公開日 :

更新日 :

投稿者:k.matsumoto

ライトの点灯

夜間(日没から日の出までの間)はライト(前照灯)を灯けるようにしましょう。真っ暗になる前、薄暗くなりはじめくらいから灯けるのが良いでしょう。

ライトの点灯は自身の視界確保だけでなく、クルマやバイクなどからの視認性確保に必須です。自動車を運転される方はお分かりいただけるかと思いますが、無灯火の自転車はバックミラーなどではほとんど確認することができません。

シティサイクルなど一般の自転車には発電式のライトが装着されることが多いですが、スポーツサイクルの場合は乾電池を使ったヘッドライトが多く使用されます。最近は光源にLEDを使ったものが多く、以前の電球を使っていたタイプに比べ点灯時間も長くなっております。

また、クルマやバイクなどからの視認性確保のために、赤色のリフレクタ(反射板)を後方に装着することが義務付けられてます。さらに、LEDなどで点滅式のフラッシングライトなども装着すると安全性upに貢献します。

夜間乗車時は服装なども、明るい色のものや反射素材などを使ったものがオススメ。

シェアをお願いします!

アバター

投稿者情報:k.matsumoto

質問・コメント一覧

コメントの受付は終了しています。

質問・コメントは下記フォームよりお送り頂けます。

 (公開されません)

SNSをフォローして新着情報をチェック!