HOME / 

Tires&Wheels(タイヤ・ホイール) / 

スポーツ自転車の空気の入れ方

公開日 :

更新日 :

投稿者:mechanic

スポーツ自転車の空気の入れ方

空気注入口(バルブ)は3種類あります。空気を入れるにはそれぞれのバルブに対応したポンプが必要です。スポーツ自転車の場合は、仏米バルブ対応型が適しています。お手持ちのポンプがバルブに適合していない場合でも、アダプタを用意して対応することもできます。

仏式バルブ・英式バルブ・米式バルブ

仏式バルブ・英式バルブ・米式バルブ

仏式・米式バルブは高圧に耐え、空気圧の測定・調整が容易なため、スポーツ自転車のほとんどが採用しています。 仏式はリムが細いオンロード車やXC車、米式は大量の空気を充填する必要のあるMTBに多く採用されています。 英式は一般車(ママチャリ)でおなじみのバルブですが、スポーツ車には殆ど使われません。 英式、米式バルブの場合はポンプを差し込む(ポンプの種類によっては固定レバーの操作が必要)だ けで空気が入るようになります。

 

仏式(フレンチバルブ)への空気の入れ方

フレンチバルブ

フレンチバルブ

スポーツ自転車で一般的なフレンチバルブへの空気の入れ方を解説します。

1.バルブキャップを外し、バルブを緩めます。

バルブキャップを外す

バルブキャップを外す

バルブを開く

バルブを開く

プラスチックなどでできた保護カバーを外し、中にある小ねじを緩められるだけ緩めます。

準備完了

準備完了

チューブによってはこのネジの動きが悪いこともあるので、空気を入れる直前にこのネジの頭を軽く押し、空気をほんの僅かに抜きます

2.ポンプヘッドを差し込み、固定します。

これはポンプヘッドによって方法が異なるので、具体的な方法はポンプの取扱説明書を御覧ください。ここではTOPEAK社製のフロアポンプで解説します。 デュアルヘッドタイプの場合、穴が細い方を使います。また、レバーは中央に戻しておきます。

しっかり押しこむ

しっかり押しこむ

バルブにしっかり奥まで差し込みます。

レバーを動かしてロック

レバーを動かしてロック

図の方向にレバーを倒し、固定します。 スマートヘッドの場合、仏式・米式は自動判別されるので、挿し込むだけで大丈夫です。

しっかり押しこむ

しっかり押しこむ

バルブにしっかり奥まで差し込みます。

レバーを動かしてロック

レバーを動かしてロック

図の方向にレバーを倒し、固定します。

3.空気を入れます。

 

4.ヘッドを引き抜きます。

あとは空気を入れ、十分に入ったらレバーを元の位置に戻して引き抜きます。この時勢い余って手を駆動部にぶつけないよう注意してください。

一般に高級モデルのほうがはるかに楽に空気を充填することができます。また、背の低い方向けに高さを押さえたフロアポンプもあります。 詳しくはフロアポンプの選び方を御覧ください。

 

空気圧について

pressuer
タイヤの種類によって適正な空気圧が設定されています。適正空気圧はタイヤの側面に刻印されています。(写真では「2.5-4.5BAR/35-65PSI」と記されています。BAR,PSIはどちらも空気圧の単位です。) 空気圧ゲージ タイヤの適正空気圧を確認したら空気圧ゲージを使って空気を入れていきます。ポンプにゲージが付いているものや、仏式・米式バルブであればゲージだけの別売もあります。

基本的に、フロアポンプに付属の圧力計は正確ではありません。目安程度にとどめるべきです。ロードバイクやMTBでの本格的な走行の際には、自転車用のエアゲージ(空気圧計) で正確に空気圧を管理されることをおすすめします。

 

ポンプによる違い

「ロードバイク用」と謳っているフロアポンプは、一回のポンピングで入る空気の量は少ない代わりに、少ない力で高圧の空気を入れることができます。逆に、「MTB用」と謳っているポンプは、大量の空気が入る代わりに、高圧を入れるには大きな力が必要です。特に書いていない場合は、そのポンプの「MAX~psi」が大きい場合ロード用、小さい場合MTB用と判断できます。

 

利用する工具

■ 頻繁に使うからこそ、空気の入れやすさを重視したおすすめフロアポンプ

LIBIQ(リビック) フロアポンプ2 GF-16B

アルミ製で軽量ながら、ポンピングをしっかり受け止める剛性感のあるボディ。手に馴染むウッドハンドルと見やすい白地で大型のゲージ、エアリリース機能も備えたワンランク上のフロアポンプです。

 

LIBIQ(リビック) フロアポンプ1 GF-6325

大型のスチール製ベースにラバーパッドを備え、ポンピングの安定感が非常に高いモデル。握りやすいハンドルと見やすい大型ゲージでストレスフリーなフロアポンプです。

 

■ サイクリングには必ず持参したいオススメ携帯ポンプ

LIBIQ(リビック) ミニフロアポンプ GMQ-74

高圧でもポンピングしやすいフロアポンプタイプのミニポンプ。フットクリップとT型ハンドル、ホース付きバルブでロードタイヤでもしっかり空気を入れることができます。またツーリング中の空気補充にも便利です。

 

LIBIQ(リビック) ミニポンプ GM-12LL

コンパクトなアルミ製ハンドポンプ。スタイリッシュなデザインでどんなバイクにもマッチします。シンプルで使いやすいモデル。

 

■ 出先でも空気圧のチェックをしたい方は、エアゲージを

 

シェアをお願いします!

投稿者情報:mechanic

京都のサイクルショップ自転車のQBEI(きゅうべえ)が自転車メンテナンス全般に関して綴ったブログ。ネジの締め方からカーボンバイクの扱い、電動DURA-ACEまで、バイシクルメンテナンス・自転車の扱い方を幅広く掲載。

質問・コメント一覧

コメントはまだありません。質問大募集中です!

質問・コメントは下記フォームよりお送り頂けます。

 (公開されません)

SNSをフォローして新着情報をチェック!