HOME / 

DriveTrain(駆動系) / 

シマノ新型STIレバー(ST-6700、5700)

公開日 :

更新日 :

投稿者:mechanic

シマノ新型STIレバー(ST-6700、5700)

シマノのデュアルコントロールレバーは、これまでの「触角」デザインから、競合他社のようなシフトワイヤーをハンドルに巻き込む形式に移行しました。New Ultegra ST-6700、New 105 ST-5700を例にとり、その取り扱いについて簡単に解説します。

※ ST-6800、ST-5800もほぼ同様の固定方法です。

※細かい部分はメーカーのマイナーチェンジで変化する場合があります。ご注意下さい。また、デュアルコントロールレバーの性能を十分発揮させる為にも、ワイヤー類は純正のワイヤーセットをお使い下さい。

デュアルコントロールレバーの固定方法

固定ボルト

固定ボルト

従来通り5mmアーレンキーを使いますが、ボルトの位置が、デュアルコントロールレバーの頭についているカバーをめくった先に変更になりました。

ブレーキワイヤーの取り付け方

これは67系(アルテグラ)と57系(105)で方法が異なります。

  • 67系の場合
    カバーを外す

    カバーを外す

    まずはプラスドライバーを使って、ブレーキレバー頭部についているプラスチックカバーを外します。ネジとカバーは失くしやすいので、パーツトレーに入れておきましょう。

    ブレーキワイヤーの挿入

    ブレーキワイヤーの挿入

    ブレーキレバー頭部の穴からブレーキレバーを差し込みます。先端のほつれたワイヤーは入らないので、必ず新品のワイヤーを使ってください。

  • 57系の場合
    ブレーキワイヤーの挿入

    ブレーキワイヤーの挿入

    57系の場合、ブレーキレバーを握って、ブレーキレバー頭部の穴からブレーキワイヤーを挿入します。ほつれたワイヤーは入らないので、必ず新品のワイヤーを使ってください。

シフトワイヤーの取り付け方

シフトワイヤの挿入

シフトワイヤの挿入

シフトワイヤー内蔵になった新型STIレバーでは、シフトワイヤーの通し方が大きく変わりました。

まずは、デュアルコントロールレバーに共通する動作ですが、変速用小レバーを数回操作し、最も小さいギア(フロントではインナー、リアではトップ)に相当するポジションになっていることを確認してください。

確認したら、ブラケットカバーを根元までめくり、レバーの付け根にある穴から新品のワイヤーを差し込みます。大変入れにくいので、場合によっては挿入するワイヤーの先端に巻きぐせをつけてから差し込みます。

ハンドルへの取り付け方

シマノ新型デュアルコントロールレバーにおける変更点の一つに、「シフトワイヤー内臓」というものがあります。それに伴ってワイヤールーティングも変更されました。

  • シフトアウターの配線
    ブラケット上部にシフト用の二つの溝が存在します。アウターキャップをつける必要があります。

    シフトアウターをハンドル外側に出す

    シフトアウターをハンドル外側に出す

    シフトアウターをハンドル内側に出す

    シフトアウターをハンドル内側に出す

  • ブレーキアウターの配線
    ブレーキアウター用溝

    ブレーキアウター用溝

    これは従来の位置に近い場所に存在します。アウターキャップは使いません。

結果として、二種類のハンドルへの這わせかたが可能です。

  • シフトアウター内側・ブレーキアウター内側
    シフト・ブレーキアウターともに内側

    シフト・ブレーキアウターともに内側

    主にハンドルに配線用溝がない、もしくは一本用の溝しかない場合に用いられます。

  • シフトアウター外側・ブレーキアウター内側
    シフトアウター外側・ブレーキアウター内側

    シフトアウター外側・ブレーキアウター内側

    主にハンドルの前後に配線用溝がある場合に用いられます。

ハンドルとワイヤルーティングの関係は厳密に決まっているわけではないので、より握り心地のよい方法を採用してください。

シェアをお願いします!

投稿者情報:mechanic

京都のサイクルショップ自転車のQBEI(きゅうべえ)が自転車メンテナンス全般に関して綴ったブログ。ネジの締め方からカーボンバイクの扱い、電動DURA-ACEまで、バイシクルメンテナンス・自転車の扱い方を幅広く掲載。

質問・コメント一覧

  • 2011/07/26 - FT

    こんにちは ロードバイク歴14ヶ月となります。
    私は昨年トレックマドン4.5を購入しました。旧105仕様です。
    ワイヤーはデュアルコントロールレバーから出ている触角デザインタイプです。
    ハンドルに巻きつけるタイプに変更できますでしょうか?
    レバー交換だけで変更できますか。?

