HOME / 

DriveTrain(駆動系) / 

旧TIAGRAの仮想アウターへの入り込み

公開日 :

更新日 :

投稿者:mechanic

旧TIAGRAの仮想アウターへの入り込み

旧TIAGRA等のデュアルコントロールレバーを採用している、フロントがダブルギアのロードバイクで、変速ワイヤーが延びてくると、まれに変速レバーが操作できなくなることがあります。これは、旧TIAGRA等のダブル/トリプル兼用レバーでダブルクランクを動かすと、変速レバーが「アウター」ポジションで、対応するギアが存在せず、稀に中途半端な位置で内部メカが引っかかってしまうことが原因です。

これの対策のためでしょうか、現在はダブル専用のTIAGRAレバーが発売されています。このレバーでは仮想アウターへの入り込みは起こりにくくなっております。

解決方法

この場合、レバーをアウターに変速する方向へ強く押し込み、

shift

その状態のまま解除レバーを押し込むと解決する場合があります。

shift_2

力がいるので、両手で行うことをお勧めします。うまくいかないときは、フロントディレイラーのアジャスターを緩め、ワイヤーを少したるませてから同じことを行って下さい。

シェアをお願いします!

mechanic

投稿者情報:mechanic

京都のサイクルショップ自転車のQBEI(きゅうべえ)が自転車メンテナンス全般に関して綴ったブログ。ネジの締め方からカーボンバイクの扱い、電動DURA-ACEまで、バイシクルメンテナンス・自転車の扱い方を幅広く掲載。

質問・コメント一覧

コメントはまだありません。質問大募集中です!

質問・コメントは下記フォームよりお送り頂けます。

 (公開されません)

SNSをフォローして新着情報をチェック!