによって異なるので、説明書に従ってください。

空気を入れる

バルブヘッドを手でしっかり抑え、ポンピングします。ロック機構がついていないものはバルブが抜けないように抑えてください。抑え方が足りないとバルブや根元が傷み、パンクの原因になります。ホース付きのポンプならこのときにバルブにダメージを与えずに済みます。

ポンプをはずすロック機構がついているものは、ロックレバーを「解除」ポジションにしてから、バルブから引き抜きます。勢いよく引き抜いて手を怪我しないように注意してください。

秘伝!超小型携帯ポンプでの空気の入れ方

ポンプのヘッドを石やブロックに押し当てて空気を入れていきます。

これにより力が入りやすく、MAXのところまで空気を入れることができます。またバルブが折れてしまうのも防ぐことができます。

※ポンプのヘッドを直接押し当てるとポンプに傷が入るので、間にグローブ等をかませるとポンプに傷が入るのを防ぐことができます。

仏式、米式の切り替えについて

多くの携帯ポンプは、内部パーツの入れ替えで仏式と米式の両方のバルブに対応しています。TOPEAK MiniMasterBlasterを例にとって図で解説します。

仏式の場合

米式の場合



シェアをお願いします!

投稿者情報:きゅうべえスタッフ

SNSをフォローして新着情報をチェック!