    まだまだ無知なので、教えてください。
    宜しくお願いします。

  • 2011/07/28 - mechanic

    こんにちはスタッフ山田です。
    触角デザインタイプの105ですと5600シリーズになるかと思いますが
    現行モデルは5700シリーズとなりまして残念ながら互換性がございません。
    変速系とブレーキ系も互換性がないのでハブ(ホイール)以外を全て交換することになります。
    一昔前ですと、いろいろと混成コンポも楽しめたのですが、現在は専用品となり混成することも
    難しくなっております。
    経験則ですが交換されるならアルテグラかデュラエースへのアップグレードをお勧めします。

  • 2016/01/27 - O.M

    よろしくお願いします。
    私は昨年までキャノンデールのsix13に乗っていました。がフレームを破損したため
    新たにフレームセットを購入しました。アンカーのrs8です

    で、rs8にコンポやホイールを乗せ換え、コンポも少しかえました。

    six13
    ST-6600
    FD-6600
    RD-7800

    だったのを
    rs8には
    ST-6700(触覚が嫌だったので)
    FD-6800(11速用ですが・・・直付けタイプはこれしか手に入れられませんでしたので)
    RD-7800

    と、シフトレバーとフロントディレイラを変えたのですが、(RDは好調にシフトしています)

    どうしてもリア側がトップ側1枚目に落ちないので、(ストロークアジャストボルトを一番ゆるめても)
    リアエンドとリアディレイラの間にワッシャをかませて何とか調整したのですがワッシャを入れたためBテンションアジャストボルトが届かず、
    スプロケットとガイドプーリーの距離が調整できません。

    これはリアディレイラも新型にすることで解決しますでしょうか?

  • 2016/01/28 - mechanic

    O.M 様
    スタッフ森田です。
    お問い合わせありがとうございます。

    スプロケットもチェーンもシマノの10速用のままでしたら、ディレーラーの問題ではないように思います。
    ディレーラーとディレーラーハンガーの間にワッシャー類を挟むのはよくありませんので、これはまず外してください。

    シフターをトップギアの位置にして、ディレーラーのストロークアジャストボルト(H側)を一番ゆるめてもトップギアに来ないということは、

    ①シフトインナーケーブルが張りすぎ状態か、
    ②ディレーラー側のアウターケーブルが短くて突っ張っているか、
    ③フレーム側のディレーラーハンガーが曲がっているか、

    およそこのうちのどれかではないでしょうか。

    ①の場合は、インナーケーブルの張りを少しゆるめて再調整します。
    ②の場合は、アウターケーブルを取り換えてもう少し長くします。
    ③の場合は、ディレーラーハンガーを交換します。

    いちどチェックしてみてください。

  • 2016/01/30 - O.M

    さっそくの回答ありがとうございます。

    ご指摘いただいた3点を確認してみました。

    まず
    ①のストロークアジャストボルトを一番緩めて、インナーワイヤを外してみましたがやはりダメでした。

    ②のインナーワイヤーもアウターケーブルも外して(ディレイラに全く?負荷がかかっていないような状態で)みましたがダメでした。

    ③新品のリプレーサブルエンドを購入して取り付けましたが、まったく同じでダメでした。

    また、ほかのホイール(知人の10速di2)をはかせても同じ結果でした・・・

    ほかに考えられるケースはありますでしょうか?

    困っていますよろしくお願いします。

  • 2016/01/31 - mechanic

    O.M 様
    スタッフ森田です。

    お問い合わせの件ですが、
    スプロケット、エンド幅、リアディレーラー等の規格がまったく同じで、部品の変形もないという場合、
    通常はトップ側に落ちるようにできないということは考えられませんので、
    実際に詳しく見てみる必要がございます。
    これ以上はお話しのやりとりだけでは限界がございますので、自転車店に持ち込んでみてもらうことをおすすめいたします。

質問・コメントは下記フォームよりお送り頂けます。

 (公開されません)

SNSをフォローして新着情報をチェック!