ご利用ガイド

ご注文について
自転車サイズの選び方

身体に合ったサイズを選択しましょう!

ロードバイクを気持よく使用していただくためには、フレームサイズがヒジョーに重要になります!!シートポスト、ステム、ハンドルバーの交換で、多少の調整ができますが、フレームのサイズが許容範囲を超えて身体に合っていない場合、以下のような問題が生じることがあります。

  • 本来の性能が発揮できなくなる。
  • 体のあちこちに障害が発生する。(スポーツ障害等)
  • 操作しにくい危険な乗り物になってしまう。
  • 気持ちよく乗れないので、宝の持ち腐れになってしまう。
フレームサイズとは?

シートチューブの長さで表記されるのが一般的です

メーカーによってセンター・センターの長さであったり、センター・トップの長さであったりするので、ご確認願います。
あくまでも目安ですが、身長に対するフレームサイズ(ホリゾンタル換算※、センタートップ値)は、下記のようになります。

シートチューブ

身長(cm) フレームサイズ
150~168 約470
154~172 約490
158~176 約510
162~180 約530
166~184 約550
170~188 約570
174~192 約590

ホリゾンタルとは?

トップチューブが水平になっているものです。
今では少数派になってしまいました。

メーカーや機種ごとに設計が異なるため、データの幅が広くなっています。シートチューブの長さだけでフレームサイズを決定するのは難しいです。

そこで、もう一つの目安、「トップチューブ」です

※こちらのほうが重要かもしれません
身長に対するトップチューブの長さ(ホリゾンタル換算、センター・センター値)は、下記のようになります。

トップチューブ

身長(cm) フレームサイズ
165 510~525
170 520~535
175 530~545
180 540~560

こちらもメーカーや機種ごとに設計が異なるので、あくまでも目安です。
※一般的なリーチのドロップバーを基準にしておりますので、ショートリーチのものや、フラットバーの場合は上記より若干長目のものになります。
身長が同じでも、手足の長さや、関節の柔らかさ、さらには、筋力や、巡航速度、シートポストの角度、ハンドルバーの形状、ステムの角度、サドルの形状や厚さ、ブレーキレバーの形状等によって影響がありますので、あくまでも目安の値です。

◎トップチューブの長さは、各メーカーのカタログや、ホームページ等でご確認願います。