HOME / 

Handle(ハンドル周り) / 

ハンドルの角度、高さ調節

公開日 :

更新日 :

投稿者:mechanic

ハンドルの角度、高さ調節

ハンドルの角度や高さは、搭乗者の姿勢を大きく左右します。無理な姿勢で走っているば、それだけ身体への負担、疲労も大きくなりますので、自分に適した位置に調節しましょう。

使用する工具

ハンドルの角度調整

ボルトを緩め、ハンドルバーを自分の好みの角度に回すだけです

h1

h2

注意点は、ブレーキおよびシフトワイヤーの長さ。角度を上に取る際は、ワイヤーを無理に引っ張る形にならないよう注意しましょう。ワイヤー交換をする時に、それを見越して若干余裕を持って張っておくと良いかもしれません。

高さ調節

ステムボルトと固定ボルトを緩め、キャップを外します。これでステムを上に引き抜けるようになります

h3

h4

スペーサー(画像のタイプは大小2枚ですね)の位置をあれこれ変えて好みの高さに調節します。

h6

h7

ステムの位置がそのままハンドルの高さなので、一番高くしたければスペーサーを2つともステムの下に、一番低くしたければスペーサーを2つともステムの上に、といった具合です。

最後にキャップを付け、各ボルトを締めて完了です

h8

アヘッドタイプの固定ボルトはベアリングの玉押しにもなっていますので、締めた後はガタツキや抵抗がないか確認するのをお忘れなく。詳しくはアヘッドステムの取り扱いをご覧ください。

シェアをお願いします!

mechanic

投稿者情報:mechanic

京都のサイクルショップ自転車のQBEI(きゅうべえ)が自転車メンテナンス全般に関して綴ったブログ。ネジの締め方からカーボンバイクの扱い、電動DURA-ACEまで、バイシクルメンテナンス・自転車の扱い方を幅広く掲載。

質問・コメント一覧

コメントはまだありません。質問大募集中です!

質問・コメントは下記フォームよりお送り頂けます。

 (公開されません)

SNSをフォローして新着情報をチェック!